--- 要約版 ---

19 メバチ 大西洋

Bigeye Tuna

Thunnus obesus

                                                                            PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図4

大西洋におけるメバチの分布


図2

主要なまぐろ漁業による大西洋におけるメバチの漁獲分布(2003~2005年) (Anon. 2007a)


図6

推定成長(標識放流;Cayre and Diouf 1984、脊椎骨;Alves et al. 1998、 耳石;Hallier et al. 2005)


図1a

本資源の漁法別漁獲量


図1b

本資源の国別漁獲量


図9

1961~2005年のFox model(m=1)、年齢階級を5に固定してパラメータを 推定した際のPRODFITの当てはまり


図7

各種解析に用いた日本、台湾、米国、ブラジルはえ縄、アゾレス諸島竿釣り の資源量指数およびそれら5つを結合した資源量指数 (Anon 2007b 改変)



メバチ(大西洋)資源の現況(要約表)

資源水準 低位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
6.5〜9.2万トン
平均7.8万トン
我が国の漁獲量
(最近5年間)
1.5~2.0万トン
平均:1.7万トン


管理・関係機関
大西洋まぐろ類保存国際委員会 (ICCAT)

最近一年間の動き
資源評価が最近実施されたのは2007年である。2007年(暫定値)の漁獲量は、はえ縄は増加、まき網・竿釣りは減少傾向を示し、総漁獲量はほぼ前年並みであった。

生物学的特性
  • 寿命:10〜15歳
  • 成熟開始年齢:3歳 (120 cmで大部分が成熟)
  • 産卵期・産卵場:周年・表面水温24℃以上の海域
  • 索餌期・索餌場:特定の海域・時期の報告はない
  • 食性:魚類・甲殻類・頭足類、他のまぐろ類よりハダカイワシ・ムネエソ等の 中深層性魚類が多い
  • 捕食者:大型のまぐろ・かじき類、さめ類、鯨類

利用・用途
刺身、すし、缶詰、魚肉ソーセージの原料など

漁業の特徴
本資源ははえ縄(日本・台湾・韓国等、2007年は4.2万トン)、竿釣り(ポルトガル・スペイン・フランス・ガーナ等、1.2万トン)、まき網(スペイン・フランス・ガーナ等、1.3万トン)で漁獲される。成魚が主対象のはえ縄による漁獲が大部分を占めるが、大西洋は他の大洋と異なり、まき網や竿釣りの漁獲も多い。

漁業資源の動向
総漁獲量は1994年に過去最高の約13万トンから徐々に減少し、1998年は約9.5万トン、2007年は約6.7万トン(暫定値)である。1991年からの漁獲増はまき網・はえ縄・竿釣りの漁獲増により、1995年からの減少は主にまき網とはえ縄の漁獲減による。1991年のまき網のFADs操業(人工浮魚礁)の開始以降、3〜4kgの小型魚の漁獲が増加した。

資源状態
本資源の総漁獲量は1993〜1999年にMSYを上回ったため、資源量がかなり減少したと思われる。2007年の解析結果によると、現在の資源量はMSYレベルをやや下回っており、現在の漁獲圧はMSYを達成する水準よりやや低いことが示唆された。

管理方策
1979年のICCATの行政官会議で採択された3.2 kg未満の小型魚の漁獲規制はほとんど守られていなかった。ICCATは1999年より、11〜1月のギニア湾での流れ物操業を全面禁止していたが、これに替わって、11月のギニア湾(0〜5°N、10〜20°W)でのまき網と竿釣りの全面禁止が2004年の行政官会議で決定された。漁獲努力量の削減の為、1998年に大型漁船の登録と同時操業隻数の凍結が決定された。漁獲量規制では、1999年のメバチ漁獲量が2,100トンよりも多い主要漁業国の漁獲枠が1991年と1992年の漁獲量の平均値に設定された。また、2004年のICCAT行政官会議では、2005〜2008年のメバチ保存管理措置(主要漁獲国の漁獲枠、漁獲能力制限)が合意された。統計証明制度は2002年4月から開始されている。

資源評価まとめ
  • 資源量はMSY水準付近
  • 漁獲圧はMSYを達成する漁獲圧付近
  • 過剰漁獲状態は脱したかに見えるが、主要漁業のはえ縄のCPUEは依然として減少が続き、 注意深く資源量の変化を見守ることが必要

資源管理方策まとめ
  • ギニア湾(0〜5°N、10〜20°W)11月のまき網・竿釣りの全面禁漁
  • 漁獲努力量の凍結および国別漁獲枠の設定
  • 統計証明制度の導入
  • オブザーバー調査実施