--- 要約版 ---

30 カツオ 中西部太平洋

Skipjack

Katsuwonus pelamis

                                                                                    PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図

太平洋におけるカツオ分布および漁業分布


図

中西部太平洋のカツオの成長パターン(Tanabe et al. 2003、嘉山ほか 2003より作成)


図

中西部太平洋カツオの主要漁法別漁獲量の経年変化(万トン)(SPC 2008)


図

解析に用いた海域区分と各海域での1990~2006年の漁法別累積カツオ漁獲量分布(Williams and Reid 2008)



カツオ(中西部太平洋)資源の現況(要約表)

資源水準 高位
資源動向 増加
世界の漁獲量
(2004〜2008年)
143〜170万トン
平均:158万トン
我が国の漁獲量
(2004〜2008年)
28〜36万トン
平均:32万トン


管理・関係機関
中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)

最近一年間の動き
2009年における日本近海のカツオ漁は全般的に低調であった。とりわけ漁獲量が大きい常磐・三陸沖においても近年にない低調振りであった。近海竿釣りによる千葉県以北の港への4月以降の水揚げ量は1.9万トン、2008年の約53%、同様な統計がある1975年以降最低であり、北部まき網による水揚げ量(生鮮)は1.6万トン、2008年の約45%、1984年以降最低であった。竿釣りの釣獲率(CPUE、1日1隻あたりカツオ漁獲量)については、6月はビンナガ主体の操業でビンナガは好調だったものの、ビンナガ操業終了後の7月〜9月のカツオのCPUEは、一時的に平年並みの値を示した時期もあったが、例年と比べ全般的に低調に推移した。漁獲物の魚体についても本年はこれまでに見られなかった特徴を示した。竿釣りによる体長組成は、7月には48cmモード群が主で、37cmモード群が副となる双峰型を示した。8月には、それら大型・小型群の割合が逆転し、51cmモード群は副となり、38cmモード群が主体となった。同様な統計がある1992年以降、30cm台後半にモードを持つ群が主体となったのは初めてであった。

生物学的特性
  • 寿命:6歳以上
  • 成熟開始年齢:1.5歳
  • 産卵場:表面水温24℃以上の海域
  • 索餌場:表面水温15℃以上の海域
  • 食性:動物プランクトン、魚類、甲殻類、頭足類
  • 捕食者:まぐろ・かじき類、さめ類、海鳥類など

利用・用途
刺身・たたきによる生食、缶詰や節原料

漁業の特徴
まき網漁業が中心で8割以上、竿釣り漁業が約1割、その他の漁業が1割弱を漁獲する。まき網漁業については日本・韓国・台湾・米国の遠洋漁業国が5~6割を占め、他はインドネシア、パプアニューギニア、フィリピンが多い。竿釣りについては、日本が5~7割を占める。日本周辺の中心的漁場の常磐・三陸沖漁場(漁獲量10万トン前後)でも1980年代後半からまき網操業が増加し、年により漁獲量の半分近くを占める。

漁業資源の動向
戦後、日本の竿釣り漁業等の漁場拡大により総漁獲量は徐々に増大し、1960年代後半には20万トン、1970年台後半には40万トンに達した。その後、さらに熱帯水域のまき網漁業の規模拡大で急増し、1990年代には100万トン前後が漁獲され、1998年からは120万トン前後で推移し、2007年には過去最高の170万トン(暫定値)に達した。このうち北緯20度以北の日本近海での漁獲量は1970年代以降、15〜20万トンで安定している。

資源状態
漁獲による死亡の割合は増加傾向にあるが、自然死亡に比べて低い値に留まっている。新規に資源に加わる加入量は大規模な海洋変動現象のEl Ni?o(エル・ニーニョ)現象に続いて多くなる傾向にあり、1980年代中期から高い水準が続いている。資源量の変動は加入量による部分が大きい。最近の資源量は長期的な平均値より高い水準にあると考えられる。現在の漁獲圧はMSYレベルより下で、過剰漁獲ではなく、資源量もMSYレベルより上で、乱獲状態ではないと考えられる。

管理方策
漁獲圧は資源が持つ生産力より小さいと考えられる。漁獲量は過去最高レベルとなっているが、加入がこれまでの長期的な平均を下回らなければ持続可能と考えられる。2008年12月のWCPFC年次会合で、メバチの保存管理措置として、2009年から3年間でメバチの漁獲を30%削減することが合意されたため、今後メバチの小型魚を混獲しているまき網の努力量も削減が見込まれている。

資源評価まとめ
  • 最新の資源評価は2008年のWCPFC科学委員会で実施
  • 漁獲圧はMSYレベルを下回り、過剰漁獲でない
  • 資源量はMSYレベルを上回り、乱獲状態でない

資源管理方策まとめ
  • 漁獲圧は資源の生産力より小さく、加入が長期的な平均を下回らなければ持続可能
  • メバチの保存管理措置として、2009年から3年間でメバチの漁獲を30%削減することが合意されたため、メバチの小型魚を混獲しているまき網の努力量も削減する。