--- 要約版 ---

53 シロナガスクジラ 南極海・南半球

Blue Whale, Balaenoptera musculus

                                                           
PIC
南極海での通常型シロナガスクジラ(Photo by F. Kasamatsu)

PIC
オーストラリア南岸沖を泳ぐピグミーシロナガスクジラ(Photo by H. Kato)

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]

図4

通常型(青色)、ピグミーシロナガスクジラ(桃色)の分布図


図3

南極海母船式捕鯨によるシロナガスクジラの捕獲頭数の変遷(加藤 1991 )


図6

シロナガスクジラとピグミーシロナガスクジラの鼻孔形態の亜種間比較



シロナガスクジラ(南極海・南半球)の資源の現況(要約表)

資源水準 極めて低位
資源動向 年率6.4%で増加
世界の捕獲量
(最近5年間)
なし(商業捕鯨モラトリアムが継続中)
我が国の捕獲量
(最近5年間)
0頭
最新の資源評価年 2008年
次回の資源評価年 未定

管理・関係機関
国際捕鯨委員会(IWC)

最近の動き
現在、IWC科学委員会(SC)では、ピグミーシロナガスクジラの資源評価に向けた準備作業が進められている。通常型シロナガスクジラについては大きな動きはない。

生物学的特性
  • 体長・体重:20〜34 m・80〜190トン
  • 世界に3亜種:南北の各半球の通常型、南半球の矮小型ピグミーシロナガスクジラ
  • 寿命:110〜120歳
  • 成熟開始年齢:10歳頃
  • 繁殖期・繁殖場:冬、低緯度海域
  • 索餌期・索餌場:夏、南氷洋
  • 食性:オキアミなど
  • 捕食者:シャチ

利用・用途
刺身、鯨油など

漁業の特徴
本系群は、南極海における近代捕鯨(捕鯨砲を使った捕獲)がノルウェーによって開始された1904年から主要な対象種として捕獲された。その後、1924年に誕生した母船式捕鯨により漁場が拡大し、1920年代後半〜1930年代に捕獲の隆盛期を迎え、1930/1931漁期には史上最高の41船団(ノルウェー、イギリス、オランダ、ソ連、南アフリカの5か国)が出漁して捕獲数のピークを記録した。日本も1936/1937漁期から南極海捕鯨に参入した。その後、第二次大戦中は停滞したものの、戦後間もなく復興し、これらの国々によって捕獲が続けられた。大型鯨類捕鯨業の管理は、第二次大戦以前はなされていなかった。大戦以後、IWCによってBWU単位制度(シロナガスクジラ換算制度)が導入され、本種の産油量を基準に各鯨種の捕獲頭数が定められたが(1946〜1971年)、資源状況の悪化に伴い、1964/65漁期から南極海における本種の捕獲が禁止された。さらに1982年にIWCで商業捕鯨モラトリアムが採択され、以降、全海域における本種の商業捕鯨が停止されている。

漁獲の動向
1910年代〜1920年代前半は、南極海で年間数千頭レベルの捕獲が行われていたが、1920年代後半に1万頭を超えて急増し、1930/1931漁期には過去最大の28,325頭を記録した。1940年代前半の第二次大戦に伴う減少、休漁の後、捕獲が再開し、1940年代後半〜1950年代初めは5千〜8千頭が捕獲された。その後、資源の減少に伴い、捕獲数は減少し、1960年代初めには亜種のピグミーシロナガスクジラを合わせても千頭前後にまで減少した。1964/65年漁期以降は捕獲が禁止された。

資源状態
本系群は最も資源が減少した系群の一つである。2008年のIWC科学委員会において、本系群の包括的な資源評価が実施され、1904年時点の初期資源量は256,000頭と推定され、1971/72漁期までに395頭(初期資源の0.15%)まで減少したこと、以降は年率6.4%で増加し、1997年時点の資源量は2,280頭(初期資源の0.9%)であることが合意された。捕獲停止後約50年経過したが、資源量は初期資源の1%以下のレベルに過ぎず、資源水準は依然として極めて低いと判断される。資源の回復が進んでいない要因には、同じ餌種を利用するなど、本系群と生態的競合の関係にあるクロミンククジラの台頭もあると考えられており、本系群の回復に向け、鯨種間の競合関係を更に明らかにする必要がある。

管理方策
IWCにより商業捕鯨のモラトリアムが継続されている。IWCは管理対象資源の包括的資源評価を実施している。本系群については、2006年から同作業が開始され、2008年に開催された同年次会合において終了した。また、IWCにおいて1996年から実施されてきた本系群を含む大型鯨類を対象とした南大洋鯨類生態総合調査(SOWER)による目視調査が、2009/10漁期の調査をもって終了した。現在、IWC/SCでは、ピグミーシロナガスクジラの資源評価に向け、系群構造の検討といった準備作業が進められている。通常型シロナガスクジラについては大きな動きはないが、近年の調査から得られた新たな知見の検討が行われている。今後の本種の資源評価には、日本の南極海調査で副次的に得られる本種の分布、個体識別データの活用による貢献も期待される。

資源状態のまとめ
  • 現在の資源量は初期資源量の1%以下のレベルであり、極めて低位。
  • 資源動向は年率6.4%で増加。

管理方策のまとめ
  • 捕獲停止の継続。
  • さらに資源回復をすれば、低水準資源からの回復と利用と保護の両立の実例となりうる。
  • 生態的に競合する鯨種間の関係の解明がさらに必要。
  • 資源動向モニタリングの継続が必要。