--- 要約版 ---

68 ニュージーランドスルメイカ・オーストラリアスルメイカ (ニュージーランド海域)

Gould's Flying Squid・Nototodarus sloanii

Gould's Flying SquidNototodarus gouldi


                             PIC
                             ニュージーランドスルメイカ                                                             オーストラリアスルメイカ

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]

図

本資源の分布図 (Martin et al. 1985を改変)


図

ニュージーランドスルメイカ(上)及びオーストラリアスルメイカ(下)の成長(Uozumi et al. 1995より)


図

本資源の国別漁獲量
(データはFAO 2010、ただし、2010は全国沖合いかつり漁業協会の操業状況週報及び南方トロールデータの集計による漁獲量。また、2010年及び2011年のニュージーランドの漁獲量はMinistry of Fishery of New Zealand 2010より)


図8

本資源の管理海域


図6

ニュージーランド海域における日本のトロール船のCPUE(トン/時間)及びいか釣り漁船のCPUE(トン/日)の経年変化
2002年(2001/2002年)漁期にはイカ釣り漁船は出漁しなかった酒井・若林 2010、西田・若林 2010より)



ニュージーランドスルメイカ類(ニュージーランド海域)の資源の現況(要約表)

資源水準 高位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
5.8万〜11.1万トン
平均:8.2万トン(2006〜2010年)
我が国の漁獲量
(最近5年間)
1,033〜4,757トン
平均:2,158トン(2006〜2010年)


管理・関係機関
ニュージーランド政府

最近一年間の動き
当海域で2012年に2隻の我が国いか釣り漁船が操業し、漁獲量は前年より多い1,787トンで、昨年度に引き続き漁獲量、CPUE(トン/日)ともに増加が認められた。資源量水準は、1987〜2010年の我が国いか釣り漁船のCPUEデータから判断すると、2012年は高位の状態であると考えられる。

生物学的特性
  • 寿命:1歳
  • 成熟開始年齢:約6〜8か月
  • 産卵期・産卵場:周年;主に冬、ニュージーランド南島南岸および東岸の陸棚上 (ニュージーランドスルメイカ)、南北両島間の西岸陸棚上 (オーストラリアスルメイカ)
  • 索餌場:陸棚上
  • 食性:中深層性魚類、おきあみ類・いわし類
  • 捕食者:海鳥類、あざらし、さめ類等

利用・用途
するめ、いかめし、刺身(塩辛を除く、日本のスルメイカと同様な加工原料)

漁業の特徴
ニュージーランド海域で漁獲されるスルメイカ類の総称“ニュージースルメ”はニュージーランドスルメイカとオーストラリアスルメイカの2種を含む。NZスルメ類は1960年代までは未開発であったが、1970年代から我が国による開発が進み、1980年には、釣りトロール両漁法を合わせた我が国の総漁獲量は6万トンを超えるようになった。本資源は、韓国、ロシア(旧ソ連)、ウクライナ、台湾等も漁獲している。しかしながら、1990年代以降、同国政府の規制強化等により、最近年では外国船の入漁は減少している。

漁獲の動向
NZスルメイカ類は1970年代に我が国により開発されて以降、1980年代には総漁獲量は8万トン前後で推移し、その6〜7割を我が国の漁獲が占めていた。しかし、1990年代以降はニュージーランド政府の規制強化等により、外国船の漁獲量は減少(我が国の漁獲は2割以下に減少)し、ニュージーランドの漁獲が増加している。1990年代以降総漁獲量の年変動は大きく、2004年には14万トンに達したものの、それ以降は減少していた。

資源状態
いか釣り船のCPUEで見る限り、最近の10年間は各漁船1日あたり3〜11トン前後(平均5.7トン)であり、漁獲成績報告集計による2011年のCPUEは7.0トン/日で高い値であった。1987年から2010年までの我が国いか釣り漁船のCPUEデータを見て、最大値(1995年)の11.0トン/日と最小値(1990年)の2.2トン/日の間を3分割して上から高位(8.0トン/日以上)、中位(CPUEが5.1トン/日から8.0トン/日)、低位(CPUEが5.1トン/日以下)という基準で評価すると、2012年の資源水準は高位であると判断できる。日本のトロール漁船のCPUEで見ると、2005年をピークに減少傾向であったが、2009年から増加傾向にある。また、日本のいか釣り漁船のCPUE速報値で見ても、2012年漁期には1987年以降で最高の値であり、3年連続で増加傾向であることから、本種の資源水準は増加傾向にあるとみられる。

管理方策
ニュージーランド政府は、当初トロール漁業は漁獲量を規制し、いか釣り漁業は努力量(隻数)を規制した。しかし、同じ資源に対する管理方策の統一を行い、現在ではいか釣り漁業にも漁獲量規制を実施している。現在、本資源は北側のSQU 10T、東西のSQU 1JとSQU 1T及び南のオークランド諸島のSQU 6Tの4ストックに個別のTACC(商業漁獲可能量)が決められている。イカ類のような単年性の生物資源ではMSYの推定は不可能で必要もなく、また、現状の漁獲規模では将来の加入量や資源量に影響を与えないとの考えから、TACCはここ10年間に大きな変化はなく12.7万トンである。TACCに基づき配分される個別譲渡可能漁獲割当量(ITQ)は、DWG(Deepwater Group Limited)が管理する。なお、南部海域のオークランド諸島のSQU 6Tストックは、トロールによるニュージーランドアシカの混獲数の限度を設定している(2010〜2011年は58頭)。。

資源評価まとめ
  • ニュージーランド政府は現在のところ直接の資源評価は実施していない
  • 資源水準は中位で減少傾向

資源管理方策まとめ
  • 4つのストックについてTACCを決定
  • ITQはDWGが管理
  • 鰭脚類のトロールによる混獲を規制