--- 要約版 ---

53 スナメリ 日本周辺

Finless Porpoise

Neophocaena phocaenoides

                                                        PIC
                                                        スナメリ(鳥羽水族館提供)。頭が丸くてくちばしがない。背鰭もない。 成体の体色は淡い灰色。

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図2

日本におけるスナメリの主分布域(Shirakihara et al. 1992を改変) 仙台湾〜東京湾、伊勢湾・三河湾、瀬戸内海〜響灘、大村湾、有明海・橘湾。


図3

スナメリの成長曲線(長崎崎県・関門海峡周辺の個体より) (Shirakihara et al. 1993を改変)


図4

目視調査に使用される小型飛行機


図5

飛行機から見たスナメリ(撮影 南川真吾)



スナメリ(日本周辺)資源の現況(要約表)

資源水準 中位(大村湾系群は低位)
資源動向 横ばい(瀬戸内海で減少の可能性)
世界の漁獲量
(最近5年間)
詳細は不明
各地で混獲あり
我が国の漁獲量
(最近5年間)
商業捕獲はないが混獲あり
2004年11月に、伊勢湾で9頭の特別採捕


管理・関係機関
農林水産省

最近一年間の動き
2004年に、水族館における学術研究及び教育展示を目的に9頭の特別採捕が行われて以降、本種の捕獲はない。

生物学的特性
  • 寿命:最長で30歳程度(詳細は不明)
  • 性成熟年齢:雌4歳以下;雄3〜9歳(太平洋岸・瀬戸内海の個体)、雌5〜9歳;雄4〜6歳(西九州沿岸の個体)
  • 出産期・出産場:春〜夏(太平洋岸・瀬戸内海の個体)、秋〜春(西九州沿岸の個体)
  • 索餌期・索餌場:周年、日本の沿岸海域
  • 食性:イワシ類、イカナゴ、コノシロ、イカ類、タコ類、エビ類など
  • 捕食者:ホホジロザメ、シャチ

利用・用途
展示鑑賞(水族館)、かつては油にも利用された

漁業の特徴
商業捕獲は行われておらず、科学的特別採捕のみが許可される。水産資源保護法の対象種である。

漁業資源の動向
戦後の一時期、油を採取する目的で捕獲されたことがあった。また水族館での展示に供するため、まき網による捕獲が行われたこともある。橘湾ではかつて、小型定置網で多くの個体が混獲されていたが、漁法が変化して混獲は減少した。しかしその後も混獲は続いており、大村湾、有明海・橘湾では資源量推定値の1%程度が1年間に混獲されていると考えられている。2004年11月に伊勢湾で、学術研究及び教育展示を目的に9頭の特別採捕が行われた。

資源状態
本種には日本周辺に少なくとも5つの系群が存在する。航空目視調査による最新の資源量推定値は、仙台湾〜東京湾系群のうち仙台湾〜房総半島東岸:3,387頭(CV=32.7%、2000年)、伊勢湾・三河湾系群:3,000頭程度(2003年、吉田未発表)、瀬戸内海〜響灘系群のうち瀬戸内海:7,572頭(CV=17.3%、2007年)、大村湾系群:300頭程度(2004年、吉田未発表)、有明海・橘湾系群:3,000頭程度(2003年、吉田未発表)である。瀬戸内海東部海域では生息密度の低下が示唆された。他海域では資源の減少を示す兆候は得られておらず、資源動向はとりあえず「横ばい」と判定されるが、大村湾をはじめ生息数はそれほど多くないため、今後とも資源動向の把握に努める必要がある。資源状態については、安全を見込んで「中」程度と見なしたが、生息数の少ない大村湾は「低」と扱うのが適切であろう。

管理方策
商業捕獲は行われていないが、漁網への混獲が起こっている。混獲数の把握に努めるとともに、混獲を減らす努力が必要である。本種の生息域はいずれも人間活動の盛んな場所であり、海砂の採取などが過度に行われれば、生息域の縮小や分断を招く恐れがある。実際、瀬戸内海では海砂の採取による生息域の分断化の可能性が指摘されている。目視調査を通じ、資源量・分布状況の変化等について情報を収集する必要がある。

資源評価まとめ
  • 日本周辺に少なくとも11,574頭以上生息
  • 瀬戸内海では生息密度低下を示唆する報告もあるが、他海域ではその兆候は認められていない
  • 資源状態は安全を見込んで「中」程度、生息数の少ない大村湾は「低」と扱うのが妥当
  • 引き続き資源の動向把握が必要

資源管理方策まとめ
  • 商業捕獲はないが混獲が発生
  • 当面の目標は、現状の維持
  • 目視調査で資源量と分布状況をモニタリング