--- 要約版 ---

15 キハダ 南太平洋

Yellowfin Tuna

Thunnus albacares

                                                                               
PIC

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]

図3

大西洋におけるキハダの分布域


図1

大西洋におけるキハダの漁法別漁獲量の変遷(上図)
大西洋におけるキハダの国別漁獲量の変遷(下図)


図5

大西洋キハダの成長


図6

プロダクションモデル及び年齢別モデルで推定した本資源の資源量とFのMSYを与える値との比



キハダ(大西洋)の資源の現況(要約表)

資源水準 中位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
10.0〜12.0万トン
平均:10.7万トン(2007〜2011年)
我が国の漁獲量
(最近5年間)
0.5〜0.9万トン
平均:0.6万トン(2007〜2011年)


管理・関係機関
大西洋まぐろ類保存国際委員会 (ICCAT)

最近一年間の動き
2011年の総漁獲量は10.0万トン(予備集計)で前年の93%であった。資源評価は2011年9月に行われ、MSYは14.5(11.4〜15.8)万トンと推定され、2010年当初の資源量はMSYレベルより小さい(B2010/BMSY=0.85(0.61〜1.12))と見られる。資源評価時の最近年(2010年)の漁獲圧は、MSYレベルより小さい(F2010/FMSY=0.87(0.68〜1.40))と推定された。資源管理措置は、将来にわたる持続的利用を確実にするため引き続きTAC(11万トン)が設定されている。また、メバチ・キハダの幼魚が多く生育するギニア湾におけるFADsを利用するまき網の禁漁期、禁漁区域の拡大や、大型漁船の厳密な隻数規制の導入が決定された。

生物学的特性
  • 寿命:7〜10歳
  • 成熟開始年齢:3歳
  • 産卵期・産卵場:周年・表面水温24℃以上の海域
  • 索餌期・索餌場:分布域に等しい
  • 食性:魚類、甲殻類、頭足類
  • 捕食者:まぐろ・かじき類、さめ類、海産哺乳類

利用・用途
刺身、すし、缶詰など

漁業の特徴
主な漁業国はフランス、スペイン、ガーナである。日本は、はえ縄でメバチを漁獲している。フランスとスペインはまき網、ガーナは竿釣りが主体である。1980年頃から、漁獲はまき網が主体となっている。漁場は熱帯域を中心に広く分布し、まき網と竿釣りではギニア湾が主漁場である。漁業は周年行われている。

漁業資源の動向
大西洋におけるキハダの漁業は1950年頃に始まり、1955年頃からは竿釣り及びはえ縄が開始した。当初ははえ縄が主体であったが、60年代後半以降まき網による漁獲量が増加した。最近年は、全漁獲量のうち70%がまき網、11%が竿釣り(大部分が東部大西洋)、16%がはえ縄で漁獲されている(図1)。1980年以降、漁獲量は10〜19万トンの間で変動し、2011年は10.0万トン(予備集計)であった。

資源状態
最近の資源評価は2011年に行われた。MSYはASPIC(プロダクションモデル)で14.0万トン(11.4〜15.0万トン)、VPA(年齢別モデル)で14.9万トン(14.0〜15.8万トン)と推定され、資源評価時の最新年(2010年)の漁獲量10.8万トンを上回った。2010年当初の資源量はMSYレベルより小さい(B2010/BMSY=0.85(0.61〜1.12))と見られる。最近年(2010年)の漁獲圧は、MSYレベルより小さい(F2010/FMSY=0.87(0.68〜1.40))と推定された。前回(2006年)の資源評価より悲観的な資源状態である。努力量の増加は、資源量を減らす危険性があり、キハダとともに漁獲される種(特にメバチ)に悪影響を与える懸念がある。

管理方策
本資源の管理はICCATにより行われている。現在、キハダのみを対象にしている有効な資源管理方策は「有効漁獲努力量は1992年レベルを超えない」及びTAC(11万トン)である。また、メバチ・キハダの幼魚が多く生育するギニア湾におけるFADsを利用するまき網の禁漁期、禁漁区域の拡大や、大型漁船の厳密な隻数規制の導入が決定された。

資源評価まとめ
  • 資源評価はICCATが実施
  • ASPICとVPAで資源評価を行った
  • 資源は乱獲状態にあるものの、漁獲圧は高くはない

資源管理方策まとめ
  • 有効漁獲努力量は1992年レベルを超えないようにする(1993年勧告)
  • TAC(11万トン)の設定
  • 小型魚の保護(浮き魚礁を利用するまき網の禁漁期、禁漁区域の拡大、大型漁船の厳密な隻数規制)