--- 要約版 ---

12 キハダ 東部太平洋

Yellowfin Tuna

Thunnus albacares

                                                            PIC
[HOME] [詳細版PDF] [要約版PDF] [詳細版html] [戻る]
図1

太平洋におけるキハダの分布域


図8

東部太平洋におけるキハダの年齢と尾叉長(cm)の関係


図2

東部太平洋におけるキハダの漁法別漁獲量


図3

東部太平洋における魚種別漁獲量(はえ縄)


図6

東部太平洋における魚種別漁獲量(まき網)


図13

東部太平洋におけるキハダの加入量(相対値)の推移



キハダ(東部太平洋)資源の現況(要約表)

資源水準 中位
資源動向 横ばい
世界の漁獲量
(最近5年間)
17.3〜40.8万トン
平均:26.7万トン
我が国の漁獲量
(最近5年間)
0.3〜0.9万トン
平均:0.7万トン


管理・関係機関
全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)

最近一年間の動き
2007年の総漁獲量は17.3万トン(予備集計)で前年の98 %。資源評価は2008年5月に行われ、MSYは28.2万トン、2008年当初の資源量はMSYレベルを若干下回った(Brecent/BMSY=0.96)。MSYレベルのFは近年(2005-2007の平均)のFの113%である。資源管理措置として、2004年〜2007年には、まき網について年間42日間の禁漁(8/1〜9/11または11/20〜12/31)、加えてこれに違反して獲られた漁獲物の商業取引禁止等が実施されてきた。2008年以降の管理方策は2008年6月のIATTC年次会合では合意されなかった。

生物学的特性
  • 寿命:7〜10歳
  • 成熟開始年齢:3歳
  • 産卵期・産卵場:周年、表面水温24℃以上の海域
  • 索餌期・索餌場:熱帯域・温帯域
  • 食性:魚類、甲殻類、頭足類
  • 捕食者:まぐろ・かじき類、さめ類、海産哺乳類

利用・用途
刺身や缶詰原料

漁業の特徴
まき網が漁獲量の9割近くを占め、残りがはえ縄と竿釣りで漁獲されている。まき網は伝統的にイルカ付き操業を行い、流れ物付き操業は50 cm程度の小型魚、素群れ操業は60〜100 cm程度、イルカ付き操業は90〜150 cmの中・大型魚を中心に漁獲している。はえ縄は、主として100 cm以上の中・大型魚を漁獲する。まき網漁業国はメキシコ、ベネズエラおよびエクアドル等であり、イルカ付き操業の漁場は北緯10度を中心とした西経130度以東の沿岸域に分布し、素群れ操業は沿岸部に多く、流れ物付き操業は比較的南緯側で多くみられる。はえ縄の漁業国は日本、韓国、台湾および中国等であり、赤道を挟んだ南北15度を中心に操業している。

漁業資源の動向
1983年の10.5万トンから急増し、1990年には30.2万トンまで回復したが、イルカが混獲された操業で獲られたまぐろ類の不買方針を決めると、1995年には23.9万トンまで減少した。1990年以降は米国以外の国籍船の進出が目立ち、2001〜2003年は40万トンを越えた。2007年は予備的な集計であるが17.3万トンと減少した。

資源状態
2008年始めの東部太平洋における本種の資源量は38.4万トン、SBRMSYは0.34と推定され、両者ともほぼMSY付近にある。推定されたMSYは28.2万トンで、2007年の漁獲量17.1万トンを上回っている。MSYレベルのFは近年(2005-2007の平均)のFの113%である。

管理方策
2008年以降の東部太平洋における保存管理措置は合意に至っていない。2007年まで実施されていた資源管理措方策(まき網について年間42日間のEPO禁漁(8/1〜9/11または11/20〜12/31)、加えてこれに違反して獲られた漁獲物の商業取引禁止等の管理措置)も継続措置がとられていないため、2008年は各国の自主規制を除いていかなる規制も実施されていない状況にある。

資源評価まとめ
資源評価は従来からIATTCが実施。資源評価モデルは統合モデルのA-SCALAを採用。 資源は中位で、安定的である。

資源管理方策まとめ
資源は中位で、大きくは変動しないと予測されている。しかし、まき網の魚漕容量 (潜在的な漁獲能力)は増加しているため、これに見合った努力量の削減が必要。