--- 要約版 ---

13 キハダ 中西部太平洋

Yellowfin Tuna

Thunnus albacares

                                                                                    PIC

[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図

太平洋におけるキハダの分布


図

中西部太平洋におけるキハダの漁法別漁獲量年変化


図

中西部太平洋キハダの年齢と成長 矢印はほぼ全ての個体が成熟する体長(尾叉長120 cm)を示す


図

MULTIFAN-CLで推定された加入量(上)と資源量(下)の傾向 (千トン、影の部分は95%信頼限界)(Hampton et al., 2007)


図

MULTIFAN-CLで推定された各漁業の本資源への影響 (Hampton et al., 2007) 縦軸は漁業が資源を減少させた割合(%)を示したもの。はえ縄(青)、まき網素群れ(赤)、 まき網流れ物(黄)、フィリピン・インドネシアの漁業(緑)、その他(灰色)



キハダ(中西部太平洋)の資源の現況(要約表)

資源水準 中位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
37.5〜44.1万トン
平均:42.5万トン
我が国の漁獲量
(最近5年間)
4.3〜5.0万トン
平均:4.7万トン


管理・関係機関
中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)

最近一年間の動き
1997年以降、中西部太平洋におけるキハダ漁獲量は、4万トン前後で比較的安定しており、2007年の中西部太平洋における漁獲量は平年並みの431,814トンであった。

生物学的特性
  • 寿命:7〜10歳
  • 成熟開始年齢:3歳
  • 産卵期・産卵場:周年・表面水温24℃以上の海域
  • 索餌場:分布域に等しい
  • 食性:魚類・甲殻類・頭足類
  • 捕食者:まぐろ・かじき類、さめ類、海産哺乳類

利用・用途
刺身、缶詰、練り製品の原料

漁業の特徴
本資源の主要な漁業は大洋のやや深い水深帯(100〜250 m)の魚群が対象のはえ縄と、表層付近の魚群が対象のまき網・竿釣りである。従来は、はえ縄の漁獲が大勢を占めたが、1980年代からまき網漁業が熱帯水域で発達し、その漁獲量は他漁業を遥かに凌駕した。フィリピン・インドネシアでは小型まき網、ひき網、竿釣り、手釣りなど漁業が小規模かつ多様で、漁獲量も大きく、増加傾向にある。

漁業資源の動向
本資源のはえ縄漁業は1950年代初頭にキハダを主な対象種として発展し、1970年代半ばにその主な対象をメバチに換えた。本資源の大規模な産業的まき網漁業は1980年代初めに、カツオを主要な対象種としつつ多くのキハダも漁獲する漁業として発達した。まき網漁業の発展は、インドネシアとフィリピンによる漁獲の増加と相まって、1980年から1990年の間に中西部太平洋でのキハダの漁獲を20万トンから40万トンへと倍増させた。この10年、年間の漁獲の40〜60%はまき網で漁獲されている。

資源状態
2007年の資源評価の結果、現在の資源量はMSYを達成する資源量を上回っており、WCPOにおけるキハダ資源は乱獲状態にはないと推定される。漁獲死亡については、Fcurrent / FMSYの点推定値は1よりわずかに小さい(0.95)が、Fcurrent / FMSYが1.0よりも小さい確率(53%)と大きい確率(47%)は実質上等しい。したがって、WCPOにおいてキハダの過剰漁獲が生じていないと断定的に結論付けることはできない。基本的に、中西部太平洋のキハダ漁業は満限に資源を開発利用していると考えられる。

管理方策
キハダ資源に関する直接的な管理措置ではないが、2008年12月に開催されたWCPFC本会合において、メバチの資源管理措置の導入が採択された。その中のまき網に関わる以下の管理措置については、特に小型のキハダの漁獲に対しても影響をもたらすと考えられる。
【まき網漁業】
  • 2009年:(a)集魚装置を用いた操業の2カ月間禁止、又は、 (b)メバチの漁獲量を2001年〜2004年の平均値から10%削減。
  • 2010年及び2011年:集魚装置を用いた操業の3カ月間禁止等 (来年の年次会合で代替措置を検討)。

資源評価まとめ
  • WCPFCからの委託により、SPC(南太平洋委員会)のOFP(Oceanic Fisheries Programme) が実施
  • 統合モデルであるMULTIFAN-CLにより評価
  • 資源水準は中位で横ばい