--- 要約版 ---

15 キハダ 大西洋

Yellowfin Tuna

Thunnus albacares

                                                                               
PIC

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]

図3

大西洋におけるキハダの分布域


図1a

大西洋におけるキハダの漁法別漁獲量


図1b

大西洋におけるキハダの国別漁獲量


図5

大西洋におけるキハダの成長


図6a 図6b

大西洋キハダの資源解析結果(ICCAT 2013)
上:非平衡プロダクションモデルとVPA(2-BOX)による解析当時の最新年(2010年)の資源状態。下:不確実性を考慮した2010年の資源状態(不確実性を考慮した。各ブートストタップ点の分布状況)
上図の縦軸は漁獲圧、横軸は資源量で現状/持続可能な値の比で示してある。黒色、青色の小さな丸は、一つ一つがブートストラップ解析の結果で、それぞれプロダクションモデル、VPAの結果を示している。白色の丸と赤色の丸は、それぞれのブートストラップ結果の中央値。水色の丸は、2つのモデルの全てのブートストラップ結果の中央値。



キハダ(大西洋)の資源の現況(要約表)

資源水準 中位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
9.2〜12.0万トン
平均:10.6万トン(2009〜2013年)
我が国の漁獲量
(最近5年間)
0.4〜0.5万トン
平均:0.5万トン(2009〜2013年)
最新の資源評価年 2011年
次回の資源評価年 2016年


管理・関係機関
大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)

最近の動き
2013年の総漁獲量は9.3万トン(予備集計)で前年の90%であった。資源評価は2011年9月にICCATにより行われ、MSYは14.5(11.4〜15.8)万トンと推定され、2013年の漁獲量より大きい。2010年の資源量はMSYレベルより小さい(B2010/BMSY=0.85(0.61〜1.12))と見られる。また、2010年の漁獲圧は、MSYレベルより小さい(F2010/FMSY=0.87(0.68〜1.40))と推定された。しかしながら、資源評価の不確実性を考慮すると、2010年に乱獲状態でなく、かつ漁獲圧が過剰でなかった可能性は26%と低い。

生物学的特性
  • 寿命:7〜10歳
  • 成熟開始年齢:3歳
  • 産卵期・産卵場:周年・表面水温24℃以上の海域
  • 索餌期・索餌場:分布域に等しい
  • 食性:魚類、甲殻類、頭足類
  • 捕食者:まぐろ・かじき類、さめ類、海産哺乳類

利用・用途
刺身、すし、缶詰など

漁業の特徴
主な漁業国はフランス、スペイン、ガーナである。日本は、はえ縄でメバチを主対象として漁獲している。フランスとスペインはまき網、ガーナは竿釣りが主体である。1980年頃から、漁獲はまき網が主体となっている。漁場は熱帯域を中心に広く分布し、まき網と竿釣りではギニア湾が主漁場である。漁業は周年行われている。

漁業資源の動向
大西洋におけるキハダ漁業は1950年頃に始まり、1955年頃からは竿釣り及びはえ縄が開始した。当初ははえ縄が主体であったが、最近年は、全漁獲量のうち70%がまき網、11%が竿釣り(大部分が東部大西洋)、16%がはえ縄で漁獲されている。1980年以降、漁獲量は10〜19万トンの間で変動し、2013年は9.3万トン(予備集計)であった。

資源状態
最新の資源評価は2011年にICCATにより行われた。MSYはASPIC(プロダクションモデル)で14.0万トン(11.4〜15.0万トン)、VPA(年齢別モデル)で14.9万トン(14.0〜15.8万トン)と推定され、2013年の漁獲量9.3万トンを上回っている。2010年の資源量はMSYレベルより小さい(B2010/BMSY=0.85(0.61〜1.12))と見られる。最近年(2010年)の漁獲圧は、MSYレベルより小さい(F2010/FMSY=0.87(0.68〜1.40))と推定された。前回(2006年)の資源評価より悲観的な結果である。努力量の増加は、資源量を減らす危険性があり、キハダとともに漁獲される種(特にメバチ)に悪影響を与える懸念がある。

管理方策
  • 有効漁獲努力量は1992年レベルを超えないようにする(1993年勧告)
  • 小型魚の保護(FADsを利用するまき網の禁漁期、禁漁区域の拡大、大型漁船の厳密な隻数規制)