--- 詳細版 ---

19 メバチ 大西洋

Bigeye Tuna

Thunnus obesus

                                                                           
PIC

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [要約版html] [戻る]

最近一年間の動き

2011年の総漁獲量は7.9万トン(予備集計)で前年の104%であった。資源評価は2010年に行われ、MSYは9.2(7.8〜10.1)万トンと推定され、2009年当初の資源量はMSYレベルとほぼ同じ(B2009/BMSY=1.01(0.72〜1.34))と見られる。資源評価時の最近年(2009年)の漁獲圧は、MSYレベルよりやや小さい(F2009/FMSY=0.95(0.65〜1.55))と推定された。資源管理措置は、将来にわたる持続的利用を確実にするため、TAC(8.5万トン)が設定され、主要漁業国には漁獲枠、漁船隻数枠が設定された。メバチ・キハダの幼魚が多く生育するギニア湾における浮き魚礁を利用するまき網の禁漁期、禁漁区域の拡大が導入された。


利用・用途

刺身・すし・缶詰・魚肉ソーセージの原料などに利用されている。


図1b

図1. 大西洋における漁法別(上図)及び国別(下図)のメバチ漁獲量(1950〜2011年)


表1

表1. Cayré and Diouf(1984)とHallier et al.(2005)による年齢−尾叉長の関係


図2

図2. 主要なまぐろ漁業による大西洋におけるメバチの漁獲分布(2000〜2009年)(ICCAT 2011a)


図3

図3. 大西洋における日本のはえ縄船の出漁隻数と鈎数の推移(国際水産資源研究所資料)


図4

図4. 大西洋におけるメバチの分布


表2

表2. Parks et al.(1982)による尾叉長−体重関係


図5

図5. アーカイバルタグに記録されたハワイ近海におけるメバチの日周鉛直行動(Spalding and Sibert 1998から転載)
青:深度変化、赤:水温変化、緑:体温変化


図6

図6. 標識放流(Cayré and Diouf 1984)、脊椎骨(Alves et al. 1998)及び耳石(Hallier et al. 2005)から推定されたメバチの成長式


図7

図7. 各種解析に用いた資源量指数及びそれらを結合した資源量指数(ICCAT 2011a) AZO_BB:アゾレス諸島の竿釣り、BRA_LL:ブラジルのはえ縄、ChT_LL2:台湾のはえ縄1968-1989、ChT_LL2:台湾のはえ縄1990-2008、JAP_LL:日本のはえ縄、MOR_LL:モロッコのはえ縄、UR_LL1:ウルグアイのはえ縄1981-1991、UR_LL2:ウルグアイのはえ縄1992-2008、US_LL:米国のはえ縄


図8

図8. 日本のはえ縄漁船のデータから算出した大西洋全域におけるメバチの資源豊度指数の傾向(Satoh and Okamoto 2010)


図9

図9. ASPICで推定されたB/BMSYとF/FMSYの年変化(ICCAT 2010) 漁獲量一定のシナリオにおける2020年までの将来予測の結果をRUN3について示している。


図10

図10. B/BMSYとF/FMSYの経年的プロット(ICCAT 2011a)
プロット周囲の灰色の領域は80%の信頼区間を示す。


図11

図11. 将来の一定漁獲量(図の縦軸:TAC)を仮定した場合のB/BMSYが1以上、F/FMSYが1以下となる確率(赤:<50%、黄:50〜75% 及び緑:>75%.)の経年的プロット(ICCAT 2011a)
黒い実線は確率60%の等高線。


表3

表3. 主要漁業国のはえ縄及びまき網の年間の最多操業隻数枠及びメバチの年間漁獲量枠


付表 付表 付表 付表

付表1.大西洋におけるメバチの国別漁獲量(単位:トン)

漁業の概要

大西洋において、メバチは主にはえ縄、竿釣り、まき網によって漁獲されてきた(図1上図)。主として成魚を漁獲するはえ縄が漁獲の大部分を占めてきたが、大西洋は他の大洋と異なり、従来からまき網や竿釣りによる漁獲が比較的多い。まき網がFADs(人工浮魚礁)操業を開始した1991年以降、小型魚漁獲が増加した。総漁獲量も同様に増加し、1994年には過去最高の13万トンに達したが、その後徐々に減少して、2005年以降は7〜8万トンで推移し、2011年の総漁獲量は7.9万トン(予備集計)で前年の104%であった。2011年現在、はえ縄の漁獲は全体の半数を割り込み(48 %)、まき網の漁獲(35%)が増加傾向にある(図2)。メバチの平均体重は、はえ縄で45〜50 kg、竿釣りで20〜30 kg、まき網で3〜4 kgである。現在、大西洋における我が国の漁業は、はえ縄のみであり、まき網及び竿釣りはそれぞれ1992年、1984年に操業を停止している。なお、本稿で用いる漁獲量は特に断りのない限り、執筆時点でのICCATホームページ(http://www.iccat.int/en/accesingdb.htm)の統計値を集計したものであり、2011年は予備集計値である。


【はえ縄漁業】

大西洋における主要なはえ縄漁業国は日本と台湾であり、近年、大西洋における本種全漁獲の30〜40 %を占めている(図1下図)。2001年以降、はえ縄漁獲量は4〜5万トンで推移しており、2011年の漁獲量は3.8万トンであった。1956年に参入した日本のはえ縄は、当初キハダとビンナガを漁獲対象としていたが、その後、急速冷凍技術の導入により、1970年代半ばからメバチの刺身材料としての需要が高まり、本種が主要な漁獲対象になるとともに、日本のはえ縄の漁獲努力は次第に大西洋東部に集中していった。大西洋への参入以来、努力量は増加を続け、1996年にはピークの1.2億鈎に達したが、その後減少し、年変動はみられるものの、2011年には同レベルで推移しているが、これは主に2009年に実施された遠洋はえ縄船64隻を含む日本のはえ縄船の国際減船で5,800万鈎まで減少し、出漁隻数も1993年に300隻あまりであったが、2011年には103隻であった(国際水産資源研究所資料による)(図3)。日本のはえ縄によるメバチの漁獲量は1960年代にはおよそ1.5万トンで、1989年の4万トンをピークに減少に転じ、2001年以降は1.4〜1.9万トンの間で推移し、2011年は1.3万トンであった。一方、台湾のはえ縄は1960年代初頭に参入し、1990年頃からメバチが主要対象魚種のひとつになっており、2011年は1.4万トンを漁獲した。


【まき網漁業】

まき網は主にEU(ヨーロッパ連合)、特にフランスとスペインのまき網が主体であり、近年規模を増加させているガーナのまき網を含め、主に東部大西洋のギニア湾を中心に操業が行われている(図2)。1990年代には71隻が操業していたEUのまき網船は、1998年以来40〜45隻に減少している。このEUのまき網船は付き物(もしくはFADs)群もしくは素群に対する操業の2タイプの操業を行うが、1991年以来急増したFADs操業による漁獲が多くを占め、近年では、全操業の35〜50%が付き物群に対する操業である。まき網による本種の漁獲は1994年の3.3万トンをピークとして、2008年の1.6万トンまで減少を続けた。その後、増加に転じ、2011年は2.8万トンに達している。これは、インド洋ソマリア沖を中心とする海賊行為の広がりによって、大西洋での漁獲努力量が増加したことによると思われる。


【竿釣り】

竿釣りは主に、ガーナ、セネガル、アゾレス、マデイラ、カナリア諸島で操業が行われているが(図2)、メバチ漁獲に関しては後三者では小型から大型まで、セネガルでは中型以下が、ガーナでは主に小型の漁獲が主体である。一方、西部大西洋においてはブラジルが主要な竿釣り漁業国であるが、カツオのみを狙っての操業を行っている。竿釣りの漁獲量はまき網と同様、最近10年では1〜2.6万トンの間で大きく変動し、2011年には1.2万トンの漁獲があった。


生物学的特徴

【水平・鉛直分布】

大西洋においてメバチは、北緯55度から南緯40度にかけてのほぼ全域に広く分布している(図4)。本種は他のまぐろ類よりも生息水深が深いことが知られているが、近年のアーカイバルタグ及びピンガー追跡の結果から、夜間は50 m以浅の表層付近に分布し、昼間は水温躍層かそれ以深のより深い水深帯に分布するという顕著な日周行動を行うことが主として太平洋における調査によって明らかになってきた(PFRP 1998、Schaefer and Fuller 2002、Musyl et al. 2003、Matsumoto et al. 2004、図5)。


【繁殖】

メバチの卵は分離浮性卵で油球が1個あり、受精卵の卵径は0.8〜1.2 mmである。産卵は稚魚の分布から、熱帯・亜熱帯域の水温24 °C以上のほとんどの水域でほぼ周年行われていると考えられているが、大西洋における産卵や稚魚の分布に関する情報は少ない。他水域の情報から大西洋においても本種は多回産卵型の産卵を行い、産卵期にはほぼ毎日産卵し、産卵は夜間に行なわれるものと推察される(Matsumoto and Miyabe 2002)。生物学的最小型は90〜100 cm、14〜20 kg(3歳)と考えられ、120 cmを越えると大部分が成熟する。


【成長】

大西洋における本種の成長については、Cayré and Diouf(1984)が標識放流から、Alves et al.(1998)が脊椎骨を用いて、Hallier et al.(2005)が耳石日周輪の読み取りにより成長式を推定している(図6)。2004年の資源解析においては、Cayré and Diouf (1984)とHallier et al.(2005)の成長式が、2007年の資源解析においてはHallier et al.(2005)の成長式が用いられており、以下に両者の式を、表1に両式から推定された各年齢における尾叉長を示した。

本種の寿命は知られていないが、太平洋のサンゴ海における標識再捕の結果から、15歳を超えるメスが確認されている。

大西洋における体長-体重の関係式はParks et al.(1982)の次式が主に資源解析に用いられている。

          W=2.396*10-5*FL2.9774
          W:重量kg、FL:尾叉長 cm

この式から求められる各尾叉長における体重を表2に示した。


【回遊】

漁業から得られた知見から、主にギニア湾を中心とした熱帯で生まれた稚魚は海流にのりながら、もしくは遊泳しながら移動し、多くは熱帯や亜熱帯に留まるものの、一部は温帯域へ索餌回遊を行い、成熟に達したら産卵に適した水温の高い水域に戻るのではないかと想定されている。しかし、熱帯域にも広く小型から大型の個体が常時分布しており、特定の索餌域や産卵域が本種にあるかは不明である。メバチの小型魚は表層においてキハダやカツオの小型魚と群れを形成するが、成長するとそのような傾向は見られなくなる。また、他水域のメバチ同様に適水温はキハダよりやや低く、したがって分布も南北方向及び鉛直方向にキハダよりやや広い。


【性比】

本種の性比に関して、年齢が増すに従って雄の比率が高くなることが知られている。2002年に報告されたはえ縄漁獲物の性比比較では100 cm未満、160 cm以上のいずれのサイズにおいても雄の比率が高く(Miyabe 2003)、また70〜200 cmの体長範囲を比較したまき網漁獲物の観察においても、雄が卓越している(Roberto et al. 2003)。


【食性】

本種の胃中には魚類や甲殻類、頭足類等幅広い生物が見られ、それほど特異性はないようである。しかし、他のまぐろ類に比べてハダカイワシやムネエソ等の中深層性魚類が多い。


【捕食者】

稚仔魚期には、魚類に限らず多くの外敵がいるものと思われるが、あまり情報は得られていない。遊泳力が付いた後も、まぐろ類を含む魚食性の大型浮魚類による被食があるが、50 cm以上に成長してしまえば、外敵は大型のかじき類、さめ類、歯鯨類等に限られるものと思われる。


【系群】

現在、大西洋のメバチに複数の系群の存在は知られていないが、インド−太平洋のメバチとは遺伝的な差異が報告されている(Chow et al. 2000)。ミトコンドリア調節領域を用いた解析では、インド洋から大西洋への遺伝子流動が生じた可能性が指摘されている(Martinez et al. 2006)。


資源状態

最新の本種に関する資源解析は2010年に様々なプロダクションモデル(ASPIC、PROOCEAN、BSP:ベイジアン余剰生産モデル)、コホート解析(VPA)、統合モデル(SS: Stock Synthesis、Multifan-CL)を用いて行われ、主にVPAとASPICの結果が用いられた(ICCAT 2010, 2011a)。


【豊度指数】

各種資源評価に使用された豊度指数は、標準化された日本、台湾、ブラジル、米国、ウルグアイ及びモロッコのはえ縄、アゾレス諸島の竿釣りCPUE(いずれも重量ベース)等である。プロダクションモデルには、これらCPUEを結合したものが用いられた(図7)。モデルによって異なるが、その場合の感度テストとして1971年以降のCPUEを用いた場合、1970年以前の日本のはえ縄CPUEを除外した場合、1970年以前の台湾のはえ縄CPUEを除外した場合、もしくは、漁獲量に応じたCPUEの重み付けの有無などが試された。日本のはえ縄のCPUEの標準化に際しては、年齢込みのCPUEに関して、lognormal誤差分布モデルのGLM(一般化線型モデル)を用いた(図8、Satoh and Okamoto 2010)。それぞれのモデルに用いた説明変数は、年、月、緯度5度、経度5度、幹縄材料、枝縄材料、浮縄間の鈎数及びそれらの交互作用である。標準化された日本のはえ縄のCPUEにおいて、1970年代後半から、増減はあるものの基本的には一貫した減少傾向が認められる。


【プロダクションモデル】

ASPIC:入力パラメータとして、上述のように各CPUEを結合、重み付けしたインデックスを用い、シェーファーモデル、ペラ・トムリンソンモデルを用いた。得られた結果は、モデルの条件によって大きく変化するが、それらの中央値で見た場合には現在の資源状態は過剰漁獲状態ではなく、改善の兆しを示す(B2009/BMSY=1.052、F2009/FMSY=0.952)ことが示唆された。得られたMSYの範囲は8.4〜9.8万トンであり、2009年の漁獲量(8.7万トン:解析時)に近いと推定された。


【VPA】

年齢組成を考慮した解析の1つとしてVPAによる解析が試みられた(使用ソフトはVPA-2BOX Ver.3.01)。豊度指数は、日本、台湾、米国、ブラジル、ウルグアイ及びモロッコのはえ縄、アゾレス諸島の竿釣り、EUのまき網CPUEを用い、成長式にはHallier et al.(2005)が用いられた。2006〜2008年の0〜7歳の漁獲死亡の標準偏差には制約(0.4)がかけられ、ターミナルFは、1、4、5、6歳は推定、0、2、3歳は固定したものがベースケースとされた。その結果、親魚資源量は1970年代半ば以降継続的に減少し、2000年にはMSYレベルを割り込んだ。減少は2000年代半ばに止まったが、依然としてMSYレベルを下回っている(推定されたSSB2008/SSBMSYは0.64〜0.69)。漁獲死亡率は解析年を通して大きく増加しており、1990年代半ば以降はMSYレベルを上回っている(およそ1.0ないしそれ以上)ことが示唆された。ブートストラップの結果、89%の確率で漁獲死亡がMSYレベルを超過、資源がMSYレベルよりも減少した状態にあると推定された。


【将来予測】

ASPIC及びVPAで求められたパラメータを用い、漁獲量もしくは漁獲死亡率を一定に設定して将来予測を行った。2010年の漁獲量は2009年と同レベル(8.8万トン)と仮定した。ASPICにおける代表的な結果を図9に示す。モデルの仮定によって結果はかなり異なるが、9万トンを超える漁獲を続けると資源は減少し、8万トンよりも漁獲を低く抑えれば資源は増加すると予測された。


【資源状態】

MSYは9.2(7.8〜10.1)万トンと推定され、2009年当初の資源量はMSYレベルとほぼ同じ(B2009/BMSY=1.01(0.72〜1.34))と見られる。資源評価時の最近年(2009年)の漁獲圧は、MSYレベルよりやや小さい(F2009/FMSY=0.95(0.65〜1.55))と推定された。また、8.5万トンの一定漁獲量において、2015年(資源評価から5年目)に資源量がMSYレベル以上、かつ漁獲死亡がMSYレベル以下になる確率はおよそ60%であることが示された(図10)。このような資源評価の結果を受け、委員会は、将来の総漁獲量は8.5万トン以下とすべきであると勧告した。


管理方策

2012〜2015年までのメバチの資源管理方策は、Recommendation TRO 11-01(ICCAT 2011b)が適用される。

漁獲能力制限として、主要漁業国(年間2,100トン以上のメバチ漁獲がある国)のはえ縄及びまき網における全長20 m以上の漁船における年間操業隻数が、表3のように決定された。メバチの総漁獲可能量(TAC)について、現行枠(8.5万トン)が維持され、各国の漁獲枠が設定された(表3)。従来のギニア湾の一部海域における1か月間の表層漁業の禁漁に代わり、メバチ・キハダの幼魚が多く生育するギニア湾における浮き魚礁を利用するまき網の禁漁期、禁漁区域を拡大(アフリカ大陸海岸線〜10°S、5°W〜5°E、1月1日〜2月28日)しての実施が決定された。まき網や竿釣り船にはオブザーバーの乗船が義務づけられる。2002年4月から、統計証明制度(輸入には漁業国の証明書が必要)が開始されている。


メバチ(大西洋)の資源の現況(要約表)

資源水準 低位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(過去5年間)
6.9〜8.2万トン
平均:7.7万トン(2007〜2011年)
我が国の漁獲量
(過去5年間)
1.3〜1.8万トン
平均:1.6万トン(2007〜2011年)
管理目標 MSY:7.8〜10.1万トン(2011年の漁獲量:7.9万トン)
資源の現状 F/FMSY=0.65〜1.55(中央値 0.95)
B/BMSY= 0.72〜1.34(中央値 1.01)
管理措置 主要国の漁獲枠、漁船隻数枠の設定
ギニア湾(アフリカ大陸〜10°S、5°W〜5°E)、1月1日〜2月28日の浮き魚礁を利用するまき網の禁漁
統計証明制度
オブザーバー乗船(まき網、竿釣り)
管理機関・関係機関 ICCAT

執筆者

かつお・まぐろユニット
熱帯まぐろサブユニット
国際水産資源研究所 かつお・まぐろ資源部 まぐろ漁業資源グループ

佐藤 圭介


参考文献

  1. Anon.(ICCAT)2007. Report of the 2007 ICCAT bigeye tuna stock assessment session (Madrid, Spain - June 5 to 12, 2007). SCRS/2007/013. 100pp. http://www.iccat.int/Documents/SCRS/DetRep/DET_bet.pdf (2008年10月16日)
  2. Anon.(ICCAT)2010. Report of the 2010 ICCAT bigeye tuna stock assessment session (Pasaia, Spain - July 5 to 9, 2010). SCI/2010/034. 135pp. http://www.iccat.int/Documents/Meetings/Docs/2010_BET_Assessment_REP_ENG.pdf (2010年12月16日)
  3. Anon.(ICCAT)2011a. Report of the Standing Committee on Research and Statistics (SCRS) (Madrid, Spain, October 3 to 7, 2011). 267 pp. http://www.iccat.int/Documents/Meetings/Docs/SCRS2011-Report-ENG.pdf (2011年12月25日)
  4. Anon.(ICCAT)2011b. Recommendation by ICCAT on a multi-annual conservation and management program for bigeye and yellowfin tunas 1-10. http://www.iccat.int/Documents/Recs/compendiopdf-e/2011-01-e.pdf (2012年11月6日)
  5. Alves, A., P. de Barros and M.R. Pinho. 1998. Age and growth of bigeye tuna, Thunnus obesus, captured in the Madeira archipelago. (SCRS/97/095). Col. Vol. Sci. Pap. ICCAT, 48(2): 277-283. http://www.iccat.int/Documents/CVSP/CV048_1998/no_2/CV048020277.pdf(2008年10月16日)
  6. Cayré, P. and T. Diouf. 1984. Croissance du thon obese (Thunnus obesus) de l’Atlantique l’apres les resultants de marquage. (Growth of Atlantic bigeye tuna (Thunnus obesus) according to tagging results.) (SCRS/83/080). Col. Vol. Sci. Pap. ICCAT, 20(1): 180- 187. http://www.iccat.int/Documents/CVSP/CV020_1984/no_1/CV020010180.pdf (2008年10月16日)
  7. Chow, S., H. Okamoto, N. Miyabe, K. Hiramatsu and N. Barut. 2000. Genetic divergence between Atlantic and Indo- Pacific stocks of bigeye tuna (Thunnus obesus) and admixture around South Africa. Molecular Ecology. 9: 221-227.
  8. Hallier, J.P., B. Stequert, O. Maury and F. X. Bard. 2005. Growth of bigeye tuna (Thunnus obesus) in the eastern Atlantic Ocean from tagging-recapture data and otolith readings. (ICCAT SCRS/2004/039). Col. Vol. Sci. Pap. ICCAT, 57(1): 181-194. http://www.iccat.int/Documents/CVSP/CV057_2005/no_1/CV057010181.pdf (2008年10月16日)
  9. Martinez, P., EG. Gonzalez, R. Castilho and R. Zardoya 2006. Genetic diversity and historical demography of Atlantic bigeye tuna (Thunnus obesus). Molecular Phylogenetics and Evolution 39: 404-416.
  10. Matsumoto, T. and N. Miyabe. 2002. Preliminary report on the maturity and spawning of bigeye tuna Thunnus obesus in the central Atlantic Ocean. (SCRS/01/155). ICCAT Col. Vol. Sci. Pap. 54(1): 246-260. http://www.iccat.int/Documents/CVSP/CV054_2002/no_1/CV054010246.pdf (2008年10月16日)
  11. Matsumoto, T., H. Saito and N. Miyabe. 2004. Swimming behavior of adult bigeye tuna using pop-up tags in the central Atlantic Ocean. (SCRS/2004/037). ICCAT Col. Vol. Sci. Pap. 57: 151-170. http://www.iccat.int/Documents/CVSP/CV057_2005/no_1/CV057010151.pdf (2008年10月16日)
  12. Musyl, M.K., R.W. Brill, C. H. Boggs, D. S. Curran, T.K. Kazama and M.P. Seki. 2003. Vertical movement of bigeye tuna (Thunnus obesus) associated with islands, buoys, and seamounts near the main Hawaii Islands from archival tagging data. Fish. Oceanogr., 12(3): 152-169.
  13. Miyabe, N. 2003. Recent sex ratio data of the bigeye tuna caught by the Japanese longline fishery in the Atlantic. (SCRS/2002/152). Col. Vol. Sci. Pap. ICCAT, 55(5): 2028-2039. http://www.iccat.int/Documents/CVSP/CV055_2003/no_5/CV055052028.pdf (2008年10月16日)
  14. Matsumoto, T. and N. Miyabe. 2002. Preliminary report on the maturity and spawning of bigeye tuna Thunnus obesus in the central Atlantic Ocean. (SCRS/01/155). ICCAT Col. Vol. Sci. Pap. 54(1): 246-260. http://www.iccat.int/Documents/CVSP/CV054_2002/no_1/CV054010246.pdf (2008年10月16日)
  15. National Research Institute of Far Seas Fisheries. 2008. Annual report for Japan. In ICCAT (ed.), Report for biannual period, 2006-07. Part II (2007). Vol.3. English version. ICCAT, Madrid, Spain. 75-90. http://www.iccat.int/Documents/BienRep/REP_TRI%20LINGUAL_06-07_II_3.pdf (2008年11月4日)http://www.iccat.int/Documents/CVSP/CV062_2008/no_2/CV062020419.pdf (2008年10月16日)
  16. Parks, W., F. X. Bard, P. Cayré and S. Kume. 1982. Length-weight relations for bigeye tuna captured in the eastern Atlantic Ocean. (SCRS/81/059). Col. Vol. Sci. Pap. ICCAT, 17(1): 214-225. http://www.iccat.int/Documents/CVSP/CV017_1982/no_1/CV017010214.pdf (2008年10月16日)
  17. Roberto, S., B. F. Xavier and A. Asine. 2003. Consideraciones sobre el sex-ratio de patudo (Thunnus obesus) en el Atlántico este tropical, capturado por la flota de cerco. (SCRS/2002/137.) Col. Vol. Sci. Pap. ICCAT, 55(5): 1951-1953. http://www.iccat.int/Documents/CVSP/CV055_2003/no_5/CV055051951.pdf (2008年10月16日)
  18. Satoh, K. and Okamoto, H. 2010. Standardized CPUE of bigeye tuna of the Japanese tuna longline fisheries operated in the Atlantic ocean (1961- 2008).ICCAT SCRS/2010/037.
  19. Schaefer, K. M. and D. W. Fuller. 2002. Movement, behavior, and habitat selection of bigeye tuna (Thunnus obesus) in the eastern equatorial Pacific, ascertained through archival tags. Fish. Bull., 100: 765-788. http://fishbull.noaa.gov/1004/11schaef.pdf (2007年9月19日)
  20. Spalding, S. and J. Sibert. 1998. Recovered tag loaded with data. In Sibert, J. (ed.), Pelagic Fisheries Research Program Newsletter vol. 3 nr. 4. Pelagic Fisheries Research Program, Joint Institute for Marine and Atmospheric Research, University of Hawai‘i at M¬ānoa. Honolulu, Hawaii. 8 p. http://www.soest.hawaii.edu/PFRP/newsletters/Oct-Dec1998.pdf (2005年11月9日)