--- 要約版 ---

18 メバチ インド洋

Bigeye Tuna

Thunnus obesus

                                                        PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図4

インド洋のメバチの漁場


図

本資源の漁法別漁獲量(1950-2008)(IOTCデータベース:2009年10月)


図

本資源国別漁獲量(1950-2009)IOTCデータベース:2008年10月)


図10

日本はえ縄CPUE(ノミナルおよび1度、5度区画データで標準化されたCPUE)


図11s

インド洋メバチ資源評価結果のStock trajectory (神戸プロット)による表示
左:ASPM、右:SS3



メバチ(インド洋)資源の現況(要約表)

資源水準 中位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
10.7〜13.8万トン
平均:12.2万トン
我が国の漁獲量
(最近5年間)
1.1〜1.9万トン
平均:1.5万トン


管理・関係機関
インド洋まぐろ類委員会(IOTC)

最近一年間の動き
総漁獲量は1999年のピーク(15.1万トン)から年々減少傾向にあるが、2008年は10.7万トンと1994年以降において最低レベルとなった。2009年の熱帯まぐろ作業部会における複数の資源評価モデルによる資源評価の結果、メバチ資源はほぼMSYに対応するレベルにあることがわかった。

生物学的特性
  • 寿命:10〜15歳
  • 成熟開始年齢:3歳
  • 産卵期・産卵場:周年・表面水温24℃以上の海域
  • 索餌期・索餌場:4〜9月に南半球温帯域に現れるほか、温帯域と熱帯域を複雑に回遊
  • 食性:魚類・甲殻類・頭足類
  • 捕食者:さめ類、海生哺乳類

利用・用途
刺身や缶詰原料

漁業の特徴
本種ははえ縄(2歳以上対象)とまき網(0〜1歳対象)で主に漁獲される。本資源のインド洋における漁獲は、1952年ジャワ島南部海域で日本はえ縄漁船により始まった。その後、台湾・韓国・インドネシアのはえ縄漁船がそれぞれ1954・1965・1973年から参入した。まき網による漁獲開始 (1984年)前は、大半の漁獲は2歳魚以上であったが、まき網による漁獲開始後、0〜1歳の漁獲尾数が急増し、最近年では総漁獲尾数の7割近くを0〜1歳が占める。以下は最近5年の漁獲量の特徴である。漁法別の総漁獲量は、はえ縄が約8割、まき網が約2割、また海域別ではFAO51海域(西インド洋)における漁獲量が7割以上、57海域(東インド洋)は3割未満となっている。

漁業資源の動向
はえ縄による漁獲量は、操業開始以来緩やかに増加し、1978年に5.1万トンに達した。その後は1992年までは、3.3万〜6.1万トンの間で増減したが、翌年から急増し、1997年には11.3万トン(ピーク)に達した。しかし、1998年からは減少傾向にあり、2008年には7.5万トンになり、1993年以降で最低レベルとなった。一方、まき網漁業は1984年より西部インド洋で本格的に始まり、漁獲量は徐々に増加し、1999年には4.1万トン(ピーク)に達したが、その後徐々に減少し2004年には2.3万トンとなった。2005年より再度増加し2008年には3.0万トンに回復した。まき網の主要漁業国はスペイン・フランスである。総漁獲量は、1986年までは6万トン未満であったが徐々に増加し、1993年に10万トン台、1999年に15万トン台(ピーク)に達した。その後、2000年から減少傾向が続き2008年に10.7万トンと1994年以降では最低レベルとなった。

資源状態
2009年の第11回熱帯まぐろ作業部会では、5種の手法により資源評価が行われた。3手法(SS3・ASPM・ASPIC)は日本が、2手法(PRODFIT・PROCEAN)はフランスが行った。その結果メバチの資源状況は、親魚産卵資源量・[F](漁獲死亡係数)共に、MSYに対応するレベルの近辺にあることが分かった。また、MSYは、11.0万トン前後と推定された(2008年の漁獲量は、10.7万トンで最近5年間の平均漁獲量は12.2万トン)。これらの結果より、本作業部会は今後漁獲量をMSYレベル(11万トン)を超えるべきでないという勧告を、科学委員会へ提案した。

管理方策
第11回熱帯まぐろ作業部会(2009年10月)の結果を受け、第12回科学委員会(2009年12月)はメバチの資源管理方策として、全漁業(はえ縄・まき網が大半)の漁獲量はMSYレベル(11万トン)を超えるべきでないという、熱帯まぐろ作業部会の勧告を採択した。2008年までの科学委員会で勧告されていた、FADsを利用したまき網漁業が資源に対し悪い影響を与えているかもしれなのでその努力量の削減するに関しては、基礎となるYPR解析がしばらく更新されていないので、今回の勧告には含まれなかった。また、唯一のTACとして2005年の第9回年次会合で採択された決議として台湾への割当3.5万トンがある。漁業管理方策として以下の項目が決議として採択されている。IUU漁業廃絶、混獲緩和、洋上転載オブザーバー乗船、VMS搭載義務、漁船数(24m以上)増加禁止、他国漁船の受入制限、はえ縄船トリポール使用(南緯30o以南)、漁船登録:IMO番号追加、まき網船ログブック最低情報収集の義務、漁獲努力量の凍結、24m以下の小型船へのポジティブリスト適用およびオブザーバープログラム(2009年7月より)。 

資源評価まとめ
  • MSY11.1万トン
  • 資源状況はほぼMSYに対応するレベル (SSB (spawning stock biomass) at MSY & TB(total biomass) at MSY)追加?

資源管理方策まとめ
(メバチ資源管理)
  • 漁獲量はMSYレベル(11.1万トン)以下
  • 台湾はえ縄漁獲割当(上限3.5万トン)
(漁業管理)
  • IUU漁業廃絶
  • 混獲緩和
  • 洋上転載オブザーバー乗船(2008年8月より)
  • VMS搭載義務(2007年7月より)
  • 漁船数(24m以上)増加禁止
  • 他国漁船の受入制限
  • はえ縄船トリポール使用(南緯30度以南)
  • 漁船登録:IMO番号追加
  • まき網船・はえ縄船ログブック最低情報収集の義務