--- 要約版 ---

29 カツオ 東部太平洋

Skipjack

Katsuwonus pelamis

                                                       
PIC

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]

図

東部太平洋におけるカツオの分布と漁場(Matsumoto et al. 1984、Schaefer 2001)


図

東部太平洋におけるカツオの成長(Matsumoto et al. 1984)


図

東部太平洋における漁法別カツオ漁獲量(データ:IATTC 2012)


図

東部太平洋におけるカツオ資源指数(Maunder 2012bを改変)
(a) まき網による漁獲量、(b) 流れ物操業努力量、 (c) 素群れ操業努力量、 (d) 標準化努力量、(e) 平均重量(kg)、(f) 相対生物量、(g) 相対加入量、(h) 相対資源利用率(CPDF:Catch per days fished)



カツオ(東部太平洋)の資源の現況(要約表)

資源水準 高位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
14.9〜29.8万トン
平均:23.7万トン(2006〜2010年)
我が国の漁獲量
(最近5年間)
17〜82トン
平均:43.4トン(2006〜2010年)


管理・関係機関
全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)

最近一年間の動き
太平洋全域のカツオは主に中西部太平洋で多く漁獲される。2011年の中西部太平洋の漁獲量が約156万トンであるのに対し、2011年の東部太平洋におけるカツオの総漁獲量は27.9万トンと中西部太平洋の約2割弱程度である。1980年以降の東部太平洋のカツオ最大総漁獲量を見ても2006、2008年の29.8万トンにとどまっている。2012年東部太平洋のカツオ資源状態は、異なる4つの手法(a. 漁業・生物学的指標値;b. 標識データ解析;c. サイズ組成資源評価モデル;d. 空間資源動態モデルSEAPODYM)に基づいた結果を比較・検討して評価された。しかし、これらの方法による結果に不確実性がともなうため、8つの指標値(漁獲量、流れ物操業CPUE、素群操業CPUE、標準化努力量、平均漁獲個体体重、相対資源量、相対加入量、相対資源利用率)の傾向から資源状態を評価した。その結果、東部太平洋におけるカツオ資源の現状は不確実であり、カツオ資源に危機が迫るような明確な証拠はない、との結論に達している。

生物学的特性
  • 寿命:6歳以上
  • 成熟開始年齢:1歳
  • 産卵期・産卵場:周年・表面水温24℃以上の海域
  • 索餌場:熱帯・温帯域
  • 食性:魚類、甲殻類、頭足類
  • 捕食者:まぐろ・かじき類、さめ類、海鳥類など

利用・用途
缶詰原料

漁業の特徴
現在の漁獲はほとんどがまき網によるもので、近年の総漁獲量は20〜30万トンを維持している。まき網では、付き群れと素群れを対象とする操業があり、漁場はカリフォルニア沖から北部南米沖である。国別ではエクアドルが約半分を占め、次いでパナマ、ベネズエラ、コロンビア等が主要な漁獲国となっている。日本は本海域でカツオを主対象とした漁業を行っておらず、漁獲量ははえ縄による僅かな量のみである。

漁業資源の動向
1950年代までは竿釣りを主として約5万トンの漁獲であったが、1960年代から竿釣りは急速に減少し、代わってまき網による漁獲が主となった。1990年代から漁獲量は増加傾向にある。

資源状態
加入量の変動が大きく、資源量は加入量の変動にともない変化する。2002年と2003年の連続した強い加入が、2003年の資源量と漁獲量を増加させている。最近年の加入量推定値は信頼性が低い値ではあるが、水準が低く、そのため今後の資源量と漁獲量の低下が示唆される。漁獲死亡率は自然死亡率と同等か、もしくは低いと推定されている。本資源の量変動は加入量変動で引き起こされてきたため、将来の資源動向も加入量の水準で決定されると考えられる。

管理方策
特段の資源管理方策はとられていないが、まき網漁業は62日間の全面禁漁及び沖合特定区での1か月間の禁漁措置が導入されており、結果的に漁獲努力量が制限されている。

資源評価まとめ
  • 資源評価はIATTCにより実施
  • 資源量は、加入量にともない変化する
  • 漁業が資源の減少を引き起こしている証拠はない

資源管理方策まとめ
  • 本資源にはIATTCによる資源管理方策はとられていない。