--- 要約版 ---

52 イワシクジラ 北西太平洋

Sei Whale

Balaenoptera borealis

                                                   PIC
                                                   浮上直後のイワシクジラ

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図

北太平洋におけるイワシクジラの漁獲量の推移(1910〜2006)


図

イワシクジラの分布域(青)


表

調査捕鯨でのイワシクジラ捕獲頭数(2002〜2006)



イワシクジラ(北西太平洋)資源の現況(要約表)

資源水準 おそらく中位
資源動向 増加
世界の漁獲量
(最近5年間)
-
我が国の漁獲量
(最近5年間)
調査捕獲により累積で389頭


管理・関係機関
国際捕鯨委員会(IWC)

最近一年間の動き
引き続き本系統の詳細解析を進めるための国際捕鯨委員会(IWC)科学委員会の会期間検討グループの活動が継続している。

生物学的特性
  • 寿命:60歳(最高年齢)
  • 成熟開始年齢:10歳(1925年)から7歳(1960年)
  • 繁殖期・繁殖場:11月、亜熱帯・温帯の外洋海域
  • 索餌期・索餌場:
  • 食性:魚類(カタクチイワシ、マイワシ、キュウリエソ、サンマ、マサバ、 ハダカイワシ類など)、イカ類(スルメイカ、テカギイカなど)、 動物プランクトン(オキアミ、カイアシ類)
  • 捕食者:シャチ

利用・用途
刺身、鯨油など

漁業の特徴
本種の捕獲は、1890年代末に基地式の近代捕鯨によって開始された。その後、1940年には母船式捕鯨が開始され本種も捕獲された。日本では1911年から捕鯨統計が整備されたが、イワシクジラとニタリクジラが分類されず、それが公式に判別されるようになった1954年までは統計上全てイワシクジラとして記録された。北太平洋では日本の他に、旧ソ連、米国並びにカナダが本種の捕獲を行った。

漁業資源の動向
1910年代から年間500頭の捕獲が1955年までほぼ一定して継続したが、1967年から捕獲が急激に伸び、1968年には4,000頭を越える捕獲(日本のみ)をあげた。1968年以後「北太平洋捕鯨規則」によって捕獲割当量が定められるようになり、1970年からIWCの条約付表に北太平洋産鯨類の捕獲枠が明示されるようになった。その後IWCの規制が厳しくなり、1976年から北太平洋全域で捕獲が禁止されている。商業捕鯨以外では国際捕鯨条約第8条に基づく北太平洋鯨類捕獲調査により2002年〜2004年は年50頭、2005年以降は年100頭を最大に捕獲されている。

資源状態
1975年のIWC資源評価では、初期資源量42,000頭で1975年時点の資源量9,000頭であるとされ、当時の管理方式ではMSYL(23,000頭)の40%のため保護資源と分類された。それにより、1976年度から北太平洋全域で本種の捕獲が禁止され現在に至っている。日本の目視調査の結果では1980年代始めから1990年代中頃にかけて北西太平洋海域で増加傾向が見られ、資源が回復しつつあるものと思われる。

管理方策
IWCでは資源状態にかかわらずすべての商業捕獲が休止状態にある。我が国は2002年から捕獲調査を実施する一方、本種を対象とした目視調査を実施しつつあり、それらを用いて資源解析を行う必要がある。2006年のIWCでは、本系統の資源解析を将来の優先課題とすることで合意され、2007年の年次会議で会期間検討グループが結成された。

資源評価まとめ
目視調査の結果から1980年代始めから1990年代中頃にかけて増加傾向が見られ、 資源が回復しつつある。

資源管理方策まとめ
商業捕獲が休止状態。2002年から食性解明を目的とした捕獲調査を実施中。 引き続き、目視調査によって資源の動向を把握する。