--- 要約版 ---

24 メカジキ 南大西洋

Swordfish

Xiphias gladius

                                                                                    PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図5

本資源の分布域


図1

漁法別漁獲量の年推移(1950-2008) (ICCAT 2009b)


図2

国別漁獲量の年推移(1950-2008) (ICCAT 2009b)


図4

日本の大西洋でのメカジキ漁獲量(1950-2008) (ICCAT 2009b)


図7

プロダクションモデルのベースケースについて推定された相対的資源量( B/BMSY:赤線),及び相対的漁獲死亡率(F/FMSY:青線). (ICCAT 2009b)


図8

漁獲量を固定した場合(y軸)にB>BMSY, F<FMSYとなる確率を各年について示すコンター図。黄色い部分は50-75%の確率、緑の部分は75%以上の確率を示す。上の薄い線は75%、下の黒い線は90%のコンターを意味する。(ICCAT 2009b)



メカジキ(南大西洋)資源の現況(要約表)

資源水準 中位
資源動向 増加
世界の漁獲量
(最近5年間)
11,108〜15,621トン
平均:13,443トン
我が国の漁獲量
(最近5年間
480〜2,223トン
平均1,027トン


管理・関係機関
大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)

最近一年間の動き
2009年秋に開催されたメカジキ資源評価会議において、本資源の資源状態は良好な状態にあるという暫定的な結果が得られているが、委員会は本系群で大きな問題となっているデータ不足による高い不確実性を低減する十分な調査研究が実施されるまでは、本資源の年間漁獲量を前回推定されたMSY(15,000t)以下に抑えるよう勧告を出した。漁業データの不確実性が大きいため、今後も引き続き十分な調査・研究が必要である。管理方策としては、北大西洋系群と同様に、TAC(南大西洋では15,000トン)及び最小体長規制の遵守が引き続き行われる。

生物学的特性
  • 寿命:調査中
  • 成熟開始年齢:調査中
  • 産卵場:熱帯〜亜熱帯
  • 索餌場:アフリカ沿岸・ウルグアイ沖合水域
  • 食性:調査中
  • 捕食者:調査中

利用・用途
刺身、寿司、切り身(ステーキ)、煮付け

漁業の特徴
1980年代末までは、主に日本・台湾・韓国などにまぐろ類が主対象のはえ縄で混獲され、総漁獲重量は1万トン未満であった(図参照)。1989年から本種を主対象とする浅縄操業でスペインはえ縄船団が参入し、総漁獲量が急増して1995年には21,930トンとなった。その後、漁獲量は減少し2008年には11,108トンとなった。

漁業資源の動向
1990年代中旬以降の漁獲量の減少は漁獲規制の導入と、各国のはえ縄漁船の他水域への移動や主対象魚種の変更による。しかし、ブラジル等の一部沿岸国の漁獲量は増加している。1995年以降、日本のはえ縄漁船の主漁場は北大西洋に移り、努力量の減少で漁獲量も大幅に減少し、2005年は480トンと過去最低を記録しているが、翌2006年には1,746 t, 2007年には3,130 tと急増している。

資源状態
資源評価はICCATのSCRS(科学委員会)で、加盟国の研究者が共同で実施する。本資源を混獲する漁業(日本・台湾)と主対象とする漁業(スペイン・ブラジル)で、1990年代中旬よりCPUEのトレンドが大きく異なった。どちらが資源状態を正しく反映しているかについて判断する十分な資料が無い事から、各国の標準化したCPUEをそれぞれインプットデータとしたものをベースケースとして非平衡プロダクションモデル(ASPIC、ICCAT公認プログラム)で解析したところ、資源状態は良好で、近年のFはFMSYよりも低く、資源量はBMSYよりも上にある可能性が高いという暫定的な結果が得られた。プロダクションモデルに使用するデータの不確実性を考慮して、漁獲量の情報のみを用いるCatch only modelによる解析を行った結果、F2008/FMSY<1となる確率は77%、B2009/BMSY>1となる確率は82%となった。この推定値は非平衡プロダクションモデルの結果を支持しており、本資源は乱獲状態には無いと推測された。将来予測を実施した結果、漁獲量を15,000tにした場合80%の確率でB> BMSYとなり、17,000tにした場合は67%の確率でB> BMSYとなることがわかった

管理方策
資源評価結果には不明な点が多く、それを明らかにできる十分な調査・研究が行われない限り、漁獲量は推定されたMSY(約15,000トン)を超えるべきではないと考えられる。

資源評価まとめ
  • 資源評価はICCATのSCRS(科学委員会)で実施
  • ASPICにより資源評価した結果、信頼性は低いもののMSYは15,000トン程度と推定された
  • 資源水準は恐らく中位漸増

資源管理方策まとめ
  • 資源水準をMSYレベル以上に維持する
  • TACを推定されたMSYの約15,000トン以下に抑える
  • 小型個体(下顎叉長125cm/体重25kg未満)の水揚げ量を15%以下に抑えるか、下顎叉長119cm/体重15kg未満の個体の水揚げ量を0%にする