--- 要約版 ---

16 メバチ 東部太平洋

Bigeye Tuna

Thunnus obesus

                                                                                PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図8

東部太平洋におけるメバチの年齢と尾叉長(cm)の関係


図2

東部太平洋におけるメバチの漁法別漁獲量


図5

東部太平洋におけるメバチの国別漁獲量


図13

東部太平洋におけるメバチのSBRの推移


図14

東部太平洋におけるメバチの加入量(相対値)の推移


図12

東部太平洋におけるメバチの産卵資源量と各漁業のインパクトの推移



メバチ(東部太平洋)資源の現況(要約表)

資源水準 低位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
9.0〜11.9万トン
平均:10.9万トン
我が国の漁獲量
(最近5年間)
1.3〜2.5万トン
平均:1.9万トン


管理・関係機関
全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)

最近一年間の動き
2007年の総漁獲量は9.0万トン(予備集計値)で前年(11.9万トン)より少ない。2008年5月の資源評価では、2008年始めにおいて、東部太平洋における本種の産卵資源量は歴史的な低レベルにあり、SBRrecentは0.17とMSYでのSBRよりも10%低い値となっている。推定されたMSYは8.1万トンである。MSYレベルのFは近年(2005-2007の平均)のFの82%であり、過剰漁獲状態にあると推定される。資源管理措置として、2004年〜2007年には、まき網について年間42日間の禁漁(8/1〜9/11または11/20〜12/31)、これに違反して獲られた漁獲物の商業取引禁止、はえ縄漁業の漁獲量制限(2001年レベル)等が実施されてきた。2008年以降の管理方策は2008年6月のIATTC年次会合では合意されなかった。

生物学的特性
  • 寿命:10〜15歳
  • 成熟開始年齢:3歳
  • 産卵期・産卵場:周年、表面水温24℃以上の海域
  • 索餌期・索餌場:温帯域
  • 食性:魚類、甲殻類、頭足類
  • 捕食者:まぐろ・かじき類、さめ類、海産哺乳類

利用・用途
刺身や缶詰原料

漁業の特徴
本種は大洋のやや深い水深帯(100〜350 m)に分布する魚群を対象とするはえ縄と、表層付近の魚群を対象とするまき網が主要な漁業である。はえ縄は、主として100 cm以上の中・大型魚を漁獲しており、まき網は50 cmを中心に30〜100 cmの小型魚を漁獲する。はえ縄の漁業国は日本、韓国、台湾および中国等であり、赤道を挟んだ南北15度を中心に操業する。まき網漁業国はエクアドル、パナマ、スペイン、バヌアツおよび米国等であり、北緯10度以南から南緯20度間のエクアドル沿岸から西経130度付近に広く操業し、ガラパゴス西方の水域が比較的豊かな漁場である。

漁業資源の動向
2000年までは増加傾向にあったが、それ以降減少し、最近2カ年は10万トンで推移。従来、はえ縄の漁獲量が大部分を占めていたが、1993年頃より導入されたFADs操業により、まき網の漁獲量が急増し、近年はややまき網の漁獲量が多い。はえ縄漁獲は、我が国、台湾および韓国はともに減少傾向にある。

資源状態
2008年始めにおいて、東部太平洋における本種の産卵資源量は歴史的な低レベルにあり、SBRrecentは0.17とMSYでのSBRよりも10%低い値となっている。最近年の加入量はデータ不足で信頼限界が大きいが、2005年は大きい年級群と推定されている。推定されたMSYは8.1万トンである。MSYレベルのFは近年(2005-2007の平均)のFの82%であり、過剰漁獲状態にあると推定される。近年の加入量の突然の上昇は、産卵資源量の増加と、ここ数年のはえ縄漁獲量の増加をもたらすと考えられる。しかし、漁獲圧をあげるほど、産卵資源量は減少し、現在の漁獲圧で推移すれば、産卵資源量はMSYレベルにとどまることはない。

管理方策
2008年以降の東部太平洋における保存管理措置は合意に至っていない。2007年まで実施されていた資源管理措方策(まき網について年間42日間のEPO禁漁(8/1〜9/11または11/20〜12/31)、これに違反して獲られた漁獲物の商業取引禁止、加えてはえ縄漁業の漁獲量制限等)の継続措置もとられていないため、2008年は各国の自主規制を除いていかなる規制も実施されていない状況にある。

資源評価まとめ
資源評価は従来からIATTCが実施。資源評価モデルは統合モデルのSS2を採用。資源は低位で、横ばい状態にある。

資源管理方策まとめ
資源は低位で、努力量は過剰なことから、上記の方策よりさらに厳しい規制が求められている。