--- 要約版 ---

37 ヨシキリザメ 大西洋

Blue Shark, Prionace glauca


PIC

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図2

ヨシキリザメの分布


図3

ヨシキリザメ(南北大西洋系群)の年齢と成長


図1

日本のヨシキリザメ(南北大西洋系群)の水揚量(1994〜2018年)


図5

大西洋におけるヨシキリザメの標準化CPUE

上:北大西洋、1957〜2013年、下:南大西洋、1971〜2013年。灰色は漁獲量、実線は各国のCPUE(北資源:米国のオブザーバー航海(朱)、日本のはえ縄前期(青)、日本のはえ縄後期(赤)、米国のオブザーバー航海(橙)、ベネズエラのはえ縄(黄緑)、スペインのはえ縄(黒)、ポルトガルのはえ縄(紫)、台湾のはえ縄(紫と×印)、南資源:ウルグアイのはえ縄(緑)、ブラジルのはえ縄(朱)、日本のはえ縄前期(青)、日本のはえ縄後期(赤)、スペインのはえ縄(黒)、台湾のはえ縄(紫))を示す。


図6

北資源に対して統合モデル(SS)及びベイジアンサープラスプロダクションモデル(BSP)で示された神戸プロット(上図)、南資源に対してBSPと状態空間ベイジアンサープラスプロダクションモデル(SS-BSP)で示された神戸プロット(下図)

青いサークルはBSPで示された一般的な状態(2013年時点の資源状態は、乱獲状態でなく過剰漁獲行為も行われていない状態)を表す。右上の凡例は、各モデルおよび複数の異なる設定で行われた感度解析を表す。例えば、SS3は統合モデルを表す。

ヨシキリザメ(大西洋)の資源の現況(要約表)

海域 北大西洋
(赤道以北)
南大西洋
(赤道以南)
資源水準 中位〜高位 調査中
資源動向 横ばい 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
(2014〜2018年)
3.7万〜4.4万トン
最近(2018)年:
3.4万トン
平均:3.9万トン
2.2万〜3.4万トン
最近(2018)年:
3.4万トン
平均:2.7万トン
我が国の漁獲量
(最近5年間)
(2014〜2018年)
3,287〜4,444トン
最近(2018)年:
4,111トン
平均:4,014トン
2,127〜3,495トン
最近(2018)年:
3,495トン
平均:2,834トン
管理目標 検討中 検討中
資源評価の方法 SS、BSP BSP、SSBSP
資源の状態 B2013/BMSY:1.35〜3.45 B2013/BMSY:0.78〜2.03
管理措置 漁獲物の完全利用等 漁獲物の完全利用等
最新の資源評価年 2015年 2015年
次回の資源評価年 未定 未定

管理・関係機関
大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)

生物学的特性
  • 体長・体重:雄 最大279 cm、雌 最大273 cm(体長は尾叉長)、雌雄の最大体重は不明
  • 寿命:20歳以上
  • 成熟開始年齢:雌雄4〜7歳
  • 繁殖期・繁殖場:初夏、北緯30〜40度と南緯30〜40度の海域
  • 索餌期・索餌場:熱帯・温帯域
  • 食性:魚類、頭足類
  • 捕食者:幼魚は大型さめ類や海産哺乳類、成魚は調査中

利用・用途
肉はすり身等、鰭はふかひれ、皮は工芸品や医薬・食品原料、脊椎骨は医薬・食品原料

漁業の特徴
本種は南北大西洋の熱帯から温帯にかけて出現し、外洋性さめ類の中で最も資源豊度が高いと考えられている。本種はまぐろはえ縄漁業で数多く漁獲されているが、基本的に混獲種であり、本種は外地で水揚げされるか放流されている。

漁獲の動向
本種のはえ縄漁業等による我が国の水揚量は、1994〜2018年において北大西洋資源は270〜4,500トン、南大西洋資源(南資源)は180〜3,500トンの範囲で推移しており、近年(2014-2018年)の水揚量は南北資源ともに顕著に増加している。

資源状態
南北大西洋系群は2015年のICCATさめ資源評価会合において資源評価が行われ、南北資源の入力データ及びモデル構造の仮定に関して不確実性が高いことを指摘した上で、北資源に対しては乱獲状態になく漁獲も過剰漁獲の状態ではないと評価し、南資源に対しては、資源状態は不明とした。

管理方策
全てのまぐろ類地域漁業管理機関において、漁獲されたさめ類の完全利用(頭部、内臓及び皮を除く全ての部位を最初の水揚げ又は転載まで船上で保持すること)及び漁獲データの提出が義務付けられている。
ICCATでは、北資源については、総漁獲可能量(TAC)を39,102トン(2011〜2015年の平均総漁獲量)とし、主要漁獲国を対象に国別割当を設定(我が国漁獲枠は4,010トン)する旨の保存管理措置が採択され、2020年から実施されることになった。南資源についても、南大西洋全体のTACを28,923トンとする保存管理措置が合意され、2020年から実施されることとなった(国別割当なし)。