--- 詳細版 ---

22 メカジキ インド洋

Swordfish

Xiphias gladius

                                                PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [要約版html] [戻る]
図

図1. インド洋メカジキ国別漁獲量 (1950-2007) (IOTCデータベース:2008年10月)


図

図2. インド洋メカジキ漁法別漁獲量 (1950-2007) (IOTCデータベース:2008年10月)


図

図3. インド洋メカジキ海域別漁獲量(1950-2007)。東インド洋(FAO51海域)および 西インド洋(FAO57海域)(IOTCデータベース:2008年10月)


図

図4. 本資源の分布(左)と産卵・索餌域(右)(IFREMER 2006 改変)


図

図5. はえ縄による漁獲の平年分布(1989〜1993年) (Fontenau 2004)


図

図6. 台湾CPUE標準化のtargeting補正に2種の異質な変数 [SWO組成(1980-1994)+1鉢あたりの針数(1995-)]を使った場合と、日本の標準化CPUE[1鉢あたりの針数のみを使用]した場合における両CPUE傾向の比較。過去の標準化と同様、最近年における両者の傾向は著しく異なっている。この現象はキハダ、メバチの標準化CPUEでも見られる。


図

図7. (上図)1980-2006。 (下図)1992-2000。 台湾CPUE標準化で、一鉢当たりの針数情報のある1995-2006年(但し,2004年は除く)を使用しtargeting の補正をした場合の傾向(T:case3)と日本CPUE (J:case1, およびcase3)傾向の比較(同様に針数を使用)。図6 に比べ両者の傾向が似たようなものとなった。しかし台湾CPUEには2つのパルスがあり今後さらに精査する必要がある。


図

図8. ASPICによる資源評価で推定されたF(MSY)とFの傾向


図

図9. ASPICによる資源評価で推定されたK(環境収容力)、Biomass(資源量)およびB(MSY)の傾向


最近一年間の動き

第11回年次会合(2007)で、メカジキ対象の操業船に関し、2008-2010の3年間加盟国及び協力的非加盟国は、毎年の実操業隻数を2007年レベルで制限するといった、決議案が採択された。総漁獲量は、2006年は2.8万トン、2007年は2.8万トンで変化がなかった。日本の漁獲量は、2006年は1,800トン、2007年は 2,400トンで600トン急増した。1999年から2006年までは1,000トン台であったが、9年振りに2,000トン台となった。


利用・用途

寿司、刺身に利用されるほか、切り身はステーキや煮付けとして消費される。


漁業の概要

メカジキは、日本及び台湾のまぐろ類を対象としたはえ縄漁業の混獲として1950年代より漁獲されはじめた。その後40年間インド洋における漁獲量は沿岸国によるまぐろ漁業や公海域におけるはえ縄漁業の努力量が増すにつれ徐々に増加し1991年には8,000トンに達した。翌年1991年には、総漁獲量は2倍の1.4万と急増した。その後、総漁獲量は、急増を続け1998年に3.5万トンに達しピークとなった。これらの急増は、主に台湾のはえ縄の漁獲量増加による。翌年(1999年)から総漁獲量は減少し、2001年には2.8万トンまで落ち込んだ。2002年より、総漁獲量は再度増加し2005年は3.2万トンと2番目に高い漁獲量を記録した。その後再度、減少し2007年には2.7万トンまで落ち込んだ。我が国の漁獲は全てまぐろ類が対象のはえ縄操業の混獲で、近年は漁場が高緯度域に広がり、1980年以降の漁獲量は1-2千トンであった。1999年から2006年までは1,000トン台であったが、2007年は9年振りに2,000トン台となった。(図1-2、附表1-2)。

台湾は長年メカジキの最大漁獲国で、漁獲量が急増した1990年代において1997年までは総漁獲量の53〜64%を占めていた。しかし、それ以降1998-2003年には40%台、2004年30%台、2005年20%台と急速に落ち込んだ。これは、スペイン・インドネシアの漁獲量が増加したためである。台湾のはえ縄は、特に南西インド洋や赤道辺りの西インド洋で操業を行なっており、夜間に浅縄を使いメカジキを漁獲している。台湾漁船による漁獲は、その多くが欧州向けに、一部は日本に輸出されているが、自国内での消費はほとんど無い。

1990年代に入りスペイン、インドネシア、レ・ユニオン、セーシェルなどがメカジキを対象にし モノフィラメントの漁具と夜光棒(night stick)を使った夜間のはえ縄漁業を展開した。この漁具は日本や台湾の伝統的なはえ縄よりはるかに高い漁獲高を達成した。その結果 それらの国々におけるメカジキ漁業は急激に広がり1997-2005年における漁獲量は、年間3,600-9,400トンに達した。しかし、最近年は、南西インド洋漁場における釣獲率の低下と魚価安により思うような実績を上げられないでいる。また、便宜置籍船(はえ縄)による漁獲も、近年減少傾向にあるが、依然として無視できない量である。そのほか、1990年代に入ってスリランカ(刺網)による漁獲量も増加してきている。2007年において漁獲量の多い国(1,000トン以上の国)は、台湾、スペイン、日本、スリランカ、インドネシア、フランス(レ・ユニオン)の順となっている(図1、附表1)。

日本の漁獲量は、1955〜1997年の43年間において500〜2,800トンの間で変動しながら増加した(1997年がピーク)。しかし、1999年以降はまぐろ漁場がメカジキの少ない高緯度に移ったため、1千トンレベルまで減少した。しかし、2007年には9年振りに2,000トン台となった。現在インド洋のメカジキは20ヵ国近くの国々により漁獲されている。

1990年代に急増したメカジキ漁獲量の6〜7割はインド洋西部で漁獲されていたが、最近年東インド洋で増加傾向にある(図3)


生物学的特徴

【分布と回遊】

インド洋のメカジキは、南緯45度から北緯30度までの温帯・熱帯のほぼ全域にわたって生息している。マダガスカル周辺水域、ソマリア沖、オーストラリア南西部、インドネシア沖で良好な漁獲が認められている事から、これらの水域が分布の中心と考えられている(図4)。

漁業や調査情報によればソマリア沖とインドネシア沖で春にまとまった数の成熟個体が発見されてきているので、この2水域内に産卵場が有るのではないかと考えられている(図4)。

分布域の西端は、現在IOTCとICCATの境界線である東経20度に設定されているが、漁獲量の分布を見ると東経10度付近まで切れ目が無いこと(図5)、南アフリカ沿岸の暖水塊はインド洋側から東経15度近くまで張り出している事から、実際の資源の境界線はもっと西側に有るのではないかと指摘されている。

1990年代に南西インド洋でメカジキを対象としたはえ縄漁業が新たに起こったことによりはえ縄漁獲量が急激に増加した。これに伴う資源量指数の減少が、西部インド洋水域だけで発生しているので、メカジキ資源がインド洋の東西である程度分離している可能性も指摘されている。しかしながら、DNA解析からは、系群構造の明らかな結論が得られなかった(Nishida et al. 2006)。

メカジキは広範囲において日周鉛直移動することがよく知られている。夜に表層から日中は水深1,000mまで、深い散乱層と好きな餌である頭足動物の鉛直移動に追従した行動をとる。また、メカジキはまぐろ類とは異なり群れをつくる習性は無いが、潮境や海山の辺りで集まる傾向がある。メカジキの餌生物は主にイカ類である。


【成長と成熟】

インド洋メカジキに関する具体的な生物学的特長(年齢、成長、産卵など)の知見はほとんど得られていない。以下は、メカジキの一般的な生物学的知見及びそれに関連するインド洋における断片的知見である。メカジキは当歳魚の間に急速に成長し90cm(15 kg)まで達するが、成熟するまでは時間がかかる。寿命は長く30年以上生きる場合もある。メカジキは、高齢で雌雄二形(性的サイズ二型)が見られ、雌は雄より大きく、早く成長し、遅く成熟する。南西インド洋メカジキ(50%成熟率)の場合、雌は6〜7歳で170cm、雄は1〜3歳で120cmという知見が得られている。メカジキは繁殖率が高く、一回の産卵で何百万もの卵を産卵する。インド洋においては、推定によると赤道付近の海域で3日に一度7ヶ月間継続して産卵しているものと見られている。


メカジキ資源評価

(1980-2006年のデータ使用)

インド洋メカジキの系群構造を一つとして資源解析が実施されてきている。資源状態は、2008年第6回カジキ作業部会で行われたメカジキ資源評価の結果に基づく。

1)CPUE標準化

第6回かじき作業部会では、資源評価に使用されるCPUE標準化ペーパーが日本と台湾から提出された。日本と台湾で推定された標準化CPUE(1000針あたり尾数以後CPUE)の年経年変化に関し、最近年(2000年代)のトレンドが相違しており、長年問題となっている。この不一致は、メカジキのみならずメバチ、キハダにおいても見られ、いずれの場合においてもその原因は台湾が targeting の補正を 「魚種組成(1994年以前)」と「1鉢あたりの針数(1995年以降)」といった2種の異質な変数を使用しているためであると考えられている。

GLMなどによるCPUE標準化において、Targetingの補正は、通常一鉢当たりの針数を用いて行うが、その情報がない場合、 魚種組成比(漁獲量におけるメカジキあるいはメバチ・キハダ漁獲量の比率)が用いられている。後者の方法はバイアスが大きいことが指摘されている。そのため、今回、台湾は今までのやり方(上記2種のTargeting 補正変数の組み合わせ)(全期間:1980-2006)によるCPUE標準化、および針数データのある一部期間のみ(1995-2006)におけるCPUE標準化といった2種類を準備した。そして、日本の標準化CPUE(1980-2006:全て一鉢当たりの針数でtargetingを補正)と比較した。

その結果、1980-2006年の年トレンドは以前と同様、最近年のCPUEに関して、日本は緩やかな減少傾向、台湾は微増傾向といった異なる結果が得られた。一方、両国ともに針数を使った場合には、台湾の1995-2006におけるCPUEの傾向は、日本と同様な減少傾向が見られた。しかしながら、台湾CPUEには、1997年と2002年に2つの大きなパルスあり、今後さらに精査する必要がある。以上より、資源評価では、日本のCPUE(1980-2006)と台湾(1995-2006)を用いて行うことになった(図6, 図7)。

なお、CPUE標準化モデルの説明変数に関して、台湾は、Hinton and Maunder (2003) のsuggestion に従い、年の交互作用に関し"年・海域 (YR*AREA)"以外はGLMで使用していない。これを台湾(王)タイプと呼ぶ。この影響がどのように資源評価の結果に影響を及ぼすかを吟味するため、日本のCPUE標準化モデルでは、台湾(王)タイプのほか、日本(仙波)タイプ(年との交互作用をできるだけ多く含むGLM。ただし、Y*Qは除く)による標準化も実施した。

2) 資源評価

2008年第6回かじき作業部会では、以下3種モデルによる資源評価が実施された。日本(ASPIC: Fox プロダクションモデル)、台湾(Wang・Puntメカジキ動態モデル;性比・年齢組成を考慮した動態モデル)、豪州(Spatialプロダクションモデル:個体群の空間構造を考慮したぺラトムリン型プロダクションモデル)。

主に日本・台湾CPUEを用い資源評価を行い以下の結果が得られた。ASPICでは漁獲量パタンを考慮し3種解析期間(1952-2006、1980-2006 および1992-2006)、3種CPUE(日本2種:王・仙波タイプ、台湾1種:王タイプ)を組み合わせ9種のシナリオにおいて資源評価を行った。その結果、日本のCPUE(仙波タイプ)による1980-2006年のデータを使ったASPIC(Nishida and Semba, 2008)におけるシナリオで最も現実的な結果が得られた。

結局、今回も台湾CPUEを含むシナリオは選択されなかった。しかし、今回は、すべてのシナリオで収束し、しかも推定値は多くの場合現実的なものになった。以前は、メカジキのみならずキハダ、メバチの場合も、台湾CPUEを含むシナリオは殆ど収束しなかった。以上を考察すると、今回のtargeting に一鉢あたりの針数のみを使った台湾CPUE(1995-2006) は、以前に比べるとより改善されたものになったと示唆された。

Wang・Puntメカジキ動態モデルでは、性比情報が不足する場合、結果に著しくバイアスが生ずる問題点が指摘された。また、Spatial プロダクションモデルは、今回、暫定的にCPUE標準化で使用された4海域を用い、メカジキのdiffusion (移入移出率)を種々に変化させたシナリオを設定してテスト的に解析を実施した。この方法では、メカジキの空間的生態特性が反映され、さらに地域的に減少が見られる場合(インド洋では南西インド洋)それが反映されるので、今後の有効な資源評価手法として開発を推進することが勧告された。今後は、メカジキの実際の生態を反映した海区分け、さらにその海区間における現実的なdiffusion rate を吟味したう上で、本手法を利用することが勧告された。

3) 資源評価結果

資源評価(2006年までのデータ使用)では、日本が行ったASPIC解析が採択された。ASPIC解析の結果、MSYは3.1万トン(2006年漁獲量は2.7万トンまた最近5年間の平均漁獲量は3.2万トン)、F(2006)/F(MSY)=0.67 (図8) B(2006)/B(MSY)=1.31 (図9)となった。したがって、最近年の資況は良好なことが示唆された。

しかし、これは、1996年から2004年まで9年間もMSY(3.1万トン以上)を超える高いレベルでの漁獲量が継続したことが影響してか、2005-2006にメカジキの漁獲量がそれぞれ3.0 万・2.7万ト急減したからと見られる。ちなみに、最近のメカジキ漁獲量減少傾向は、現場で操業する日本はえ縄漁業者の声と一致している。

以上より、インド洋メカジキの資源状況は、満限レベル(MSYレベル)に近い状況にあるとみられる。しかし、2005-2006にみられたようなMSYレベル以下の漁獲量が継続すれば、資源回復が期待されることもあわせて示唆された。

4) 資源管理方策

2008年の資源評価において、本種の最近年の漁獲量はMSYレベルといった結果が得られた。 これを受け2008年の科学委員会は、今後は漁獲量・漁獲努力量ともに2006年レベルを超えるべきでない、といった勧告を採択した。また、南西インド洋では最近高レベルの漁獲量があり資源状況が懸念されている。CPUEの空間的分布から判断して南西インド洋では地域的に相当資源が減少しているものと見られる。南西インド洋以外の海域におけるメカジキを狙った漁獲努力量の急増及びメバチを狙った漁業におけるメカジキ混獲の増大も懸念している。これら増加傾向は2000年以来継続している。これらを踏まえて、2008年の科学委員会は、さらに、南西インド洋でメカジキを対象としている漁業は、その漁獲努力量を現在のレベルより削減すべきである、といった勧告も併せて採択した。その他、2008年のIOTCの年次会合ではメカジキ対象の操業船に関し、2008-2010の3年間、加盟国及び協力的非加盟国は、毎年の実操業隻数を2007年レベルで制限する、といった決議を採択した。

5) 漁業管理方策

メカジキに関わらず共通する漁業管理方策に関しては、インド洋のメバチの稿(第18章)に詳細を記載した。以下は主な方策の項目をリストした。IUU漁業廃絶、混獲緩和、洋上転載オブザーバー乗船(2008年8月より)、VMS搭載義務(2007年7月より)、漁船数(24m以上)増加禁止、他国漁船の受入制限、はえ縄船トリポール使用(南緯30o以南)、漁船登録:IMO番号追加、まき網船ログブック最低情報収集の義務、漁獲努力量の凍結、24m以下の小型船へのポジティブリスト適用。


メカジキ(インド洋)の資源の現況(要約表)

資源水準* 中位
資源動向* 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
2.7〜3.6万トン
平均:3.2トン
我が国の漁獲量
(最近5年間)
1,100〜2,400トン
平均:1,600トン
管理目標 MSY 3.1万トン
資源の現状* 本種の資源状況は、現在MSYレベルにあるとみられる。最も多くの漁獲がある南西インド洋では、資源の局所的な減少が起こっている可能性があるので注意が必要である。
管理措置 (1) 漁獲量、漁獲努力量を現状より増加しない。(2) 南西インド洋で、漁獲努力量削減。(3) メカジキ対象操業船は2008-2010において実操業隻数を2007年レベルで制限。
資源管理・評価機関 IOTC
(*: 1980-2006の情報を用いた資源評価の結果に基づく)

執筆者

まぐろ・かつおグループ
熱帯性まぐろ類サブグループ
遠洋水産研究所 国際海洋資源研究員

西田 勤


遠洋水産研究所 熱帯性まぐろ研究室

仙波 靖子

参考文献

  1. Fonteneau, A. 2004. Non-titled working file for the 3rd session of the IOTC working party on billfish. Perth, Australia, November 10-12, 2003.
  2. IFREMER 2006. Report of the Indian Ocean Regional Workshop on Swordfish Structure, IFREMER Ile de la R?union, France. 44 pp.
  3. IOTC.2008a. Report of the 6th session of the IOTC working party on billfish. IOTC-2008-WPB-R[EN].
  4. IOTC. 2008b. Nominal catch 1950-2006, last updated on Oct., 2008.
  5. IOTC. 2008c. Report of the eleventh session of the Scientific Committee. IOTC-2008-SC-R[EN].
  6. Nishida, T., Shiba, Y., Suzuki, N., Nakadate, M., Ishikawa, S. and Chow, N. 2006. Consideration on sampling methods for tissue collection in the IFREMER swordfish stock structure study by the genetic analyses. Indian Ocean Regional Workshop on Swordfish Structure, IFREMER Ile de la R?union, France. 51pp.
  7. Semba, Y., Nishida, T. and Wang. S. P. (2008): Standardization of swordfish CPUE of the Japanese tuna longline fisheries in the Indian Ocean (1980- 2006 and 1992-2006). IOTC-WBP-2008-03, 15pp.
  8. Nishida, T., Matsuura, H. and Marsac, F. (2008): New environmental information (NCEP) applied for standardized swordfish CPUE of tuna longline fisheries (Japan and Taiwan) in the IOTC WPB6. IOTC-2008-WPB-11.
  9. Nishida, T. and Semba, Y. (2008): Preliminary stock assessment of swordfish (Xiphias gladius) in the Indian Ocean by A Stock-Production Model Incorporating Covariates (ASPIC). IOTC-2008-WPB-12.
  10. Nishida, T. (2008): Notes on the standardized swordfish CPUE of tuna longline fisheries (Japan and Taiwan) in WPB6 (1980-2006 and 1992-2006) IOTC-2008-WPB-13.
  11. Nishida, T. (2008): Notes on the standardized swordfish CPUE of tuna longline fisheries (Japan and Taiwan) in WPB6 (1980-2006 and 1992- 2006). IOTC-2008-WPB-INF04.
  12. Semba, Y., Nishida, T. and Wang, S. (2008): Preliminary results of standardization of swordfish CPUE of Taiwanese and Japanese tuna longline fisheries in the Indian Ocean (1980- 2006 and 1990-2006) - Preliminary report for the IOTC WPB6. IOTC-2008-WPB-INF02.
  13. Wang, S., Semba, Y. and Nishida, T. (2008): CPUE standardization of swordfish (Xiphias gladius) caught by Taiwanese longline fishery in the Indian Ocean. IOTC-2008-WPB-10.