--- 要約版 ---

35 ホホジロザメ 日本周辺

Great White Shark, Carcharodon carcharias

                                                                                   
PIC

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]

図1

日本周辺と世界のホホジロザメの分布(手島 1994 一部改変、Last and Stevens 1994)


図2

ホホジロザメの成長



ホホジロザメ(日本周辺)の資源の現況(要約表)

資源水準
資源動向
世界の漁獲量
(最近5年間)
調査中
我が国の漁獲量
(最近5年間)
年間1〜2個体程度の出現が報告されている
最新の資源評価年
次回の資源評価年

管理・関係機関
国際連合食糧農業機関(FAO)
絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約、CITES)

最近の動き
世界的に特に目立った動きはなかった。

生物学的特性
  • 体長・体重:体長6 m、体重1.9トン程度が最大と見積もられているが、稀にそれより大きな個体も報告されている。
  • 寿命:おそらく22年以上、放射性炭素同位体に基づく推定では、雌で40年、雄で73年は生存するとされている。
  • 成熟開始年齢:雌7〜13歳、雄4〜10歳
  • 繁殖期・繁殖場:2〜3月(沖縄)、4〜5月(南西日本沿岸域)
  • 索餌場:熱帯・温帯の沿岸域
  • 食性:硬骨魚類、さめ類、海棲哺乳類、海鳥、ウミガメ等
  • 捕食者:シャチ

利用・用途
鰭はフカヒレスープの原料に、肉は食用になる。歯や顎は工芸品として高価格で取引されるが、我が国ではほとんど利用されていない。

漁業の特徴
世界的に本種を対象とする漁業はなく、漁獲情報は不明である。定置網に迷入し漁獲されることがある。

漁獲の動向
文献や新聞等に記録された日本周辺海域における本種の年別出現数をみると、過去50年間にわたりほぼ均等な頻度で出現が報告されている。1992年に14件、1993年に7件の報告があるのは、1992年の本種による事故でマスメディアの関心が集まった結果、例年よりも報告例が増えたためと考えられている。2000年以降は、出現記録のない年もあるが、ほぼ継続的に確認されている。

資源状態
本種を対象とする漁業はなく、本種資源を定量的に分析できる資料はない。全国の定置網に偶発的に迷入した個体の記録等があるのみである。定置網をはじめとする沿岸漁業で漁獲された個体は、放流されるものもあり、水揚げされる個体は一部に過ぎないと考えられている。また、東日本大震災の影響で、東日本の太平洋側の定置網をはじめとする多くの沿岸漁業が壊滅的被害を受け未だに完全な復旧に至っていないことや、国際的なさめ類加工品全般に対する需要の低下に伴って、本種の需要も一層低下した結果として、水揚げされた個体の割合が減少した可能性を考慮すると、日本周辺の沿岸漁業で漁獲される本種の個体数には、明らかな減少傾向はないと考えられる。

管理方策
本種の規制措置はない。我が国には本種を対象とした漁業はなく、積極的な漁獲努力は行われていないので、特に管理方策を策定する必要はないと考えられる。なお、本種が絶滅の危機にあるとして、2004年のCITES第13回締約国会議では、附属書Uへの掲載がオーストラリアとマダガスカルから共同で提案され、採決の結果、附属書Uへの掲載が採択された。このことから国際取引が規制されるようになったが、我が国はさめ類を含む海産種の資源管理については、漁業管理主体であるRFMO又は沿岸国が適切に管理していくべきとの立場等から、ホホジロザメの附属書Uへの掲載に関して留保を付している。

資源状態のまとめ
  • 日本周辺の沿岸漁業で漁獲される本種の個体数には、明らかな減少傾向はないと考えられる。

管理方策のまとめ
  • 我が国には本種を対象とした漁業はなく、積極的な漁獲努力は行われていないので、特に管理方策を策定する必要はない。
  • CITES附属書U掲載(我が国は留保)。