--- 詳細版 ---

07 ビンナガ 北太平洋

Albacore, Thunnus alalunga

                                                           
PIC

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [要約版html] [戻る]

最近の動き

2014年4月にISCビンナガ作業部会で資源評価が実施され、現状(2010〜2012年平均)の漁獲の強さは過剰ではなく、資源状態はおそらく乱獲ではないとされた。この結果は、同年7月のISC本会合で承認されたのち、8月のWCPFC科学委員会に報告された。2014年9月のWCPFC北委員会においては、限界管理基準値(漁業がないと仮定して推定した現在の資源量の20%)を下回らないよう漁業を管理していくこと等を含む管理枠組案が合意され、同年12月の年次会合で採択された。2015年と2016年には新たな資源評価は実施されていないが、合意された限界管理基準値を考慮し、現状の漁獲の強さは過剰ではなく、資源も乱獲状態にはないとなっている。また、ISCビンナガ作業部会において、将来的にMSEを通じ管理目標を設定することを目標として、本種を対象としたMSE構築に向けた議論が開始された。2016年5月には、北太平洋ビンナガを対象としたMSEワークショップが開催され、本種に関する管理目標について議論が行われた。同年の作業部会は、ワークショップの議論を踏まえ、暫定管理目標の一覧とそれらを評価するための指標について取りまとめた。


利用・用途

日本において、本資源は生鮮及び加工品として利用されている。1990年代頃から生鮮用ビンナガの中で特に脂がのったものを「ビントロ」や「とろびんちょう」と称して販売されている。生鮮以外では、缶詰や生節に加工される。ビンナガの肉はホワイトミートと呼ばれ、カツオやキハダよりも高級な缶詰材料となる(魚住 2003)。米国では、ビンナガは缶詰原料として古くから「海の鶏肉(シーチキン)」として賞味されている(久米 1985)。


図1a

図1b

図1. 北太平洋ビンナガの国別漁獲量(トン)(ISC 2016)
その他にはミクロネシア連邦、キリバス、バヌアツ、中国が含まれている(WCPFC Yearbookを集計)


表1

表1. 北太平洋ビンナガの国別漁獲量(トン)(ISC 2015)


図2

図2. ビンナガの分布と主な漁場(久米 1985、西川ほか 1985、上柳 1957)


図3

図3. 北太平洋ビンナガの雌雄別の年齢と尾叉長の関係(ISC 2014)


図4

図4. 各漁業の標準化したCPUE(ISC 2014)(縦軸:CPUE、横軸:年)
上図:若齢魚、下図:高齢魚。資源評価のベースケースではS1、S2、S3及びS4が用いられた。
S1、S2、S6、S7、S8、S9、S8、S9、S10:日本のはえ縄(操業海域、漁獲サイズ、年代で分割)、S3、S4:日本の竿釣り(年代で分割)、S5:台湾のはえ縄、S11:米国のはえ縄


図5

図5. 北太平洋ビンナガの(A)産卵資源量、(B)総資源量、(C)加入量、(D)資源の減少の度合い(SSB/SSB0)(ISC 2014)
点線はその推定値の95%信頼区間。総資源量は四半期単位、それ以外は年単位で示されている。


図6

図6. 北太平洋ビンナガ資源への雌雄別、年齢別の漁獲係数の近年(2010〜2012年平均)と2002〜2004年平均との比較


図7

図7. 北太平洋ビンナガ資源への各漁業のインパクト
縦軸:漁業が無かったと仮定した場合の産卵資源量を100として、各漁業のインパクトを示している。
青色:竿釣り+ひき縄+まき網、緑:はえ縄、赤:現在の産卵資源量


図8

図8. 北太平洋ビンナガ資源の将来予測(上図:加入レベル平均(1966〜2012年)、中図:加入量低位、下図:加入量高位)
各パネルの縦軸は産卵資源量。各パネルの左のパネルは過去(1966〜2011年)。右のパネルが将来予測で、白いバーはFが2010〜2012年の平均の場合。灰色のバーはFが2002〜2004年の平均の場合。また、横に伸びる破線、灰色実線、破線及び黒い実線は上から75パーセンタイル、中央値、25パーセンタイル、過去最小から10番目までのSSB(産卵資源量)の平均。


漁業の概要

本種は日本の竿釣り、流し網、日本と台湾のはえ縄及び米国とカナダのひき縄で漁獲されている。はえ縄は、冬季には北緯30度の東西に広がる帯状水域で中・大型魚(尾叉長70 cm以上)を漁獲対象としている。同漁業は、北緯10〜25度の海域では大型魚を漁獲しているが、この大型魚は産卵に関与する魚群で量的には多くない。春から秋の期間は北西太平洋で日本の竿釣り、北東太平洋で米国のひき縄の対象となる。竿釣りが対象とするのは小型・中型(尾叉長45〜90 cm:2〜5歳)である。

北太平洋ビンナガの総漁獲量は1950年代〜1960年代に約5万〜9万トンであったが1970年から増加し、1972年に最大(14.2万トン)となった。その後、漁獲量は減少し、1991年には3.7万トンまで減少した(表1、図1)。この減少は主として日本の竿釣り及び米国のひき縄の漁獲量の減少によるものであった。その後、著しい増加に転じ、1999年には11.9万トンに達し、史上2位を記録した。その後は減少したが、2009年以降、増加傾向を示し、2015年の漁獲量は6.4万トン(ISC 2015)で前年から減少した。なお、2015年の漁獲量は暫定値であり、統計値は2015年7月のISC年次会合での資料(ISC 2016)及びSPC Yearbookに基づく。

日本の竿釣りの漁獲量は、1999年に過去20年間で最高の漁獲量5.0万トン、2002年にも同2位の4.8万トンを記録した。近年は年変動が大きく、2015年は2.1万トンであった。日本のはえ縄の漁獲量は1990年代始めから増加し、1997年(3.9万トン)にピークを迎えた後、2004年には1.7万トンまで減少した。2005年以降は2万トン前後で推移し、2015年は1.6万トンであった。日本の漁業による本資源の漁獲量は、他国漁業の漁獲量を大きく上回り、総漁獲量の6〜9割を占める。上述の竿釣りとはえ縄のほかに、流し網、まき網及びひき縄がある。流し網による漁獲量は1980年代に1万トンを超えたが、国連決議による公海操業の停止により、1993年以降は概ね数十から数百トンとなった。まき網による漁獲量は年変動が大きく、近年は数百トンから0.7万トンで推移している。ひき縄は数百から0.1万トン前後で推移している。

台湾のはえ縄の漁獲量は1995年に急増し、その後増加を続け、1997年にはピークの0.9万トンであったが、操業の主体が熱帯域のメバチへシフトしたため減少し、2014年には0.3万トンとなった。米国のひき縄の漁獲量は、1990年代初めから増加し始め1996年(1.7万トン)にピークを迎えた。その後は0.8万トンから1.4万トンの間で変動し、2015年は1.1万トンであった。カナダのひき縄の漁獲量は1960年代後半から1970年代前半にかけて1万トンを超え、1972年には3.9万トンとなり過去最高を記録した。1980年代中頃からまで減少した。その後、着実な増加傾向を示し、2004年には0.8万トンを記録した後、0.5万〜0.6万トンを維持している。2012年にはカナダ船の米国海域へ入漁ができない事態を反映して、0.3万トンと減少したが、2013年、 2014年には米国海域での操業が行われ、0.5万トンが漁獲された。2015年の漁獲量は、0.4万トンであった。


生物学的特徴

太平洋においてビンナガは、北緯50度から南緯45度の広い海域に分布する(図2)。この海域には北太平洋と南太平洋の2系群が存在するとされている。これは太平洋の南北間で形態学的な差異があること、太平洋の赤道付近ではビンナガがほとんど漁獲されず赤道の南北をまたぐ標識再捕がほとんどないこと、産卵場が地理的に分離すること及び産卵盛期が一致しないことに基づいている。

北太平洋のビンナガは、高緯度域において東西を渡洋回遊することが標識放流調査によって実証されている。漁場の大部分は北緯25度以北の海域(索餌域に相当)である。

産卵は、台湾・ルソン島付近からハワイ諸島近海において水温が24℃以上の水域で周年(4〜6月盛期)行われていると推定されている(西川ほか 1985)。

上柳(1957)は、卵巣の成熟状態を調べ、成熟卵巣の発達した卵粒数が1個体(体長95〜103 cm)あたり80万〜260万粒であり、雌の最小成熟体長は尾叉長約90 cm(5歳)であろうとしている。また、5歳で50%が、6歳で100%が成熟すると推定している。

体長体重関係は、北太平洋をほぼカバーする日本、米国及び台湾のデータ (1989〜2004年)から、雌雄込みで、四半期ごとに以下のとおり推定されている(Watanabe et al. 2006b)。

     W = 8.7*10-5 L2.67 (第1四半期:4〜6月)
     W = 3.9*10-5 L2.84 (第2四半期:7〜9月)
     W = 2.1*10-5 L2.99 (第3四半期:10〜12月)
     W = 2.8*10-5 L2.92 (第4四半期:1〜3月)
     (W:体重 (kg)、L:尾叉長(cm))

成長は、雌雄別の成長式(Chen et al. 2012)、耳石日輪を用いた成長式(Wells et al. 2013)が示されている。2014年の資源評価においては、これら2つを統合させた成長式が使用された(図3)。なお、感度解析として雌雄込みの成長式も用いた(Xu et al. 2014、ISC 2014)。寿命は、長期の標識再捕記録から、少なくとも16歳以上であると考えられている。
     Lt = 106.57 + (43.504 - 106.57)exp(-0.29763*(t-1))    雌(tは年齢。1歳以上に適用)
     Lt = 119.15 + (47.563 - 119.15)exp(-0.20769*(t-1))    雄
     Lt = 112.379 + (45.628 - 112.379)exp(-0.2483*(t-1))     雌雄込み

主要な餌生物は魚類、甲殻類及び頭足類である。そのほかにも尾索類、腹足類など多くの生物種が胃内容物として出現しており、日和見的な摂餌をしているものと考えられている(Clements 1961)。ただし、胃内容物組成の重量比では魚類が卓越する場合が多く、海域や季節によって異なるが、カタクチイワシ、マイワシ、サンマ及びサバなどを主に摂餌していると思われる。捕食者についてははっきりしないが、さめ類、海産哺乳類及びまぐろ・かじき類によって捕食されているものと思われる。Watanabe et al.(2004)は2001〜2003年に漁獲したビンナガの胃内容物を調べた結果、カタクチイワシが多く出現したこと、その原因が近年のカタクチイワシ資源の増加であることを報告している。


資源状態

最新の資源評価は2014年4月にISCビンナガ作業部会で実施された(ISC 2014)。解析には統合モデルSS3が使用され、日本(はえ縄、竿釣り等)、米国(はえ縄、ひき縄)、カナダ(ひき縄)、台湾(はえ縄)等の漁獲量データ(重量または尾数)及びサイズデータ(利用可能な漁業について)が用いられた(いずれも四半期別)。

資源量指数には、若齢魚(50〜100 cm)を代表するものとして日本の竿釣り、高齢魚(70〜120 cm)を代表するものとして日本のはえ縄(日本近海の小型魚主体の海域を除く)の標準化CPUEが用いられた。これらのCPUEはそれぞれのピーク差が約3年を示し、若齢魚と高齢魚の出現を説明できることから、それぞれの資源量を示す指標として適切であると判断された。これらのCPUEは近年、若干の増加傾向か、横ばいを示した。その他の資源量指数(日本近海の小型魚主体の日本のはえ縄、台湾のはえ縄、米国のはえ縄(深縄)、米国とカナダのひき縄)は感度解析として用いられた(図4)。

パラメータとしては、上柳(1957)の成熟年齢、自然死亡係数0.3(ICCAT 2010)、Watanabe et al. (2006)の体長体重関係式、スティープネス0.9(Brodziak et al. 2011、Iwata et al. 2011)が用いられた。

解析の結果、総資源量及び産卵資源量推定値は増減を繰り返し、産卵資源量は1971年と1999年にピークがあり、2008年以降は若干増加しており、歴史的にみて下位から中位の水準であった(図5)。資源減少の度合い(漁業がなかった時点の産卵資源量との比)は、近年は0.4前後で推移し、2012年は0.358であった。加入は、1990年以降、高い水準で頻繁に増減を繰り返し、2005年以降はやや低い水準で推移していた。2012年の加入は中程度と推定されたが、不確実性も大きく、確かなところは不明である。近年(2010〜2012年)の漁獲の強さについて、若齢魚(2〜3歳魚。ひき縄、竿釣りの対象)はIATTCの基準年(2002〜2004年)より低くなったが、高齢魚(5歳以上;主としてはえ縄の対象)では2002〜2004年より高くなった(図6)。なお、若齢魚を漁獲する漁業のほうが、資源への影響が大きい(図7)。暫定管理基準値(2014年4月当時)であるFSSB-ATHL(将来25年の間に過去最小から10番目までの産卵資源量の平均を下回らない確率が50%となる漁獲の強さ)に対しては0.72倍に相当した。

将来予測は、加入条件を3種(高、中、低)、漁獲条件を3種(F2010-2012、F2002-2004、2010〜2012年の平均漁獲量)の合計9シナリオで、2011〜2041年まで行った(図8:F2010-2012、F2002-2004のみ示す)。将来25年の間に過去最小から10番目までの産卵資源量の平均を下回る確率は13%で、産卵資源量は中程度〜下位25%(条件:中程度の加入とF2010-2012)であった。加入条件の影響は明らかで、加入が高い場合と低い場合でFSSB-ATHLを下回る確率はそれぞれ3%、65%に変わった。

これらの結果を踏まえ、作業部会は、現状(2010〜2012年)の漁獲の強さは過剰ではなく、資源状態はおそらく乱獲ではないとした。当時、本資源には資源量に関する管理基準はなかったため、原則として資源状態が乱獲であるか否かの判断はできなかった。しかしながら、近年の加入量が平均的であること、2012年の資源減少の度合いは0.358であること、試算した一般的に使われる多くの管理基準を下回っていなかったことなどから、資源状態は乱獲ではないだろうと作業部会は判断した。この結果は、同年7月のISC本会合で承認されたのち、8月のWCPFC科学委員会に報告された。

2015年には新たな資源評価は実施されなかったが、前年に限界管理基準値(漁業がないと仮定して推定した現在の資源量の20%)が合意されたことを受け、現状の漁獲の強さは過剰ではなく、資源も乱獲状態にはないとの結論に変えられた。次回資源評価は2017年に、それに向けたデータ準備会合が2016年11月に予定されている。

2015年4月には横浜においてISC MSEワークショップが開催された。これに伴い、同時期にISCビンナガ作業部会でも将来的にMSEを通じ管理目標を設定することを目標として、本種を対象としたMSE構築に向けた議論が開始された。2016年5月には北太平洋ビンナガを対象とした第2回MSEワークショップが横浜で開催され、管理目的について行政官、科学者、業界関係者らの参加の下、管理目標について議論された。同年の作業部会は、ワークショップの議論を踏まえ、暫定管理目標の一覧とそれらを評価するための指標について取りまとめた。


管理方策

WCPFCにおいては、漁獲努力量を現行水準未満に抑制することが2005年に合意されている(WCPFC 2005)。IATTCにおいても、同様の規制が2005年に合意されている(IATTC 2005)。

2014年9月のWCPFC北小委員会において、限界管理基準値を下回らないよう漁業を管理していくこと等を含む管理枠組案が合意され、同年12月の年次会合で採択された(WCPFC 2014)。


ビンナガ(北太平洋)の資源の現況(要約表)

資源水準 中位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
6.4万〜9.3万トン
最近(2015)年:6.4万トン
平均:8.0万トン(2011〜2015年)
我が国の漁獲量
(最近5年間)
4.0万〜6.2万トン
最近(2015)年:4.0万トン
平均:5.1万トン(2011〜2015年)
管理目標 現在の漁獲レベルの継続を可能とし、資源量が限界管理基準値(漁業がないと仮定して推定した現在の資源量の20%)を下回る危険性を低く抑えるため、妥当な変動を持って現在の水準付近に資源量を維持する。
資源の状態 産卵資源量(2012年)11万トン
SSB/SSB0=0.358
管理措置 ・漁獲努力量を現行水準未満に抑制(WCPFC、2005年)
・漁業がないと仮定して推定した現在の資源量の20%を下回らないよう漁業を管理(WCPFC、2014年)
・漁獲努力量を現行水準未満に抑制(IATTC、2005年)
管理機関・関係機関 ISC、WCPFC、IATTC
最新の資源評価年 2014年
次回の資源評価年 2017年

執筆者

かつお・まぐろユニット
かつおサブユニット
国際水産資源研究所 かつお・まぐろ資源部 かつおグループ

清藤 秀理


参考文献

  1. Anon.(IATTC)2005. RESOLUTION C-05-02. Resolution on northern albacore tuna. http://www.iattc.org/PDFFiles2/Resolutions/C-05-02-Northern-albacore-tuna.pdf(2015年3月3日)
  2. Anon(ICCAT) 2010. Report of the 2009 ICCAT albacore stock assessment session. Collect. Vol. Sci. Pap. ICCAT, 65: 1113-1253.
  3. Anon.(ISC)2015. Report of the sixteenth Meeting of the International Scientific Committee for Tuna and Tuna-like Species in the North Pacific Ocean. Plenary Session. 13-18 July 2016, Sapporo, Hokkaido, Japan. 83pp. http://isc.fra.go.jp/pdf/ISC16pdf/ISC15_Report_1Sept16.docx(2016年12月24日)
  4. Anon.(WCPFC)2005. CMM2005-03. Conservation and Management Measure for North Pacific Albacore. http://www.wcpfc.int/system/files/WCPFC2_Records_F.pdf(2015年3月3日)
  5. Anon.(WCPFC)2014. Draft summary report. Commission for the Conservation and Management of Highly Migratory Fish Stocks in the Western and Central Pacific Ocean 11th session, 1-5 December 2014,Apia, Samoa. 104 pp. http://www.wcpfc.int/system/files/WCPFC11%20draft%20summary%20report%20and%20participants%20list_word%20versions%20and%20individual%20pdf%20attachments_0.zip(2015年3月3日)
  6. Anon. (WCPFC). 2016. Western and Central Pacific fisheries Commission (WCPFC) Tuna Fishery Yearbook 2015, 149 pp.
  7. Brodziak., J. Lee, H.-h., and Mangel, M. 2011. Probable values of stock-recruitment steepness for North Pacific albacore tuna. Working paper presented at the ISC Albacore Working Group Stock Assessment Workshop, 30 May-11 June 2011, Nat. Res. Inst. Far Seas Fish., Shimizu, Shizuoka, Japan. ISC/11/ALBWG/11: 9 p.
  8. Chen, K.-S., Shimose, T., Tanabe, T., Chen, C.-Y., and Hsu, C.-C. 2012. Age and growth of albacore Thunnus alalunga in the North Pacific Ocean. J. Fish Biol. 80: 2328–2344
  9. Clements H. B. 1961. The migration, age, and growth of Pacific albacore (Thunnus germo) 1951-1958. Fish. Bull. Calif. Dep. Fish Game, 115: 1-128.
  10. Iwata, S., Sugimoto, H. and Takeuchi, Y. 2011. Calculation of the steepness for the North Pacific Albacore. Working paper submitted to the ISC Albacore Working Group Stock Assessment Workshop, 30 May-11 June 2011, Nat. Res. Inst. Far Seas Fish., Shimizu, Shizuoka, Japan. ISC/11/ALBWG/18: 6 p.
  11. 久米 漸. 1985. 北部太平洋のビンナガ資源. In. 海外における資源評価及び管理手段に関するレビューNo.2. 日本水産資源保護協会. 67-92 pp.
  12. 西川康夫・本間 操・上柳昭治・木川昭二. 1985. 遠洋性サバ型魚類稚仔の平均分布, 1956−1981年. 遠洋水産研究所Sシリーズ12. 遠洋水産研究所, 静岡. 99 pp.
  13. 須田 明. 1966. 簡単な数学的模型による漁獲効果の検討(続報I)前報モデルの修正. 南海区水産研究所研究報告, 24: 1-14.
  14. 上柳昭治. 1957. 西部太平洋におけるビンナガの産卵. 南海区水産研究所研究報告, 6:113-124.
  15. 魚住雄二. 2003. マグロは絶滅危惧種か. 成山堂書店, 東京. 178 pp.
  16. Watanabe H., T. Kubota, S. Masuda and S. Kawahara. 2004. Feeding habits of albacore Thunnus alalunga in the transition region of the central North Pacific. Fish. Sci., 70: 573-579.
  17. Watanabe, K., Uosaki, K., and Takeuchi, Y. 2006a. Considerations in extreme decline of abundance indices for North Pacific albacore from the Japanese longline fishery observed from 2001 to 2004. Working document for the ISC Albacore Working Group Stock Assessment Workshop, November 28-December 5, 2006, Shimizu, Shizuoka, Japan. ISC/06/ALBWG/11. (1)+16 pp.
  18. Watanabe, K., Uosaki, K., Kokubo, T., P.R. Crone, Al Coan and C.C. Hsu. 2006b. Revised practical solutions of application issues of length-weight relationship for the North Pacific albacore with respect to the stock assessment. Working document for the ISC Albacore Working Group Stock Assessment Workshop, November 28-December 5, 2006, Shimizu, Shizuoka, Japan. ISC/06/ALBWG/14. 21 pp.
  19. Wells, R. J.D., Kohin, S., Teo, S.L.H., Snodgrass, O.E., and Uosaki, K. 2013. Age and growth of North Pacific albacore (Thunnus alalunga): Implications for stock assessment. Fisheries Research. 147, 55–62
  20. Xu, Y., Sippel, T., Teo, S.L.H., Piner, K., Chen, K.-S., and Wells, R.J. 2014. A comparison study of North Pacific albacore (Thunnus alalunga) age and growth among various sources. Working Paper submitted to the ISC Albacore Working Group Meeting, 14-28 April 2014, La Jolla, USA. ISC/14/ALBWG/04: 13 p.