--- 要約版 ---

17 メバチ 中西部太平洋

Bigeye Tuna

Thunnus obesus

                                                                                PIC

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図5

太平洋におけるメバチの分布


図8

中西部太平洋メバチの年齢と成長  矢印はほぼ全ての個体が成熟する体長(尾叉長120 cm)


図3

中西部太平洋におけるメバチの国別漁獲量年変化


図1

中西部太平洋におけるメバチの漁法別漁獲量年変化


図9

MULTIFAN-CLで推定された本資源の加入量  灰色:95%信頼限界


図10

MULTIFAN-CLによる本資源の推定総資源量(灰色)と親魚資源量(赤)


図11

MULTIFAN-CLによる本資源への各漁業のインパクト青がはえなわ、赤がまき網素群、黄が まき網付群れ、緑がフィリピン・インドネシアの漁業、灰色がその他を表す。



メバチ (中西部太平洋)資源の現況(要約表)

資源水準 中位
資源動向 減少
世界の漁獲量
(最近5年間)
13.9〜15.6万トン
平均:14.6万トン
我が国の漁獲量
(最近年間)
2.9〜3.7万トン
平均:3.4万トン


管理・関係機関
中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)

最近一年間の動き
中西部太平洋におけるメバチの漁獲量は徐々に増加してきたが、1997年以降10万トンを超えた2008年の太平洋における本種の漁獲量は例年並みの239,264トンであり、そのうち中西部太平洋(WCPFC条約水域)での漁獲は66%の157,865トンであった。

生物学的特性
  • 寿命:10〜15歳
  • 成熟開始年齢:3歳
  • 産卵期・産卵場:周年・表面水温24℃以上の海域
  • 索餌場:温帯域
  • 食性:魚類・甲殻類・頭足類
  • 捕食者:まぐろ・かじき類、さめ類、海産哺乳類

利用・用途
刺身や缶詰原料

漁業の特徴
本種の漁業はやや深い水深帯(100〜250 m)をねらうはえ縄と、表層付近をねらうまき網・竿釣りが主である。従来、はえ縄の漁獲が安定的に大半を占め、主に100 cm以上の中・大型魚を漁獲してきた。一方、表層では30〜100 cm未満の小型魚を漁獲する。1990年代からのFADsを用いたまき網操業で小型魚の漁獲が急増し、大きく資源にインパクトを与えている。はえ縄漁獲物の多くは我が国市場向けの刺身用だが、まき網漁獲物は缶詰原料となる。はえ縄漁業国は日本・台湾・韓国・中国等であり、主要なまき網漁業国は米国・台湾・フィリピン・日本などである。

漁業資源の動向
中西部太平洋におけるメバチの漁獲量は徐々に増加してきたが、1997年以降10万トンを超えた。2008年の太平洋における本種の漁獲量は239,264トンであり、そのうち中西部太平洋での漁獲は66%の157,865トンであり、2004年と並び過去最高の漁獲となっている。2008年のまき網による漁獲量は46,811トンとなっており、過去最大の漁獲量であった。近年、フィリピンとインドネシアがそれぞれおよそ1〜3万トン台へと漁獲量を増大させている。

資源状態
近年の漁獲死亡はMSYレベルを大きく上回ってきており、非常に高い確からしさでWCPOにおいてメバチメバチに対する漁獲死亡の過剰状態が生じつつあることを示している。 総資源量について言えば現在の総資源量はMSYレベルよりも依然として高い状態にあるものの、いくつかのモデルでは親魚資源量の状態はMSYを下回りつつあり、楽観できるものでは無い。親魚資源量も総資源量も2003〜2006年レベルの漁獲死亡レベルおよび長期の平均加入レベルのもとではMSYレベルを下回るようになると予想される。

管理方策
本種資源に関して、2008年12月に開催されたWCPFC年次会合において、2009年から3年間でメバチの漁獲を30%削減するため、以下の措置に合意した。なお、2009年12月に開催された年次会合において2010年の措置が決定され、2010年の年次会合で管理措置について全面的に見直すこととなった。
【まき網漁業】
  • 2009年:(a)集魚装置を用いた操業の2カ月間禁止、又は、(b)メバチの漁獲量を2001年〜2004年の平均値から10%削減。
  • 2010年:(a)集魚装置を用いた操業の3カ月間禁止、(b)ポケット公海禁漁、(c)100%オブザーバー乗船
【はえ縄漁業】
  • 2009年から、メバチの漁獲量を2001年〜2004年の平均値(注)から毎年10%削減(3年間で30%の削減)
  • 2010年:メバチの漁獲量を2001年〜2004年の平均値から20%削減
(注):米国、中国及びインドネシアは、2004年の漁獲量を使用。

資源評価まとめ
  • WCPFCからの委託により、SPC(南太平洋委員会)のOFP(Oceanic Fisheries Programme)が実施
  • 統合モデルであるMULTIFAN-CLにより評価
  • 資源水準は中位で横ばい