--- 要約版 ---

47 ツチクジラ 太平洋・日本海・オホーツク海

Baird's Beaked Whale

Berardius bairdii

                                                        PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図

ツチクジラの分布図


図

日本周辺におけるツチクジラの分布と漁場および水揚げ地(捕鯨基地)


図

体長と年齢の関係(Kasuya et al. 1997より)


図

ツチクジラ捕獲頭数の経年変化(1948〜2009)(1948〜1993年:粕谷(1995)より)(1994〜2009年:遠洋水産研究所データより)


図

平均体長の経年変化 (木白 未発表データより)



ツチクジラ(太平洋・日本海・オホーツク海)の資源の現況(要約表)

資源水準 中位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
なし
我が国の漁獲量
(最近5年間)
63〜67頭
平均:65.4頭


管理・関係機関
農林水産省

最近一年間の動き
2009年は、年間66頭の捕獲枠に、2008年の捕り残し分(太平洋側1頭)の 繰越し枠を加え67頭の捕獲枠のもとに操業が行われ、全頭数67頭を捕獲して操業を終了した。

生物学的特性
  • 寿命:雄84歳、雌54歳(捕獲物の最高年齢)
  • 成熟開始年齢:雄6〜11歳、雌10〜15歳
  • 交尾期・出産期:10〜11月・3〜4月
  • 繁殖場:調査中
  • 索餌期・索餌場:周年・房総、常磐沖ほか
  • 食性:魚類、頭足類
  • 捕食者:シャチ

利用・用途
肉は房総半島周辺でタレと呼ばれる乾肉、他の地域では、鮮肉、 缶詰用加工肉など。脂皮は汁物。

漁業の特徴
捕獲は少なくとも17世紀に遡り、明治時代初頭まで千葉県勝山沖等で手投げ銛で捕獲されていた。戦後、小型捕鯨業の捕獲が急増し漁場も千葉県周辺から三陸、北海道、日本海沿岸まで広がった。本種は体長10 mに達する歯鯨類だがIWCの管轄外種で、商業捕鯨モラトリアム以降も、我が国の自主管理のもと沿岸域で商業捕獲が継続している。現在の商業捕獲は大臣許可漁業の小型捕鯨業のみで、全国4ヶ所(千葉県和田浦、宮城県鮎川、北海道網走、函館)の捕鯨基地で水揚げ・解体・処理されている。

漁業資源の動向
太平洋側沿岸の捕獲が主体であり1950年代から1970年代初頭にかけて年間百頭を越える捕獲がなされた(自由操業)。1983年に自主規制枠、1990年に捕獲枠が導入され、1999年以降は、年間捕獲枠62頭(太平洋沿岸+オホーツク海54頭、日本海8頭)が設置されてきた。2005年に枠の見直しがなされ、系群ごとに太平洋52頭、オホーツク海4頭、日本海10頭、計66頭の捕獲枠が設置された。

資源状態
資源量の推定値は太平洋沿岸(北海道〜相模湾):5千頭(95%信頼区間2,500〜10,000頭:1991〜1992年)、日本海東部:1,500頭(同370〜2,600頭:1983〜1989年)、オホーツク海南部:660頭(同310〜1,000頭:1983〜1989年)である。IWCの管轄外種のため、資源状態に国際合意はない。1970年以前の捕獲が初期資源に与えた影響は明らかでなく(過去の統計は別種の混在の可能性がある)、各系群の大きさが5千頭以下と小さく、分布範囲も限られており、資源水準は「中位」とみなすのが妥当であろう。捕獲物組成の動向には、資源の増減の兆候はなく、資源動向は「横ばい」と考えられる。

管理方策
IWC科学委員会はひげ鯨類が対象の新たな資源管理モデル(改訂管理方式RMP)を開発したが、社会構造が複雑な歯鯨類には適用できない。このため、専門家らの合意に基づき、推定資源量の約1%を目安に、行政的側面も勘案しつつ水産庁が捕獲枠を設定している。この他、農林水産大臣の許可漁業として、海域ごとに操業期間(日本海:5〜6月、太平洋沿岸:6〜8月、オホーツク海:8月)、操業隻数(5隻)、水揚げ地を定めている。

資源評価まとめ
  • 資源水準は中位、資源動向は横ばい
  • 1980〜1990年代の資源量推定値が最新なので、目視調査を継続し推定値の更新が必要

資源管理方策まとめ
  • 現在は推定資源量の約1%を目安に捕獲枠を設定し捕獲物組成の動向をモニタリング
  • 将来的には、歯鯨類を対象とした資源管理モデルを開発し適用することが必要