--- 要約版 ---

36 ジンベイザメ 日本周辺

Whale Shark

Rhincodon typus

                                                                                    PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図1S

ジンベイザメの分布 (Last and Stevens, 1994)



ジンベイザメ(日本周辺)資源の現況(要約表)

資源水準 調査中
資源動向 調査中
世界の漁獲量 調査中
我が国の漁獲量 年間数尾から数十尾程度の迷入?


管理・関係機関
絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約 (ワシントン条約、CITES)

最近一年間の動き
世界的に特に目立つ動きはなく、2008年の日本周辺での出現は最近の中では最も多い23個体が確認されている

生物学的特性
  • 寿命:調査中
  • 成熟開始年齢:調査中
  • 繁殖期・繁殖域:熱帯の外洋域?
  • 索餌場:熱帯・温帯域
  • 食性:プランクトン、小魚(イワシ、サバなど)
  • 捕食者:調査中

利用・用途
フカヒレ・肉は食用になるが、日本ではほとんど利用されない。まき網・竿釣りのさめ付き操業の指標となる。近年、幾つかの水族館で飼育・展示されるようになった。

漁業の特徴
我が国では本種を対象とした漁業はない。定置網による迷入は主に沖縄本島から九州、四国太平洋沿岸で起きているが、商業的価値はないので、普通、放流か廃棄され、ほとんど市場に水揚げされない。

漁業資源の動向
定置網による迷入は沖縄本島で1979〜1994年の16年間に78尾(年平均4.9尾)、季節は3〜9月で夏が多い。四国太平洋岸では1989〜1993年の5年間で25尾(年平均5尾)、6・7月が最も多い。日本周辺全体では毎年2〜23尾程度である。

資源状態
日本に本種を漁獲する漁業はなく、資源を定量的に分析できる資料はない。しかし、全国の定置網に偶発的な迷入の記録等があり、また、まき網漁業のさめ付き操業の回数は1990年代に増大し、1996年から1998年では毎年200回を越えている。双方の情報を考慮すると、日本周辺海域には毎年かなりの数が来遊してくると考えられる。

管理方策
過去の対象漁業による漁獲量と資源の減少、低い再生産率、そして将来の対象漁業と混獲による資源減少の可能性から、IUCN(国際自然保護連合)は本種を危急種に分類している。また、2002年のワシントン条約第12回締約国会議のインド、フィリピン共同の附属書U掲載案は可決された。

資源評価まとめ
  • 定量的に分析できる資料はない

資源管理方策まとめ
  • ワシントン条約附属書Uへの掲載