--- 要約版 ---

71 ニュージーランドスルメイカ&オーストラリアスルメイカ

ニュージーランド海域

Wellington Flying Squid, Nototodarus sloanii

&

Gould's Flying Squid, Nototodarus gouldi


PIC
ニュージーランドスルメイカ                                                   オーストラリアスルメイカ

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図3

ニュージーランド海域におけるNZスルメ類2種(ニュージーランドスルメイカNototodarus sloanii及びオーストラリアスルメイカNototodarus gouldi)の分布域


図4

ニュージーランド海域におけるNZスルメ類2種の幼イカの分布域


図1

NZスルメ類の国別漁獲量


図6

ニュージーランド海域における日本のトロール船のCPUE(トン/時間)及びいか釣り漁船のCPUE(トン/日)の経年変化

2002年(2001/02年)漁期にはいか釣り漁船は出漁しなかった。


図8

ニュージーランドのNZスルメ類の管理海域

ニュージーランドスルメイカ類(ニュージーランド海域)の資源の現況(要約表)

資源水準 低位
資源動向 減少
世界の漁獲量
(最近5年間)
2.6万〜5.3万トン
最近(2016)年:5.0万トン
平均:3.9万トン(2012〜2016年)
我が国の漁獲量
(最近5年間)
689〜1,789トン
最近(2016)年:934トン
平均:1,209トン(2012〜2016年)
※2017年以降操業していない
管理目標 ニュージーランドEEZ内のTACC:8.2万トン(2017/18漁期)
資源評価の方法 不明
資源の状態 推定できず
管理措置 4ストックに分けて、それぞれにTACCを決定
最新の資源評価年
次回の資源評価年

管理・関係機関
資源管理:DWGがITQを管理、資源評価:ニュージーランド政府

生物学的特性
  • 体長・体重:外套長30 cm、体重300 g程度
  • 寿命:1歳
  • 成熟開始年齢:約6〜8か月
  • 産卵期・産卵場:周年、主に冬;ニュージーランド南島南岸及び東岸の陸棚上(ニュージーランドスルメイカ)、南北両島間の西岸陸棚上(オーストラリアスルメイカ)
  • 索餌期・索餌場:陸棚上
  • 食性:中深層性魚類、オキアミ類、いわし類
  • 捕食者:海鳥類、あざらし類、さめ類等

利用・用途
いか飯、焼するめ、刺身(塩辛を除く、日本のスルメイカと同様な加工原料)

漁業の特徴
ニュージーランド海域で漁獲されるスルメイカ類の総称“ニュージースルメ”(NZスルメ類)は、ニュージーランドスルメイカとオーストラリアスルメイカの2種からなる。漁業資源として1960年代までは未開発であったが、1970年代から我が国により開発が進められ、1977年から旧ソ連など諸外国も参入し、1980年代には我が国主体に旧ソ連、台湾、韓国、ニュージーランドのいか釣り、トロール両漁業により多く漁獲されるようになった。1990年代以降、ニュージーランド政府の規制強化等により、外国船の入漁は減少し、ニュージーランドの漁獲が増加した。2000年代末以降は、ニュージーランドのほか、我が国と韓国がいか釣りにより漁獲している。しかし、2016年以降はニュージーランド政府が、自国水域内で操業する漁船を原則として自国船籍船に限るとの法改正を行ったことから外国漁船は操業していない。

漁獲の動向
全漁業国による総漁獲量は、1970年代の資源開発初期は我が国による2万トン程度であったが、諸外国が参入した1977年には5万トン以上に増加し、1980年代は8万トン前後で推移した。その6〜7割は我が国が占めた。ニュージーランド政府の外国船入漁規制強化後の1990年代以降2003年までは3万〜12万トンで大きく年変動して推移した。我が国漁獲量の占める割合は2割以下に大きく低下し、ニュージーランドの漁獲量が大部分を占めるようになった。2017年以降は外国船の入漁禁止措置が取られているのでニュージーランドの漁獲量がほぼ本種の総漁獲量となった。

資源状態
総漁獲量が最近5年間平均では3.9万トンであり、過去20年間の平均の6.9万トンを下回っていることから、資源は減少傾向にあると示唆される。
現在の本種の資源状態は、総漁獲量ベースで見ると、2004年に14万トンであったが2007年は10.0万トン、2016年は5.0万トンと顕著な減少傾向が続いた。2017年以降はニュージーランドの統計資料で、2017年は1.8万トン、2018年は2.3万トンであり資源水準はいまだ低位である。

管理方策
ニュージーランド政府は、当初トロール漁業は漁獲量を規制し、いか釣り漁業は努力量(隻数)を規制した。しかし、同じ資源に対する管理方策の統一を行い、現在ではいか釣り漁業にも漁獲量規制を実施している。現在、本資源は北側のSQU 10T、東西のSQU 1JとSQU 1T及び南のオークランド諸島のSQU 6Tの4ストックに個別の商業漁獲可能量(TACC)が決められている。いか類のような単年性の生物資源ではMSYの推定は不可能で、その必要もなく、また、現状の漁獲規模では将来の加入量や資源量に影響を与えないとの考えから、TACCはここ10年間に大きな変化はなく12.7万トンであったが、2017年からは漁獲量の減少が続いたため、8.2万トンに引き下げられた。TACCに基づき配分されるITQ(個別譲渡可能漁獲割当量)は、DWG(Deepwater Group Limited)が管理する。なお、南部海域のオークランド諸島のSQU 6Tストックは、トロール船によるニュージーランドアシカの混獲数の限度頭数を2006年以降68〜113頭と毎年設定している。