--- 要約版 ---

46 イシイルカ 太平洋・日本海・オホーツク海

Dall's Porpoise

Phocoenoides dalli

                                                                 PIC
                                                                 PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図6

北太平洋のイシイルカの分布(吉岡・粕谷 1991を改変)
1はリクゼンイルカ型系群
2はイシイルカ型の日本海−オホーツク海系群
3〜8はイシイルカ型他系群の各繁殖海域


図

イシイルカ型イシイルカの成長曲線(左:雄、右:雌) (仲松 2000)


図

リクゼンイルカ型イシイルカの成長曲線 (左:雄、右:雌)(Kasuya 1978)


図1

イシイルカ捕獲頭数の推移(1979〜2008年)(水産庁遠洋課集計)


表1S

型別・道県別捕獲枠(岩アら 2001、水産庁)



イシイルカ(太平洋・日本海・オホーツク海)の資源の現況(要約表)

資源水準 調査中
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
-
我が国の漁獲量
(最近5年間)
0.7〜1.5万頭
平均:1.2万頭


管理・関係機関
水産庁・漁業道県

最近一年間の動き
2008年の捕獲は前年よりさらに落ち込んだ。前年同様に浜値低迷と燃油高騰により 岩手船が北海道への出漁を控えたためと考えられる。需要が細るとともに扱いを控える加工業者も出てきた。 廃業・転業する漁業者が出ることが危惧される。

生物学的特性
  • イシイルカ型とリクゼンイルカ型の2型
  • 寿命:15〜20歳(詳細は未解明)
  • 性成熟年齢:雌3〜4歳、雄4〜6歳
  • 繁殖期・繁殖場:晩春から夏、オホーツク海 (成熟雌は1〜2年毎に出産)
  • 索餌期・索餌場:周年、北海道沿岸、オホーツク海、三陸沖
  • 食性:ハダカイワシ類、スケトウダラ
  • 捕食者:シャチ

利用・用途
刺身、煮物など

漁業の特徴
北海道、青森県、岩手県および宮城県で知事許可の突きん棒漁業で捕獲されている。この漁業は現在、いるか類の漁獲頭数では我が国最大である。捕獲は岩手県船が卓越している。操業は5〜6月と9〜10月に北海道周囲で、11〜4月に三陸沖で行われる。リクゼンイルカ型は1系群である。イシイルカ型の大多数は日本海−オホーツク海系群である。大型捕鯨業のモラトリアムによって本漁業には好況期もあったが(平成6年度、600円/kg)、現在は浜値が低迷中(300円未満)である。

漁業資源の動向
1987年以前は年間2万頭以下の捕獲であったが、モラトリアム以降は鯨肉の流通不足を補うためか、1988年に捕獲頭数が4万頭以上へと急増した(この年までは、2つの型が統計上区別されていない)。その後は捕獲枠導入によって両型合計15,000頭程度の水準にある。特に近年は需要がひげ鯨に戻りつつあるため、魚価維持のために業界は漁獲を調整しているように見受けられる。

資源状態
イシイルカ型は1980年頃から開発された資源と考えられるが、リクゼンイルカ型の漁獲は戦前からの長い歴史がある。両型とも、危急の状態とは判断されておらず、現在、各種調査データを検討中である。両型の資源水準は、規制・操業形態等の変化により、見定めることが非常に困難で、現在調査中である。ここ3年ほどの捕獲頭数の変動あるいは減少は、生産調整によるため、資源動向は依然横ばいと考えられる。

管理方策
鯨類の再生産率は1〜4%と経験的に考えられている。出産間隔から本種の再生産率が高い方(3〜4%)であることが窺える。これに捕獲実績等も加味して1993年に捕獲枠が設定された。資源管理モデルの構築を求められているが、水産庁は本種の管理にPBR(Potential Biological Removal; Wade 1998)の概念を適用した。PBRは、不確実性を取り込んだ捕獲枠決定方式であり、算出が容易であり、また捕獲枠の根拠の説明も容易である。

資源評価まとめ
  • 目視調査に基づく資源量推定値
  • 管理目標は現在の資源水準の維持
  • PBRの導入

資源管理方策まとめ
  • 操業海域の道県知事による許可制
  • 体色型別の捕獲枠の設定
  • 漁期の設定
  • 捕獲統計の集計