--- 要約版 ---

10 ビンナガ 北大西洋

Albacore

Thunnus alalunga

                                                        PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図

北大西洋ビンナガの年齢と尾叉長(cm)の関係(Bard 1981より)


図

北大西洋のビンナガの分布と主な漁場


図

北大西洋ビンナガの漁法別漁獲量


図

北大西洋ビンナガのMSYを基準とした相対親魚資源量(SSB/SSBMSY)および相対漁獲係数(F/FMSY) (ICCAT 2009 SCRS Reportより)(上図)
資源状態を表すSSB/SSBMSYとF/FMSYとの間の位置関係(1930〜2007年) (ICCAT 2009 SCRS Reportより)(下図)


図

Multifan-CLモデルから得られた北大西洋ビンナガの1930〜2007年の加入量および親魚資源量(ICCAT 2009 SCRS Reportより)



ビンナガ(北大西洋)の資源の現況(要約表)

資源水準 低位
資源動向 増加
世界の漁獲量
(最近5年間)
2.1〜3.7万トン
平均2.8万トン
我が国の漁獲量
(最近5年間)
288〜1,336トン
平均747トン


管理・関係機関
大西洋まぐろ類保存国際委員会 (ICCAT)

最近一年間の動き
2009年7月にICCAT調査統計委員会(SCRS)は大西洋ビンナガの資源評価会合を行った。その結果北大西洋ビンナガについては前回資源評価よりも悲観的となり、TACを削減するよう勧告がなされた。12月の年次会合では、それを受けてTACを28,000トンに削減することを決定した。

生物学的特性
  • 寿命:10歳以上
  • 成熟開始年齢:5歳頃
  • 産卵場:西部では北緯25〜30度で、中部から東部では北緯10〜20度
  • 索餌場:温帯域
  • 食性:魚類、甲殻類、頭足類
  • 捕食者:まぐろ・かじき類、さめ類、海産哺乳類

利用・用途
刺身や缶詰原料

漁業の特徴
北大西洋のビンナガは、ビスケー湾周辺の海域でスペインのひき縄及び竿釣りで、またアゾレス海域でスペイン及びポルトガルの竿釣りで古くから漁獲されてきた。1980年代後半から、新しい漁業として、流し網や中層トロールによっても漁獲されるようになった。はえ縄による漁獲の総漁獲量に占める割合はあまり大きくなく、台湾が主に漁獲している。

漁業資源の動向
本資源の年間総漁獲量は1960年代中頃(約6万トン)がピークで、徐々に減少した。その原因は主にひき縄、竿釣り及びはえ縄などの伝統的な漁法の努力量の減少である。総漁獲量は1999から2002年にかけてかなり減少し2.3万トンまで減少した。その後、表層漁業による漁獲量が増加して、総漁獲量は2006年に3.7万トンにまで回復した。しかし、2007年には表層漁業およびはえ縄漁業の両方の漁獲量が大きく減少し、2007年が2.2万トン、2008年が2.1万トンと1950年以降最低を記録した。

資源状態
2009年に実施された最新の資源評価では、親魚資源量は1960年代以降MSYレベルを下回っており、現状ではMSYレベルのおよそ68%であった。漁獲圧は近年MSYレベルを上回っており、現状ではMSYレベルの105%であった。将来の漁獲量を一定とした将来予測を行ったところ、28,000トンを超える漁獲を続けると資源は回復しないと推定された。

管理方策
1999年から漁獲能力を抑えるために、入漁隻数を制限しているほか、TACも設定されており、2009年の決議では2010年および2011年の漁獲に対するTACは28,000トンとされた。また日本については、ビンナガを目的とした操業を行なっていないので、漁獲量が大西洋全体におけるはえ縄によるメバチの漁獲量の4%以下になるよう努力するという規制が課せられている。

資源評価まとめ
  • 2007年の親魚資源量はMSYを与えるレベルを32%下回っていた。
  • 2007年の漁獲係数MSYを与えるレベルを5%上回っていた。

資源管理方策まとめ
  • 2010〜2011年のTACを28,000トンとし、国別クオータを設定。
  • 漁獲能力(隻数)の制限。
  • 日本にはビンナガの漁獲量を大西洋全体のはえ縄によるメバチ漁獲量の4%以下とする努力義務。