--- 詳細版 ---

22 メカジキ インド洋

Swordfish, Xiphias gladius

                                               
PIC

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [要約版html] [戻る]

最近の動き

総漁獲量はピーク年(2004年)の4.0万トンから年々減少し2011年には2.2万トンまで落ち込んだ。この原因はソマリア沖での海賊の活動範囲が拡大し、多くのはえ縄船が他の大洋へ移動し漁獲努力量が減少したことによる。2012年に海賊活動が収束し、はえ縄船(台湾・中国)の一部は武装警備員を乗船させソマリア沖へ戻りつつあるため、総漁獲量は2012年以降急増し、2015年には4.2万トンとなり過去最大の漁獲量を記録した。2014年以来インドネシアの漁獲量が急増し、2014年と2015年にはそれぞれ1.1万トン・1.4 万トンを記録し、台湾の漁獲量の2倍近くになりメカジキの最大漁獲国となった。


利用・用途

寿司、刺身に利用されるほか、切り身はステーキや煮付けとして消費される。


図1

図1. インド洋メカジキの国別漁獲量(1950〜2015年)(IOTCデータベース:2016年9月)
NEIFR:Not Elsewhere Included FR Fresh(生鮮まぐろ漁船)
"NEI" catches: those not reported, and hence are mostly estimates made by scientists using trade data and port sampling(FAO)http://www.fao.org/docrep/007/y5428e/y5428e03.htm(2015年12月19日)


図2

図2. インド洋メカジキの漁法別漁獲量(1950〜2015年)(IOTCデータベース:2016年9月)


図3


図3. インド洋メカジキのFAO海域別漁獲量(1950〜2015年)(IOTCデータベース:2016年9月)
東インド洋(FAO海域51)及び西インド洋(FAO海域57)


図4

図4. インド洋におけるメカジキの分布


図5

図5. まぐろはえ縄における漁獲量の平年分布(1989〜1993年)(Fontenau 2004)


図6

図6. インド洋におけるメカジキの産卵域及び索餌域(IFREMER 2006 改変)


図7


図7. メカジキCPUE標準化で使用される4海域(2011年第9回かじき作業部会より)
(海域1-9は以前使用されたサブエアリア)(IOTC 2014a)


表1


表1. CPUE標準化で使用した環境情報(Nishida et al. 2011c)


図8

図8. 標準化されたメカジキはえ縄CPUE(上図:インド洋全域、下図:南西インド洋)(IOTC 2014a)
赤:ポルトガル、黄緑:スペイン、緑:日本、紫:台湾


図9

図9. インド洋全域におけるSS3による資源評価の結果(資源状況の変遷を示す神戸プロット)(Sharma 2014)


附表1

附表1. インド洋におけるメカジキの国別漁獲量(1950〜2015年)(トン)(IOTCデータベース:2016年9月)
*** 操業なし


附表2

附表2. インド洋におけるメカジキの漁法別漁獲量及び組成(%)(1950〜2015年)(トン)(IOTCデータベース:2016年9月)


附表3

附表3. インド洋におけるメカジキの海域別漁獲量及び組成(%)(1950〜2015年)(トン)(IOTCデータベース:2016年9月)
西インド洋(FAO海域51)及び東インド洋(FAO海域57)


漁業の概要

本種は、日本及び台湾のまぐろ類を対象としたはえ縄漁業の混獲として(台湾は時には対象種として)、1950年代より漁獲され始めた。1990年初めまでの約40年間に総漁獲量は徐々に増加し、1992年には1.6万トンに達した。1990年代に入ると、沿岸国や島しょ国(スリランカ、インドネシア、レユニオン、インドほか)がメカジキも対象とした操業を開始し、さらに台湾の漁獲努力量が増加したため、総漁獲量は1993年には2万トン台(2.6万トン)へと増加した。総漁獲量は、その後も増加を続け、1998年に3.8万トンに達し、第1回目のピークを記録した(図1〜2、附表1〜2)。しかし、1999年から総漁獲量は減少し、2001年には3.2万トンまで落ち込んだ。

この頃よりスペイン及びポルトガルのメカジキはえ縄漁船(メカ縄船)が遠洋漁業に参入したため、2002年より総漁獲量は再度増加し、2004年に4.0万トンと最大漁獲量(第2回目のピーク)を記録した。しかし、2000年半ばからソマリア沖の海賊の活動範囲が拡大し、まぐろはえ縄船が他の大洋へ移動し漁獲努力量が減少したため、総漁獲量は2005年から減少し2011年には2.2万トンまで落ち込み、1992年以来19年間で最低の漁獲量となった。2012年に海賊活動が収束し、一部はえ縄船(台湾・中国)が武装警備員を乗船させソマリア沖へ戻りつつあるため、総漁獲量は2012年以降急増し2015年には4.2万トンとなり過去最大の漁獲量を記録した(図2、附表2)。

台湾は長年メカジキの最大漁獲国で、1969〜2002年における総漁獲量の40〜60%を占めていた。しかし、その後、2003〜2004年30%台、2005〜2015年平均19%へと急速に落ち込んだ。これは、スペイン、インドネシア、スリランカの漁獲量が増加したためである。台湾のはえ縄は、特に南西インド洋や赤道辺りの西インド洋で操業を行っており、夜間に浅縄を使いメカジキを狙って漁獲する場合もある。台湾漁船による漁獲は、その多くが欧州向けに一部は日本に輸出されているが、自国内での消費はほとんどない。

1990年代に入りスペイン、インドネシア、レユニオン、セーシェルなどがメカジキを対象にし、モノフィラメントの漁具とケミカルライトを使った夜間のはえ縄漁業を展開した。この漁具により、日本や台湾の伝統的なはえ縄漁業よりはるかに高い漁獲量を達成した。しかし、最近年は、南西インド洋漁場における釣獲率の低下と魚価安により思うような実績を上げられないでいる。そのほか、1990年代に入ってスリランカ(流し網)による漁獲量も増加してきている。また、便宜置籍船(はえ縄)による漁獲は、1990年代は多かったが最近年減少している。2015年において漁獲量の多い国(1,000トン以上の国)は、インドネシア、台湾、スリランカ、スペイン、インド、ポルトガル、セーシェルの順となっている。2014年以来インドネシアの漁獲量が急増し2014年と2015年にはそれぞれ1.1万トン、1.4 万トンを記録し台湾の漁獲量の2倍近くとなりメカジキの最大漁獲国となった(図1、附表1)。

インド洋南西海域で、1990年代半ばから2000年代半ばにかけ日本のCPUEが急減した(Nishida and Kitakado 2011a, IOTC 2014a)(図8下図)。主な原因は、南西海域においてミナミマグロ狙いの台湾のはえ縄船が増加し、さらにレユニオン、スペイン及びポルトガルのメカ縄船が参入し、総漁獲圧が急増したためと考えられる(図1、附表1)。そのため、この海域におけるメカジキ資源状況が懸念されており、年次会合からのリクエストもあり、資源評価はインド洋全体及び南西海域の2海域に対し実施されている(IOTC 2011, 2014a, 2014b)。しかし、2014年のかじき作業部会・科学委員会は、同一系群であるインド洋のメカジキについて、南西海域だけ資源評価する意味がないとして、2015年の年次会合に対し今後どのように対処すべきかリクエストした(IOTC 2014, 2014b)。

日本の漁獲量は、1997年に最大(2,800トン)となったが、その後まぐろ漁場がメカジキの少ない南半球の高緯度海域(ミナミマグロ漁場)に移り、さらに2008年以降は海賊問題のため漁獲量は減少し2015年には590トンまで落ち込んだ(ピーク時の21%)(図1、附表1)。本種は東インド洋(FAO海域57)で最近5年間の平均で約52%、西インド洋(FAO海域51)で約48%となっており、同じ程度の量が漁獲されている(図3、附表3)。

インド洋南西海域で、1990年代半ばから2000年代半ばにかけ日本のCPUEが急減した(Nishida and Kitakado 2011a, IOTC 2014a)(図8下図)。主な原因は、南西海域においてミナミマグロを漁獲対象とする台湾のはえ縄船が増加し、さらにレユニオン、スペイン及びポルトガルのメカ縄船が参入し、総漁獲圧が急増したためと考えられる(図1、附表1)。そのため、この海域におけるメカジキ資源状況が懸念されており、IOTC科学委員会からのリクエストにより、資源評価はインド洋全体及び南西海域の2海域に対し実施された(IOTC 2011, 2014a, 2014b)。しかし、2014年のかじき作業部会・科学委員会は、同一系群であるインド洋のメカジキについて、南西海域だけの資源評価は意味がないので実施不要という勧告をし、2015年の年次会合もこれに同意したが、この海域の豊度指数(標準化CPUE)は常にモニターするよう科学委員会にリクエストした(IOTC 2014, 2014b, 2015)。


生物学的特徴

【分布・回遊】

本種は、北緯30度から南緯50度までの温帯域・熱帯域に広く生息している(図4)。メカジキの漁況は、マダガスカル周辺水域、ソマリア沖、オーストラリア南西部、インドネシア沖で良いので、これらの水域が分布の中心と考えられている(Fonteneau 2004)(図5)。

インド洋メカジキ分布域の西端は、インド洋まぐろ類委員会(IOTC)と大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)の境界線である東経20度と考えられている。しかし、漁獲量分布を見ると東経10度付近まで切れ目がないこと(図5)、南アフリカ沿岸の暖水塊はインド洋側から東経15度近くまで張り出していることから、実際の資源の境界線はもっと西側にあるのではないかと考えられている。

メカジキは日周鉛直移動することがよく知られている。夜間に表層、日中は水深1,000mまで、音響散乱層(DSL)と餌である頭足類の鉛直移動に追従した行動をとる。また、メカジキはまぐろ類とは異なり群れをつくる習性はないが、潮境や海山の辺りで集まる傾向がある。


【成長・成熟・産卵・食性】

本種に関する具体的な生物学的特徴(年齢、成長、産卵など)の知見はほとんど得られていない。メカジキは当歳魚の間に急速に成長し90 cm(15 kg)まで達するが、成熟するまでは時間がかかる。寿命は長く30年以上生きる場合もある。メカジキは、高齢で雌雄二形(性的サイズ二型)が見られ、雌は雄より大きく早く成長し、遅く成熟する。南西インド洋における50%成熟率は、雌は6〜7歳で170 cm、雄は1〜3歳で120 cmで、メカジキは繁殖率が高く、1回の産卵で何百万もの卵を産卵する。インド洋では、赤道付近の海域で3日に一度7か月間継続して産卵していると考えられている(IOTC 2014b)。また、インド洋における漁業や調査情報によれば、ソマリア沖とジャワ島沖で春にまとまった数の成熟個体が発見されているので、この2水域内に産卵場があるのではないかと考えられている(Poisson 2006、Poisson and Fauvel 2009)(図6)。メカジキの餌生物は頭足類(特にいか類)及び魚類である。


【系群構造】

1990年代に南西インド洋でメカジキを対象としたレユニオン、スペイン及びポルトガルによるメカ縄漁業が新たに参入し、さらに台湾のはえ縄による漁獲努力量が増加したため、この海域における漁獲量が増加した。これに伴い標準化CPUEの減少が南西部インド洋水域に限って発生しているので、この海域における系群が存在する可能性が示唆された(Nishida et al. 2006)。一方で、フランス海洋研究調査機関(IFREMER)はインド洋メカジキ系群構造解析事業(IOSSS)において遺伝子解析を行いインド洋のメカジキの系群構造は1つとみなした(IFREMER 2006、IOTC 2013a)。しかしながら、一部の遺伝子しか解析されていない可能性があり、南西インド洋の地域的なCPUEの減少は、別系群の可能性を否定できないため、今後引き続き標識放流を通して調査を継続するよう、2014年の科学委員会は勧告した(IOTC 2014b)。


資源状態

【CPUE標準化】
環境データ

インド洋のメカジキ、メバチ、キハダCPUE標準化には、NOAA(NCEP)のGODAS海洋データ(1度区画)が使用されている。1度区画の環境データはインド洋ほぼ全域にあり、一般にCPUE標準化を行う際に見かけ上よい空間相関が発生する問題がCPUEワークショップで指摘された。この問題を回避するため、CPUEワークショップは海洋環境とCPUEに高い相関がみられた特定の場所でCPUE標準化を試みるよう勧告した(IOTC 2013b)。具体的な方法は今後の課題であるが、HSI(生息域最適指標)により、メカジキの好漁場を選び、月齢、インド洋指数(IOI)、インド洋ダイポール指数(DMI)などの環境要因を使用して、時間遅れ効果を考慮した上でCPUEを標準化することが勧告された(IOTC 2012, 2013b)。表1に、メカジキCPUE標準化に使用した環境データを示した(Nishida et al. 2011c)。


サブアエリア

2011年の第9回かじき作業部会より、4つのサブエリアを用いてCPUE標準化を実施することになった(図7)。


緯度・経度効果

緯度経度帯を取り入れた標準化CPUEを用い資源評価を行った結果、取り入れない場合に比べモデル(ASPIC)とデータの当てはまりが2倍程度よくなることがわかった(Nishida and Kitakado 2011b)。そのため、今後メカジキのCPUE標準化に緯度経度帯を用いて行うことが勧告された(IOTC 2011)。


クラスター解析によるCPUE標準化

Nishida and Wang(2014)とWang and Nishida(2014)は、漁獲対象を補正するためクラスター解析を用いてGLMにより日本と台湾のはえ縄CPUEを標準化した。その結果、クラスター解析は「1鉢あたりの針数情報」がない場合(特に台湾)に有効であることがわかった。


標準化CPUE不一致の問題

インド洋全域における台湾、スペイン及びポルトガルの標準化CPUEはフラットな傾向にあるが、日本は全体に減少傾向にある(図8上図)。また、南西インド洋では日本は全体に減少傾向にあるが、他は特にはっきりした傾向が見られない(IOTC 2014a)(図8下図)。このように同じ海域でも複数の標準化CPUEの傾向が一致しない問題が残されている。


【資源評価】

2014年の第12回かじき作業部会で行った統合モデルSS3によるインド洋全域の資源評価(1950〜2013年のデータを使用)では、SSB/SSBMSY=3.1、F/FMSY=0.34といった非常に楽観的な結果が得られた(図9)。また、2013年の漁獲量は3.2万トン、過去5年間(2009〜2013)の平均漁獲量は2.7万トンで、MSY(3.9万トン)よりかなり低いレベルとなっている。以上より、本種は、漁獲圧・資源量ともにMSYレベルから相当離れており、資源状況は安全な状態となっていた(IOTC 2014a)。しかし、2016年の第14回かじき作業部会では、2015年の漁獲量(4.2万トン)がMSY(3.9万トン)を僅かに超えたことがわかり、資源状況は徐々に悪化していることが判明した。そのため、2017年に予定されている資源評価で最新の資源状況を把握することが重要な課題となっている(IOTC 2016)。


管理方策

メカジキを漁獲対象とする漁船隻数を2007年水準に抑える措置が導入されている。2016年の第19回科学委員会は、2015年漁獲量(4.2万トン)がMSY(3.9万トン)を超えたため、今後の漁獲量はMSYレベルを超えるべきでないことを年次会合へ勧告した。


メカジキ(インド洋)の資源の現況(要約表)(*)

資源水準 中位
資源動向 減少
世界の漁獲量
(最近5年間)
2.1万〜4.2万トン
最近(2015)年:4.2万トン
平均:3.2万トン(2011〜2015年)
我が国の漁獲量
(最近5年間)
576〜770トン
最近(2015)年:590トン
平均:643トン(2011〜2015年)
管理目標 MSY=3.9万トン
資源の状態 ・2013年における資源状況(F/FMSY=0.34及びSSB/SSBMSY=3.10)は楽観的である。
・しかし、2015年の漁獲量はMSYを超え資源状況は悪化している。
管理措置 ・今後の漁獲量はMSY(3.9万トン)を超えるべきでない(2016年第19回科学委員会勧告)
・オブザーバープログラム実施(決議:11/04)
・漁獲量・漁獲努力量収集(決議:15/01)
・義務データ提出(決議:15/02)
その他はインド洋メバチ参照のこと。
管理機関・関係機関 IOTC
最新の資源評価年 2014年
次回の資源評価年 2017年


執筆者

国際水産資源研究所 業務推進課

西田 勤


参考文献

  1. Fonteneau, A. 2004. Non-titled working file for the 3rd session of the IOTC working party on billfish. Perth, Australia, November 10-12, 2003.
  2. IFREMER 2006. Report of the Indian Ocean Regional Workshop on Swordfish Structure, IFREMER Ile de la Réunion, France. 44 pp.
  3. IOTC. 2011. Report of the 9th session of the IOTC working party on billfish. IOTC-2011-WPB-R [E].
  4. IOTC. 2012 Report of the 10th session of the IOTC working party on billfish. IOTC-2012-WPB-R [E].
  5. IOTC. 2013a Report of the 10th session of the IOTC working party on billfish. IOTC-2013-WPB-R [E].
  6. IOTC. 2013b Report of CPUE workshop. IOTC-2013-CPUE-R [E].
  7. IOTC. 2014a. Report of the 12th session of the IOTC working party on billfish. IOTC-2014-WPB-R [E].
  8. IOTC. 2014b. Report of the 17th Session of the IOTC Scientific Committee. IOTC-2014-SC-R [E].
  9. IOTC. 2015. Report of the 19th Session of the IOTC Scientific Committee. IOTC-2015-SC-R [E].
  10. IOTC. 2016. Report of the 20th Session of the IOTC Scientific Committee. IOTC-2016-SC-R [E].
  11. Nishida, T., Shiba, Y., Suzuki, N., Nakadate, M., Ishikawa, S. and Chow, N. 2006. Consideration on sampling methods for tissue collection in the IFREMER swordfish stock structure study by the genetic analyses. Indian Ocean Regional Workshop on Swordfish Structure, IFREMER Ile de la Réunion, France. 51pp.
  12. Nishida, T. and Kitakado, T. 2011a. Investigation of the sharp drop of swordfish CPUE of Japanese tuna longline fisheries in 1990‘s in the SW Indian Ocean (IOTC–2011–WPB09–15)
  13. Nishida, T. and Kitakado, T. 2011b. Note for discussion on the Indian Ocean (IO) swordfish (SWO) CPUE (IOTC–2011–WPB09–25).
  14. Nishida, T., Kitakado, T., Matsuura, H. and Wang, S-P. 2011c. Validation of the Global Ocean Data Assimilation System (GODAS) data in the NOAA National Center for Environmental System (NCEP) by theory, comparative studies, applications and sea truth (IOTC–2011–WPB09–11).
  15. Nishida, T. and Wang, S-P. 2014. CPUE standardization of swordfish (Xiphias gladius) of Japanese tuna longline fishery in the Indian Ocean using cluster analysis for targeting effect (IOTC-2014-WPB12-21).
  16. Poisson, F. 2006. Synopsis of the reproductive dynamics of swordfish in Indian Ocean and areas for future studies. IOSSS workshop.
  17. Poisson, F and Fauvel, C. 2009. Reproductive dynamics of swordfish (Xiphias gladius) in the southwestern Indian Ocean (Reunion Island). Part 1: oocyte development, sexual maturity and spawning. Part 2: fecundity and spawning Pattern (IOTC-2009-WPB-04)
  18. Wang, S-P. and Nishida, T. 2014. CPUE standardization with targeting analysis for swordfish (Xiphias gladius) caught by Taiwanese longline fishery in the Indian Ocean (IOTC?2014?WPB12?22).