--- 詳細版 ---

38 アオザメ

Shortfin Mako

Isurus oxyrinchus

                                                                        PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [要約版html] [戻る]

最近一年間の動き

9月に韓国の釜山で開催された第8回CCSBT生態関連種作業部会において、ミナミマグロ漁場における日本のオブザーバー調査によって収集されたさめ類混獲データから一般化線形法(GLM)で標準化して得られたCPUEの経年変化は、1992年から2007年にかけての16年間で変動が見られるものの、顕著な増減傾向は認められなかった事を紹介した。


利用・用途

肉はソテーやみそ漬け、鰭はフカヒレ、脊椎骨は医薬・食品原料、皮は革製品に利用される。


図1

図1. 日本の主要漁港へのアオザメ水揚量


表1

表1.


図2

図2. アオザメの分布(Compagno 2001)


図3

図3. アオザメの年齢と成長(尾鰭前長)オス(左)、メス(右)


図4

図4. 北太平洋におけるアオザメの標準化したCPUE


図5

図5. 大西洋におけるアオザメの標準化されたCPUE(上:北大西洋、下:南大西洋)


図6

図6. ミナミマグロ漁場におけるアオザメの標準化したCPUE


漁業の概要

アオザメは全世界の熱帯から温帯にかけて生息し、沿岸から外洋まで普通に見られる種である。まぐろはえ縄漁業や流し網漁業によって混獲されている。さめ類の中では肉質が良いので商品価値が高く、遠洋はえ縄漁船も投棄せずに持ち帰ってくる場合が多い。したがって、他のさめ類とは異なり、漁獲量と漁港への水揚量に大きな違いは無いものと推測される。水揚は宮城県の気仙沼港を中心に行なわれ、肉、鰭、脊椎骨、皮が食用や工芸用に利用されているが、肉の大部分は欧米向けに輸出されていると考えられる。まぐろはえ縄漁業等による日本の主要漁港へのさめ類の種別水揚量については、水産庁による調査が行われており、それによると1992〜2008年におけるアオザメの日本の漁港への水揚量は800〜1,500トンで、その内はえ縄漁業による水揚量が700〜1,300トンと大部分を占めており、流し網が続いて多かった。この期間では特に目立った増減傾向は無く、さめ類の合計値に占める割合は4〜8%であった(図1)。


生物学的特徴

【分布】

本種は全世界の熱帯から温帯の沿岸から外洋まで広く分布し(図2、Compagno 2001)、温帯域での分布豊度が比較的高く、ヨシキリザメと同様に温帯域出現種と考えられている(中野 1996)。系群構造については、ほとんど知られていないが、繁殖周期が大洋の南北で逆になるので、南北太平洋で2系群、南北大西洋で2系群と考えるのが妥当であろう。そこで、今回はインド洋1系群を加え5系群が存在すると仮定して解析を進めた。しかし、分布の連続性を考慮すると、南半球では系群が1つである可能性も否定はできない。


【産卵・回遊】

本種の繁殖様式は卵食・共食い型の胎生であり、産仔数の範囲は4〜16、出生時の全長は約70 cm (Stevens 1983)である。回遊についての知見は乏しいが、幼魚は北太平洋の場合、亜寒帯境界付近を生育場にすると推測されている(中野 1996)。

交尾期、交尾場、出産場等についての知見も乏しいが、出産期は晩冬から盛夏にかけてである(Compagno 2001)。


【成長・成熟】

脊椎骨に形成される輪紋から年齢が推定されており、その結果に基づいてCailliet and Bedford (1983)、Senba et al. (in press)が太平洋から、Natanson et al. (2006)が大西洋で報告している。以下に求められた成長式を示す。また、図3はこれまでに報告されている成長式の比較を行ったものである(Senba et al. in press)。

       Cailliet and Bedford(1983):全長
             雌雄:Lt=321.0(1-e-0.072(t-(-3.75)))
       Senba et al. (in press):尾鰭前長(表1)
             雌:Lt=60+248.6(1-e(-0.090t))
             雄:Lt=60+171.3(1-e(-0.156t))
       Natanson et al. (2006):尾叉長
             雌:Lt=366-278e(-0.087t)
             雄:Lt=253-181e(-0.125t)

雌は全長約280 cm、雄は全長約195 cmで成熟すると報告されており(Stevens 1983)、年齢では7〜8歳と推定される。また、寿命に関しては明らかではないが、18歳以上は生きるとされている(Cailliet and Bedford 1983)。

【食性・捕食者】

主としてまぐろ・かつお類やいか類を食べる(川崎ほか1962、谷内1984、Strasburg 1958)。海域、成長段階等によって異なった物を摂餌しており、特に選択的ではなく、生息域に豊富に分布している利用しやすい動物を食べる日和見的な食性を示している。成魚に対する捕食者は知られていないが、幼魚はホホジロザメによる捕食が知られている(Compagno 2001)。


資源状態

【資源の動向】

北太平洋系群については、地方公庁船(都道府県の実習船や試験船)及び調査船が実施したまぐろはえ縄調査によって得られたさめ類混獲データを解析し、資源豊度の指数であるCPUE (1000鈎当たりの漁獲尾数)の経年変化を一般化線形法 (GLM)で、季節、海域、漁具等の要因の影響を取り除くことにより、標準化して求めた。その結果、1992年から2007年の動向をみると、アオザメのCPUEは1996年以前よりも、それ以降の方が少し高い傾向にあった(図4)。

南北大西洋系群に関しては、日本、米国、スペイン、ウルグアイ、ブラジルのまぐろはえ縄漁船の漁獲データから標準化されたCPUEが得られている(ICCAT 2008)。図5はこれらをまとめたもので、北部では2000年頃まで漸減傾向が認められていたが以後増加傾向に転じ、南部で全体として増加傾向が見られている(図5)。また様々なモデルを使った資源解析が試みられており、北系群ではモデルによって結果が一定では無かったが、やはり前回の解析と同様に現在の資源量がMSYを生じる資源量以下のレベルであり、漁獲死亡率もMSYを達成するレベル以上であるという可能性を否定し難い状況にある。南系群に関しては結論を得る事が出来なかった(ICCAT 2008)。前回と比べて使用するデータの質量共に向上したとは言え、未だ使用可能なデータが不足しているため多くの仮定に基づいている状況に変わりは無かった。また漁獲成績報告書から報告率で選別したデータを使って、大西洋における日本のはえ縄漁船による漁獲量の推定が行われている(Matsunaga 2008)。それによると、1994年から2006年にかけて、3,400〜13,900 (平均6,700)尾、120〜640 (平均270)トンのアオザメが漁獲され、その少なからぬ部分が放流されていたものと推定された。

インド洋系群については、南アフリカ沖やオーストラリア沖のミナミマグロ漁場においてオブザーバー調査によって収集されたさめ類混獲データから、GLMで標準化されたCPUEの経年変化が得られている。その結果は図6に示したように、1992年から2007年にかけての16年間でCPUEに変動が見られるものの、顕著な増減傾向は認められなかった(松永・余川2009)。

以上の結果をまとめると、1992年以降、日本の漁港における水揚量及び北太平洋とミナミマグロ漁場、南北大西洋において標準化したCPUEに顕著な増減傾向が認められないことから、この15年余りでこれらの海域におけるアオザメの資源は安定的に推移していたものと推定された。しかしながら長期的な傾向は不明であり、資源の動向には注意を要する。


【資源水準・動向】

資源水準については何れの系群に関しても不明である。資源動向は、北太平洋とインド洋、大西洋では横ばい傾向であると考えられる。


管理方策

北大西洋において現在の資源量がMSYを生じる資源量以下のレベルであり、漁獲死亡率もMSYを達成するレベル以上であるという可能性を否定し難い状況にあり、資源の動向には注意を要する。今後、保護・管理に対する特別な勧告が必要となってくる可能性がある。しかし、資源評価のための種別漁獲量の統計資料が不十分であるのが最大の問題である。水産庁では近年、まぐろはえ縄漁業における漁獲成績報告書の提出フォームを変更し、6種のさめ類の漁獲量を報告するようになっているが、さめ類を漁獲しても正確に記入されていない場合があり、種別投棄量も含め実態を把握することが困難である。まぐろはえ縄漁船で漁獲されるさめ類の種類、あるいは投棄量を正確に推定するためには、オブザーバープログラム等の、漁業者に依存しない方法での資料収集の推進を含め、今後、資料収集方法の改善を検討していく必要がある。


アオザメの資源の現況(要約表)

北太平洋 北大西洋 南大西洋 インド洋
資源水準 調査中 調査中 調査中 調査中
資源動向 横ばい 横ばい 横ばい 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
調査中 3.1〜5.1千トン平均:3.7千トン 1.7〜3.0千トン平均:2.6千トン 調査中
我が国の漁獲量
(最近5年間)
910〜1,140トン
(水揚量)
平均:1,040トン
調査中 調査中 調査中
管理目標 検討中 検討中 検討中 検討中
資源の状態 検討中 B2007/BMSY:0.95-1.65 検討中 検討中
管理措置 モニタリング モニタリング モニタリング モニタリング
資源管理・評価機関 IATTC, WCPFC ICCAT ICCAT IOTC, CCSBT

執筆者

まぐろ・かつおグループ
混獲生物サブグループ
遠洋水産研究所 混獲生物研究室

松永 浩昌

遠洋水産研究所 熱帯性まぐろ研究室

仙波 靖子

まぐろ・かつおグループ
温帯性まぐろ資源部

中野 秀樹


参考文献

  1. Cailliet, G.M. and Bedford, D.W. 1983. The biology of three pelagic sharks from California waters, and their emerging fisheries: A review. Cal. COFI Rep., 24: 57-69.
  2. Compagno, L.J.V. 2001. FAO species catalog, Vol.4: Sharks of the world; Part 2 - Bullhead, mackerel and carpet sharks. Food and Agricultural Organization of the United Nations. Rome, Italy. 269pp.ICCAT. (Anon.) 2008. Report of the 2008 shark stock assessments meeting.
  3. 川崎 健・八百正和・安楽守哉・永沼 章・浅野政宏. 1962. 東北海区に分布する表層性魚食性魚類群集体の構造とその変動機構にについて. 第1報.東北区水産研究所報告, 22: 1-44.
  4. Matsunaga, H. 2008. Estimation of catches for blue shark and shortfin mako by the Japanese tuna longline fishery in the Atlantic Ocean, 1994-2006. SCRS/2008/150.
  5. 松永浩昌・余川浩太郎2009 ミナミマグロ漁場で漁獲される主要な外洋性サメ類3種のCPUEの経年変化の更新(1992−2007)CCSBT-ERS提出文書.
  6. 中野秀樹. 1996. 北太平洋における外洋性板鰓類の分布. 月刊海洋, 28: 407-415.
  7. Nakano, H. and Honma, M. 1997. Historical CPUE of pelagic sharks caught by Japanese longline fishery in the Atlantic Ocean. Col. Vol. Sci. Pap. ICCST, 46(4): 393-398. http://www.iccat.es/Documents/CVSP/CV046_1997/no_4/CV046040393.pdf (2005年11月24日)
  8. Natanson L.J., Kohler N.E., Ardizzone D., Cailliet G.M., Wintner S.P. and Mollet H.F 2006. Validated age and growth estimates for the shortfin mako, Isurus oxyrinchus, in the North Atlantic Ocean. Environmental Biology of Fishes. 77:367-383.
  9. Pratt, H.L.Jr. and Casey, J.G. 1983. Age and growth of the shortfin mako, Isurus oxyrinchus, using four methods. Can. J. Fish. Aquat. Sci., 40: 1944-1957.
  10. Stevens, J.D. 1983. Observation on reproduction in the shortfin mako Isurus oxyrinchus. Copeia, 1983: 126-130.
  11. 仙波靖子. 2003. 北太平洋のおけるアオザメの資源学的研究. 平成14年度東京大学大学院農学生命科学研究科修士論文. (ii)+29 pp. +9 tbls. + 33 figs.
  12. Semba Y, Nakano H, and Aoki I. (In press). Age and growth analysis of the shortfin mako, Isurus oxyrinchus, in the western and central North Pacific Ocean Environmental Biology of Fishes.
  13. Strasburg, D.W. 1958. Distribution, abundance, and habitats of pelagic sharks in the central Pacific Ocean. Fish. Bull. U.S. Fish. Wildlife Serv., 58:335-361.
  14. 水産庁 (編). 1993-1997. 平成4年度-平成8年度 日本周辺クロマグロ調査委託事業報告書. 水産庁, 東京.
  15. 水産庁 (編). 1998-2001. 平成9年度-平成12年度 日本周辺高度回遊性魚類資源対策調査委託事業報告書. (まぐろ類等漁獲実態調査結果). 水産庁, 東京.
  16. 水産総合研究センター (編). 2002-2009. 平成13年度-平成20年度 日本周辺高度回遊性魚類資源対策調査委託事業報告書. 水産総合研究センター, 横浜.
  17. 谷内 透. 1984. 漁業との関わり. In谷内 透・須山三千三(編),資源生物としてのサメ・エイ類. 恒星社厚生閣, 東京. 35-45 pp.