水産研究・教育機構 は 水産庁 の委託を受け、国際漁業資源の適切な管理が実現されるよう、資源調査を行うとともにこのことについて広く理解を得るために、その調査結果を取りまとめ、「国際漁業資源の現況」として公表しております。ここでは、「国際漁業資源の現況」の利用方法等について説明します。

「国際漁業資源の現況」は、平成13年度より作成を開始し、その後、評価対象種数や記述内容の充実を図りながら、毎年の公表を続けているところです。最新の令和2年度版では、78の魚種(系群)の資源評価に加え、12の総説によって調査の取り組み等について記述しております(内容は、特に断りのない限り令和3年1月1日時点の情報)。資源評価は、資源管理において適切と考えられる水域区分別に行っております。

各魚種の記事は下記のような構成になっております。
また、平成14年度からは、記述を簡単にまとめた要約版も作成しております。本体(詳細版)は、水産資源の分析についての専門的な記述となっておりますので、一般の方はまず要約版をご覧下さい。

要約版におきましては、詳細版の内容を「関係国際機関」、「生物学的特性」、「漁業の特徴」、「漁獲の動向」等について簡潔にまとめ、1魚種当たり原則2頁以内にまとめております。


詳細版の内容

最近の動き 最近の資源関係の動向など
利用・用途 本資源の利用方法、加工方法
漁業の概要 各魚種を対象とした漁業の歴史、主な漁法、漁業国、漁獲量等
生物学的特性 最大体長・体重((おおよその)最大値(極限値)目安)、寿命、成熟開始年齢、分布域、生殖期・生殖場、索餌期・索餌場、食性、捕食者、成長曲線等
資源状態 資源量、資源の動向、近年の加入量等、国際的に合意されているものはその記述を、合意のないものについては日本の科学的見解を記述
管理方策 国際漁業管理機関等における現在の管理体制、管理方策等、国際的に合意されているものはその記述を、合意のないものについては日本の管理方策に関する見解を記述
要約表
  1. 資源水準:過去20年程度以上の資源量、漁獲量、指数等の推移に加え、MSY等の指標も考慮して「高位、中位、低位」の3段階に区分
  2. 資源動向:資源量や漁獲量、指数等の過去5年間の推移から「増加、横ばい、減少」に区分
  3. 世界の漁獲量:最近5年間における、世界の1年当たりの漁獲量
  4. 我が国の漁獲量:最近5年間における、日本の1年当たりの漁獲量
  5. 管理目標:MSY、RY、現状漁獲水準の維持等の生物学的な管理目標
  6. 資源評価の方法:資源量の推定方法や資源水準の判断方法
  7. 資源の状態:管理目標値に対する、現在の資源量の値
  8. 管理措置:資源管理のために実施されている制限等
  9. 管理機関・関係機関:資源管理・資源評価等を行っている機関
  10. 最新の資源評価年・次回の資源評価年
執筆者 詳細版原稿執筆担当者
参考文献 詳細版の参考文献

要約版の内容

管理・関係機関 資源管理・資源評価等を行っている機関
生物学的特性 最大体長・体重((おおよその)最大値(極限値)目安)、寿命、成熟開始年齢、分布域、生殖期・生殖場、索餌期・索餌場、食性、捕食者
利用・用途 本資源の利用方法、加工方法
漁業の特徴 各魚種を対象とした漁業の歴史、主な漁法等
漁獲の動向 漁獲の動向
資源状態 資源量、資源の動向、近年の加入量等、国際的に合意されているものはその記述を、合意のないものについては日本の科学的見解を記述
管理方策 国際漁業管理機関等における現在の管理体制、管理方策等、国際的に合意されているものはその記述を、合意のないものについては日本の管理方策に関する見解を記述
要約表
  1. 資源水準:過去20年程度以上の資源量、漁獲量、指数等の推移に加え、MSY等の指標も考慮して「高位、中位、低位」の3段階に区分
  2. 資源動向:資源量や漁獲量、指数等の過去5年間の推移から「増加、横ばい、減少」に区分
  3. 世界の漁獲量:最近5年間における、世界の1年当たりの漁獲量
  4. 我が国の漁獲量:最近5年間における、日本の1年当たりの漁獲量
  5. 管理目標:MSY、RY、現状漁獲水準の維持等の生物学的な管理目標
  6. 資源評価の方法:資源量の推定方法や資源水準の判断方法
  7. 資源の状態:管理目標値に対する、現在の資源量の値
  8. 管理措置:資源管理のために実施されている制限等
  9. 最新の資源評価年・次回の資源評価年