--- 要約版 ---

67 アメリカオオアカイカ 東部太平洋

Jumbo Flying Squid

Dosidicus gigas

                                                                             PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図

中・大型アメリカオオアカイカの成長(増田ほか1998)


図

アメリカオオアカイカの分布図


図

アメリカオオアカイカ国別漁獲量(データFAO:2008)


図

漁場分布(赤丸囲み)と7〜12月における表面流と20℃等温線の深度。湧昇流付近に漁場が形成される


図

最近のアメリカオオアカイカ分布拡大(黄色い楕円は漁場)と海岸への大量打ち上げ の様子(Booth, Nolan & Gilly, (2006)を改変) 写真(上):アラスカ沖の海氷域に出現した本種. 写真(中,下):それぞれ米国およびチリの海岸に大量に打ち上げられた本種.


図

我が国のアメリカオオアカイカ漁獲量(左)とCPUEの変遷とエルニーニョ・ ラニーニャ現象の相対的規模(右)



アメリカオオアカイカ(東部太平洋)の資源の現況(要約表)

資源水準 高位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
22.7〜79.5万トン
平均:51.2万トン
我が国の漁獲量
(最近5年間)
2.7〜7.2万トン
平均:4.8万トン


管理・関係機関
ペルー政府

最近一年間の動き
FAO漁獲統計では、2006年の本資源の漁獲量は、ペルー・チリの漁獲がそれぞれ43万トンと26万トンであったため、83万トンと前年と並で、いか・たこ類の中で世界一を維持した。

生物学的特性
  • 寿命:1歳(中型)
  • 成熟開始年齢:約4〜5ヶ月(中型)
  • 産卵期・産卵場:周年、カリフォルニア〜チリ沖の湧昇域
  • 索餌期・索餌場:周年、カリフォルニア〜チリ沖の湧昇域
  • 食性:プランクトン、魚類、いか類(共食い)
  • 捕食者:キハダマグロ、いるか類、マッコウクジラ等

利用・用途
味噌漬・モロミ漬け、塩辛、さきいか、くんせい、天ぷら・フライ

漁業の特徴
我が国は、1989年頃からメキシコ200海里内で釣り操業を開始した。その後、ペルー200海里内で高密群が発見され、1990年から漁船40隻余りが同海域に出漁し、各年4〜8万トンを漁獲した。しかし、1996年からペルー海域は不漁となり、コスタリカ沖で新漁場が発見された。1999年にはペルー海域及びコスタリカ沖で操業が再開された。2002年以降、我が国は前者の海域でのみ操業している。

漁業資源の動向
漁獲量は1992年に約11万トンに急増し、1998年を除いて2003年までは14〜40万トンを維持し、2004〜2006年には80万トン前後に急増し、いか・たこ類で世界一になった。海域別に見ると、ペルー海域(チリ沖も含む)では2002〜2006年に我が国、韓国、中国、チリ及びペルーが計30〜70万トンを漁獲し、カリフォルニア湾では1996・1997年および2002〜2004年にメキシコが約10万トンを漁獲した。2000・2001年は我が国がペルー海域、コスタリカ沖で年間約7〜8万トンを漁獲した。その後は、3〜6万トン程度となっている。

資源状態
ペルー海域では1991〜1995年は好漁であったが、1996年から漁獲量・CPUEが減少した。前者の漁期は、エルニーニョ傾向で、後者の漁期はラニーニャ傾向であった。さらに、1994年には総漁獲量が20万トンに達したことから、1996漁期の不漁の原因として、海況(ラニーニャ現象)と乱獲の両方の可能性が考えられた。1997/1998年には大規模エルニーニョが発生したが、好漁にはならず、引き続き不漁であった。2000年以降は好漁に転じた。なお、ペルー政府は2008年の資源量を音響調査により400万トンと非常に大きく見積もっている。

管理方策
ペルー政府によるSchaeferモデル解析によると、2008年のTACは30万トンである。本種は漁況のみならず、商品価値の高い中型の出現が不安定なため、漁況及びサイズ組成の予測手法の確立が重要な課題である。

資源評価まとめ
  • SchaeferモデルによるMSYに基づいて資源評価
  • 資源の年変動が大きく、最近年は増大傾向

資源管理方策まとめ
  • 2008年のペルーEEZ内における外国へのTACは30万トン