--- 要約版 ---

04 クロマグロ 太平洋

Pacific Bluefin Tuna

Thunnus orientalis

                                                        PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図

日本周辺における主な漁場分布


図

太平洋クロマグロの分布と回遊


図

太平洋クロマグロの体長・体重と年齢との関係


図

日本の漁法別漁獲量の推移 (1952-2008)


図

国別漁獲量の推移 (1952-2008)


図8

図8. 2008年の資源評価で推定された太平洋クロマグロの産卵親魚量 (上図)、および加入量 (下図) の推定値の中央値と90%信頼区間



クロマグロ(太平洋)の資源の現況(要約表)

資源水準 中位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
約20,000〜27,000トン
平均:約24,000トン
我が国の漁獲量
(最近5年間)
約12,000〜20,000トン
平均:約15,000トン


管理・関係機関
中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC), 北太平洋におけるまぐろ類及びまぐろ類似種に関する国際科学委員会(ISC), 全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC),

最近一年間の動き
2008年の総漁獲量 (暫定値) は2.5万トンで、2003〜2007年の平均漁獲量2.3万トンを約8%上回った。特に2008年は、日本と韓国の漁獲量がそれ以前の5年平均の3割増しとなった一方、台湾と東部太平洋における漁獲が3〜5割減少した。資源評価はISCが行っており、2009年7月に最新の推定結果がISC本会議で示された。この資源評価から、2006年の親魚資源量は歴史的に見られた親魚資源量よりも若干高いものの、現状以上に漁獲圧が増加すれば将来は資源が減少する可能性が高いことが示された。特に、若齢魚の漁獲圧が近年増加しているので、2009年9月のWCPFC北小委員会では、沿岸の零細漁業(ひき縄等)を除き、クロマグロを漁獲する努力量を2002〜2004年水準に維持し、その際、0〜3歳の若齢魚の漁獲努力量を2002-2004年水準に減少させることを考慮することを勧告し、12月のWCPFC本委員会で採択された。

生物学的特性
  • 寿命:20歳以上
  • 成熟開始年齢: 3歳
  • 産卵期・産卵場:日本南方〜フィリピン沖で4〜7月、日本海で7〜8月
  • 索餌場:温帯域
  • 食性:魚類、甲殻類、頭足類、他
  • 捕食者:まぐろ類、シャチ、さめ類

利用・用途
刺身・すしなど

漁業の特徴
本種の漁獲は過半がまき網漁業によるが、その他の様々な漁法でも、台湾東沖から日本沿岸域および三陸沖で漁獲されている。沿岸では、ひき縄や定置網漁業により周年にわたって主に未成魚が、沖合では、まき網漁業により夏季から秋季に未成魚や成魚が、春季の台湾東沖から奄美諸島周辺域にかけては、はえ縄漁業により大型の成魚が漁獲されている。1990年以降には東シナ海から日本海南西部において未成魚の漁獲が増えている。東部太平洋では5〜10月に主にメキシコがまき網により漁獲しており、そのほとんどがメキシコでの蓄養原魚となっている。日本では0歳魚を原魚に用いた蓄養 (養殖)が行われている。

漁業資源の動向
年間総漁獲量は9千〜4万トンの間を周期的に変動している。近年では1981年に3万5千トンを記録した後、1988年に9千トンまで落ち込んだ。1990年代以降は2万トン前後で安定している。2004〜2008年の漁獲量は、西部太平洋で1万4千〜2万3千トン、東部太平洋で4千〜1万トンと推定されている。

資源状態
2008年5月のISCクロマグロ作業部会で資源評価を行い、さらに2009年7月には確度がより高い自然死亡係数で資源評価を再計算した。これらの結果、2006年の親魚資源量は、1952〜2005年の親魚資源量に対して中間的な水準であると推定された。しかし、現在の漁獲強度は、資源が安定的に存続できる限界の漁獲圧に非常に近い水準であることも示された。

管理方策
MSYを達成するための目標管理基準値が、確度の低い生物パラメータに大きく依存することが示された。これより、MSYを目標とした目標管理基準値の設定は本資源において困難であり、別の管理基準値を用いた管理方策を検討することが求められている。特に若齢魚の近年の漁獲圧が増加していることを懸念して、2009年9月に行われたWCPFCの北小委員会は、沿岸の零細漁業 (ひき縄等) を除き、クロマグロを漁獲する努力量を2002〜2004年水準に維持し、その際、0〜3歳の若齢魚の漁獲努力量を2002-2004年水準に減少させることを考慮するように勧告し、12月に行われたWCPFC本委員会で採択された。

資源評価まとめ
  • ISCが資源評価を実施
  • 資源評価は統合モデル (Stock Synthesis) にて行われた
  • 現在の資源状態は、1952〜2005年に推定された資源量の中間的なレベル
  • 現状よりも漁獲圧が上昇すれば、将来、高い確率で資源水準が低下する

資源管理方策まとめ
  • 2009年9月のWCPFC北委員会は、沿岸の零細漁業(ひき縄等)と韓国EEZ内の漁業を除き、クロマグロを漁獲する努力量を2002-2004年水準に維持し、その際、0〜3歳の若齢魚の漁獲努力量を2002-2004年水準に減少させるように考慮することを12月のWCPFC本委員会に勧告した
  • 12月に開催されたWCPFC年次会合では、上記の勧告が原案どおり採択された。