キハダ 中西部太平洋

Yellowfin Tuna, Thunnus albacares



 

最近一年間の動向

 中西部太平洋における昨年(2004年)のキハダ漁獲量は、まき網の漁獲が比較的低レベルであったために、この数年間では最低の414,869トンであった。2005年には、まき網の漁獲量が1999年以降最高であったにもかかわらず、インドネシアおよびフィリピンの漁獲量の減少により、その漁獲量は2004年より若干多い423,467トンに留まった。

 

利用・用途

 はえ縄で漁獲されるキハダは1970年台半ばまでは、主に缶詰や魚肉ソーセージの原料として消費されていたが、急速冷凍設備の普及によって、刺身材料、寿司ネタとして用いられるようになった。まき網で漁獲される個体の多くは、今日も主に缶詰の原料として用いられるが、特別に急速冷凍が施された製品については刺身原料としても供給されている。

 

漁業の概要

メバチと同様、はえ縄、まき網、竿釣りの主要3漁業が本種の大部分を漁獲しており、その大部分は赤道域で漁獲されている(1)。

1. 中西部太平洋におけるキハダの漁法別漁獲量年変化

 

はえ縄漁業は1950年代初頭にキハダを主要なターゲット種として発展し、1970年代半ばにその主要なターゲットをメバチに取って代わられた。大規模な産業的まき網漁業は1980年代初めに、カツオを主要なターゲット種としながらも多くのキハダも漁獲する漁業として発達した。まき網漁業の発展は、インドネシアとフィリピンによる漁獲の増加と相まって、1980年から1990年の間に中西部太平洋におけるキハダの漁獲を20万トンから40万トンへと倍増させた。この10年間、年間のキハダ漁獲の4060%はまき網漁業によって漁獲されている。

【はえ縄漁業】我が国の歴史が最も古く、戦前にまで遡る。特に1938年頃に漁場が赤道付近まで南下した後にはキハダは主要漁獲対象種となった(岡本2004)。中西部太平洋では主に20トン未満の小型船や120トン未満の近海許可船によって操業が行われているが、オーストラリア東岸沖では季節的にキハダを狙う遠洋許可船も操業している。主な漁場は南北15度に挟まれた熱帯域であるが(2)、夏季には温帯域でも漁獲が見られる。当初は缶詰材料としてキハダが主対象魚種であったが、1970年代の中頃から刺身まぐろとしてのメバチを狙う操業が増加し、キハダの漁獲はやや減少した。1980年代の中頃からは小型船によるグアムやパラオ等を基地とした我が国生鮮市場へのメバチ・キハダの空輸事業が発達し、中国やその他の国のはえ縄船もそれに参加しているが、近年やや衰退した。現在では、現地にはえ縄船や手釣り漁業がある場所のほとんど(フィリピン、インドネシア、オーストラリア、ミクロネシア、フィジー、ソロモン諸島など)から空輸されているのが実情である。

2. 主要漁業によるキハダの漁獲量分布(19902004年)

および2006年の資源評価に用いられた海区区分

 

中西部太平洋まぐろ類条約海域(WCP-CA)における2005年のはえ縄漁獲量は76,521トンであった(WCP-CAのキハダ総漁獲量の18%)。近年、はえ縄によるキハダ漁獲量は61,00080,000トンであり、これは1970年代後半から1980年代初頭における漁獲量(90,000120,000トン)よりもかなり低く(1)、これはおそらく、一部の漁業でターゲティングが変化したことと、遠洋漁船の隻数が次第に減ってきていることによるものと思われる。

【まき網漁業】 本水域特に熱帯域におけるまき網漁業は我が国が先駆者であるが、主対象がカツオであったことからそれほどキハダは狙われず、自然の流れ物に付いたカツオ魚群を主に漁獲していた。1980年代に入って米国式まき網の技術が台湾や韓国に導入され、また、東部太平洋の不漁によって一部のまき網船が中西部太平洋に移動し、一気に漁獲量が増加する結果となった。特にキハダの素群れを対象とした場合には大型の個体が大量に漁獲されることがある。1990年代の後半になって、漁船から人工浮魚礁(Fish Aggregating Devices; FADs)を放流し、これに蝟集する魚群を漁獲するようになって小型魚の漁獲が増加した。しかし、大型キハダの素群れが見られる場合には、より値段の高いその群れを漁獲する傾向が強い。いずれにしても、まき網漁業全体の漁獲は近年では20万トンを超えることが多く、はえ縄の約3倍に達するなど他の漁業を圧倒している。この間、大型のまき網船数も増加した。主要な遠洋漁業国の2004年における操業隻数は、日本が35隻(我が国は過去20年に渡ってほぼ固定されている)、台湾34隻、韓国28隻、米国21隻であり、米国が減少傾向にある(1999年以降15隻減)。ごく最近は太平洋島嶼国であるパプアニューギニアが37隻、ソロモン諸島が14隻と急激に増加し、その他フィリピンの遠洋船が10隻、ニュージーランドが11隻、中国4隻となっている。また、フィリピン近海ではリングネットを含めて160隻ほどが操業しているものと見られ、これら沿岸船を含めると、400隻ほどが操業しているものと推定される。。

操業水域は、南北緯度10度間の熱帯域で特に東経160度付近で漁獲が多く、その他フィリピンや日本近海でも漁獲がある(2)

まき網の年間漁獲量は1998年のピークからやや減少したが、1999年以降は約20万トン前後で安定している(1)WCP-CAにおいてまき網による漁獲はキハダ漁獲の約半分を占め、その2005年の漁獲量は231,241トン(WCP-CAのキハダ総漁獲量の54%)であった。

【カツオ竿釣りおよびその他の漁業】カツオ竿釣り漁業は2005年におよそ14,841トン(全漁業のキハダ総漁獲量の4%)を漁獲し、“その他の漁業”はおよそ100,000トン(全漁業のキハダ総漁獲量の24%)を漁獲している(1)。“その他の漁業”には、フィリピンとインドネシア東部における様々な種類の漁法(例えば、リングネット、bagnet、さし網、手釣りおよびseine net等)によって漁獲されたキハダが含まれているが、その統計収集システムが完全には確立されておらず、得られている数値に問題があることが指摘されている。

 

 

【国別漁獲量の動向】総漁獲量は1970年代の初めまで10万トン以下で安定していたが、その後はえ縄の漁獲が増加し1980年代の初期にはえ縄漁業の最高、11.7万トンに達した(1)。直後にまき網の漁獲が急増し、1980年には20万トンを上回るとともにほぼ一定の割合で増加を続け、1980年代の後半には30万トンを超え、1992年には40万トンを超える勢いとなった。その後は1996年に31.7万トンへと減少したものの、1997年以降40万トンを超える漁獲を揚げている。1990年前後の漁獲増は、韓国・台湾のまき網漁業による漁獲とインドネシア・フィリピンに見られる零細漁業を含む多数の漁業種による漁獲増が原因であった。韓国・台湾は1990年代前半にやや頭打ちとなったが、フィリピンは1993年に4.3万トンに減少した後再び増加を続け、1998年以降8万トン以上の漁獲をあげている。日本の漁獲は1995年までは1位であったが、その後、他国の漁獲増および我が国の漁獲減により、1998年以降は、810万トンを漁獲するフィリピンとインドネシアに1位と2位を譲り、日本、韓国、台湾がそれぞれ45万トンで3位〜5位を占めている。(3、付表1

3 中西部太平洋におけるキハダの国別漁獲量年変化

 

【漁業別漁獲サイズ】一般にはえ縄漁業が最も大きな個体(主として80 cm以上)を漁獲し、まき網がこれに続く(4)。ただし、まき網の漁獲物は群の形態によって大きく異なり、流物付きの場合は小型中心となるが、素群の場合には、はえ縄と変わらない魚体組成となる。一般に竿釣りの漁獲物も小型中心で、インドネシア・フィリピンに見られる零細漁業(小型まき網やひき縄)も非常に小型の個体を多獲する場合が多い。その漁業で唯一大型を漁獲するのが手釣りであるが、量的にはあまり多くない。

4 中西部太平洋におけるキハダの漁法別漁獲サイズ

横軸は体長、縦軸は漁獲重量(d)で示す。青がはえなわ、赤がまき網付き物操業、黄がまき網素群れ操業、緑がフィリピン・インドネシアの漁業を表す。

 

生物学的特性

キハダは熱帯域から温帯域にかけて広く分布するが、適水温がやや高いためかメバチより分布が南北方向にやや狭い(5)。鉛直方向の分布もメバチよりやや浅く、通常水温躍層の上部以上の水深に分布する(宮部 1998)。夏季には緯度で40度近くまで分布するが、冬季には30度以上に分布することは稀である。小型魚はメバチやカツオと混じって群を形成するが、大型になると他魚種と混じる事は少ない。これらの魚群はまき網や竿釣りの対象となる。

5. 太平洋におけるキハダの分布

 

産卵は水温2425℃以上の水域で行なわれ、卵は分離浮性卵で直径約1mm、孵化までおよそ24時間である(森ほか 1971)。雌の生物学的最小形は60 cm程度との報告もあるが、50%成熟するのは105 cm程度である(Itano 2000)。産卵は夜間(10時から3時)に行なわれ、ほぼ毎日産卵することが判明しているが、どの程度連続するのかは不明である。水温が高く餌が豊富な所では産卵期間も長いと推定されており、実際に飼育環境では同一個体が一年を通して産卵を行ったという知見が最近得られている(Niwa 2003)。1回の産卵量は200350万粒である(体重1kgあたり55,00064,000個)。雄は雌より大型になると考えられ、120cm程度から雄の割合が高くなり、150cm程度になると大部分が雄である。この性比の偏りは現在の所、雌雄の成長の違いよりも成熟に伴う自然死亡率の差によるものと想定されている。

成長と年齢は硬組織や体長・体重組成を用いて推定されているが、多くは1歳で50 cm2歳で100 cm3歳で130 cm程度の成長を示す(1、図6)。最近の耳石および体長組成の解析では1歳時が約65cmとの結果も示されている(Lehodey and Leroy 1999)。メバチと同様に体長5080 cmに成長が遅くなることが確認されているが、理由は不明である。標識放流結果から寿命は比較的短く、7年から長くても10年と考えられている。

 

1. 中西部太平洋キハダの各年齢時体長

薮田ら

 1960

Yang et al.

1969

Wankowski

1981

Yesaki

 1983

 Male

Yesaki

 1983

Female

WCPO

MULTIFAN-CL

1

53.4

71.6

45.6

45.4

47.4

67.8

2

91.8

108.9

79.7

79

81.8

114

3

119.4

134.9

105.2

103.9

106.8

134.5

4

139.2

153.1

124.3

122.3

124.9

145.6

5

153.5

165.8

138.5

136

138.1

145.6

6

163.8

174.6

149.2

146.1

147.6

151.6

7

171.1

180.8

157.2

153.6

154.6

154.8

8

176.4

185.1

163.2

159.1

159.6

156.5

9

180.3

188.1

167.7

163.2

163.3

 

10

183

190.2

171

166.3

165.9

 

11

185

191.6

173.5

168.5

167.9

 

12

186.4

192.6

175.4

170.2

169.3

 

13

187.4

193.4

176.8

171.5

170.3

 

14

188.1

193.9

177.9

172.4

171

 

15

188.7

194.2

178.7

173.1

171.6

 

 

6. 中西部太平洋キハダの年齢と成長

矢印はほぼ全ての個体が成熟する体長(尾叉長120 cm)を示す

 

キハダの体長と体重関係は森田(1973)やNakamura and Uchiyama1966)が報告しているが、両報告間での差は小さい(2)。

 

2. 中西部太平洋キハダの体長(尾叉長cm)と体重(kg)

 

 

森田

Nakamura and Uchiyama 1966

cm

1973

30

0.6

0.5

40

1.3

1.2

50

2.5

2.3

60

4.2

4.1

70

6.7

6.5

80

9.9

9.8

90

14

14

100

19

19.3

110

25.2

25.9

120

32.5

33.7

130

41.1

43.1

140

51.1

54.1

150

62.6

66.8

160

75.7

81.3

170

90.5

97.9

180

107.1

116.6

190

125.5

137.6

200

145.9

160.9

 

太平洋に分布するキハダに複数の系群があるという遺伝学的な証拠は得られていないが、その可能性も捨てきれていない。7に、資源評価でも用いられているOFPによる西部太平洋熱帯域およびIATTCによる東部太平洋熱帯域における標識放流調査の結果を示す。この結果から見る限り、東西太平洋間を活発に移動しているとは捕らえにくい。現状では主要な漁場の位置やこの標識魚の移動結果から、西経150度を境界とした東西2資源を仮定し、資源解析が行われている。

7. 太平洋におけるキハダの標識放流、再捕結果(長距離再捕のみを示す)

 

資源状態

資源評価はMultifan-CLFournier et al. 1998Hampton and Fournier 2001)による解析が行われており、以下はこのモデルを用いた結果(Hampton et al. 2006)を要約したものである。紙面を簡潔にするため、これらの論文からの引用は特に記さず、他のものの場合のみ明記した。

28四半期齢、6海区(2)、漁獲量、努力量、サイズ組成データ、タギングデータ、19漁業区分を用いて、1952年から2005年について資源評価が行われた。最近年のデータが加わった他は、使用したデータは昨年と同じである。GLMを用いた標準化努力量の推定方法は、豊度推定における地域ごとのスケーリングが若干変わったが、ほぼ昨年と同じ。また、体長−体重変換係数が若干変更された。2005年の解析において、はえ縄のSelectivityは高齢で最高値が維持されるフラットトップ型が用いられたが、今回は台湾を除く主要はえ縄漁業において、高齢でも選択性が減少可能となるような設定に変更し、その結果ドーム型のSelectivityとなった。感度テストは、サイズデータの有効サンプルサイズを高低2レベル、および2通りの海区設定(6海区と7海区)の組み合わせで行い、結果を比較した。6海区と7海区の違いは主に、フィリピン・インドネシア海区を独立させた点と南北の境界を南北緯度10度としたことである。ベースケースは6海区設定でサイズデータの有効サンプルサイズを低く設定したものとした。結果を以下に概略する。

加入は、漁業初期の加入量は比較的高く、1970年代初頭に低レベルへと減少した(8)。その後1970年代後半にかけて増加し、1980年代、90年代と比較的高いレベルで推移している。この傾向は、はえ縄CPUE(特に海区34)の傾向によるところが大きい。資源量については、1980年代半ば以前は、基本的には加入量の変化傾向に一致しており、漁業開始初期から1970年代半ばの低レベルへの減少、とその後の増加。1980年代は比較的安定して推移し、1990年以降は主に海区3における減少が見られる(9)。資源量の変化傾向は、はえ縄の漁獲量と標準化努力量に強く依存する。キハダ成魚と幼魚の漁獲死亡係数はまぐろ漁業の開始から増加傾向にあると推定される。幼魚の漁獲死亡におけるかなりの部分はフィリピンとインドネシアの表層漁業によるものであるが、その漁獲、努力量およびサイズデータは非常に少ない。アセスメントの結果は、フィリピン・インドネシアの過去から現在における漁獲量の推定値〈仮定〉によって、大きく影響を受ける。全体的に漁業による資源への影響(Bt/Bt,F=0)は年を追って徐々に増加しており、2004年には漁業が無い状態の資源量の半分まで達している(10)。この減少度合いは個別の海区では熱帯域の海区3において近年0.3(漁獲が無い時の資源レベルから70%の減少)と強くなっている。他の海区では小さく、海区40.5を除いて、0.8以上である。漁業別の影響としては、インドネシアの漁業が、特に海区3で最大の影響を及ぼしており、さらに隣接する海区145にもかなりの影響を与えている。 まき網漁業も海区34に大きな影響を与えており、近年では海区6以外の全ての海区での重要な影響要素となっている。直近10年のWCPOにおいて、はえ縄漁業の資源量の減少に占める役割は、10%に過ぎない。

8  MULTIFAN-CLで推定された海区別加入の傾向

左下が全体の加入量及びその95%信頼限界を表す

 

9  MULTIFAN-CLで推定された海区別総資源量の傾向

左下が全体の資源量を表し、影の部分が95%信頼限界を表す

 

10 MULTIFAN-CLで推定された各漁業の中西部太平洋キハダ総資源量に対する影響

縦軸は漁業が資源を減少させた割合(%)で、初期資源量に対して示したもの。青がはえなわ、赤がまき網素群れ、黄がまき網流れ物操業、緑がフィリピン・インドネシアの漁業を表す。

 

漁獲死亡Fcurrent / FMSY 0.911.11base case :1.11)は2005年の結果(1.221.35base case: 1.22)よりは楽観的な結果ではあるものの、WCPOにおいてキハダの過剰漁獲が生じつつあることを示している。 すべての解析結果において、現在の資源量はMSYをもたらす資源量を上回っており、WCPOにおけるキハダ資源は、乱獲状態にはない、と結論される。今回の結果のB current / B MSY1.17-1.27 (base case: 1.17)であり、2005年の解析(0.88-1.55base case: 1.32)とほぼ同程度の値である。また、2001-2004年の平均漁獲死亡係数を用いて20062015年の将来予測を実施した結果、2015年の資源量は1.0を上回ると予測された。

 

管理方策

本資源に関する管理方策をまとめると、以下のようになる。

·       北緯20度以北、南緯20度以南の国のメバチ・キハダを対象とする漁船(はえ縄漁船を除く)の総漁獲能力を近年レベルに抑制する。

·           北緯20度〜南緯20度の公海におけるまき網漁業の漁獲努力量を近年レベルに抑制する。

·           まき網漁業による小型魚の投棄を防止するため、漁獲物の全量保持を推進する。

·           はえ縄漁業については、2006年から3年間、漁獲量を近年レベルに抑制する昨年の決議を維持する。

 

キハダ(中西部太平洋)の資源の現況(要約表)

資源水準

中位

資源動向

横ばい

世界の漁獲量

(最近5年)

41.144.2万トン

平均:42.1万トン

我が国の漁獲量

(最近5年)

4.15.8万トン

平均:4.8万トン

管理目標

資源の長期保存と継続利用

資源の状態

MSY=33.038.0万トン

F/FMSY=1.11*1 (0.911.11)

B/BMSY=1.17*1 (1.171.27)

Bcurrent/Bcurrent, F=0=0.510.61

YF_current/MSY= 0.991.00

管理措置

検討中

管理機関・

関係機関

WCPFCSPC

*1ベースケースの値

 

 

執筆者

 まぐろ・かつおグループ

 熱帯性まぐろサブグループ

 遠洋水産研究所

熱帯性まぐろ研究室 岡本浩明

 

参考文献

Bigelow, K.A., M. Maunder and M. Hinton. 2003.  Comparison of deterministic and statistical habitat-based models to estimate effective longline fishing effort and standardized CPUE for bigeye and yellowfin tuna. Working Document RG-3, presented to the 16th Meeting of the Standing Committee on Tuna and Billfish. 9-16 July 2003. Mooloolaba, Queensland, Australia.  18 pp.  http://www.spc.org.nc/OceanFish/Html/SCTB/SCTB16/RG3.pdf  (20051027)

Fournier, D.A., J. Hampton and J.R. Sibert.  1998. MULTIFAN-CL: A length-based, age-structured model for fisheries stock assessment, with application to South Pacific albacore, Thunnus alalunga.  Can. J. Fish. Aquat. Sci., 55: 2105-2116.

Hampton, J.,  A. Langley and P. Kleiber 2006.  Stock assessment of yellowfin tuna in the western and central Pacific Ocean, including an analysis of management options. Working paper SA WP-1, presented to the 2nd Meeting of the Scientific Committee of the WCPFC. Manila,Philippines. 7-18 August 2006.  99 pp.  http://www.wcpfc.org/sc2/pdf/SC2_SA_WP1.pdf  (2006111)

Itano, D.G. 2000.  The reproductive biology of yellowfin tuna (Thunnus albacares) in Hawaiian waters and the western tropical Pacific Ocean: project summary. SOEST 00-01 JIMAR Contribution 00-328. Pelagic Fisheries Research Program, JIMAR. University of Hawaii.  vi+69 pp.  http://www.soest.hawaii.edu/PFRP/biology/itano/itano_yft.pdf  (20051027)

Kaltongga, B. 1998.  Regional tuna tagging project: Data summary. Technical Report No. 35, (Oceanic Fisheries Programme, Secretariat of the Pacific Community. New Caledonia.) 70 pp.

Lawson, T.A. (ed.) 2004.  Secretariat of the Pacific Community Tuna Fishery Yearbook 2003. Oceanic Fisheries Programme, Secretariat of the Pacific Community, Noumea, New Caledonia. 178pp.

Lehodey, P. and B. Leroy. 1999.  Age and growth of yellowfin tuna (Thunnus albacares) form the western and central Pacific Ocean as indicated by daily growth increments and tagging data. Working Paper YFT-2, presented to the 12th Meeting of the Standing Committee of Tuna and Billfish. Papeete, French Polynesia. 16-23 June 1999.  21 pp.  http://www.spc.org.nc/OceanFish/Html/SCTB/SCTB12/WP/SCTB99_WPYFT2.pdf  (20051027)

宮部尚純. 1998.  シンポジウム「まぐろ類等大型浮魚の遊泳水深に関連する研究」(3)研究例−2)超音波発信機. In 遠洋水産研究所 (), 平成9年度まぐろ資源部会報告書. 水産庁遠洋水産研究所, 静岡. 245-250 pp.

慶一郎・上柳昭治・西川康夫. 1971.  キハダの人工ふ化・飼育における仔魚の形態変化.  遠洋水産研究所研究報告, 5: 219-232.

森田安雄. 1973.  メバチ・キハダの鰓,内臓抜き重量からの生重量推定.  遠洋水産研究所研究報告, 9: 109-121.

Nakamura, E.L. and J.H. Uchiyama. 1966.  Length-weight relations of Pacific tunas. In Manar, T.A. (ed). Proc., Governor’s Conf. Cent. Pacif. Fish. Resources, Honolulu, Hawaii, U.S.A.  197-201 pp.

Niwa Y., A. Nakazawa, D. Margulies, V. P. Scholey, J. B. Wexler and S. Chow. 2003.  Genetic monitoring for spawning ecology of captive yellowfin tuna (Thunnus albacares) using mitochondrial DNA variation.  Aquaculture 218: 387-395.

岡本浩明. 2004. 太平洋戦争以前および戦後直後の日本のまぐろ漁業データの探索. 水産総合研究センター研究報告, 13: 15-34.

Suzuki, Z. 1994.  A review of the biology and fisheries for yellowfin tuna (Thunnus albacares) in the western and central Pacific Ocean.  In Shomura, R.S., J. Majkowski and S. Langi (eds.), Interaction of Pacific tuna fisheries. Proceeding of the first FAO expert consultation on interactions of Pacific tuna fisheries, 3-11 December 1991, Noumea, New Caledonia. Rome, FAO.  FAO Fish. Tech. Pap. 336/2, 108-137.

Wankowski, J.W J. 1981.  Estimated growth of surface-schooling skipjack tuna, Katsuwonus pelamis, and yellowfin tuna, Thunnus albacares, from the Papua New Guinea region.  Fish. Bull. 79(3): 517-545.

Yang, R.T, Y. Nose and Y. Hiyama. 1969.  A comparative study on the age and growth of yellowfin tuna from Pacific and Atlantic Oceans.  Bull. Far Seas Fish. Res. Lab. (2): 1-21.

薮田洋一・行縄茂理・藁科侑生. 1960.  キハダの成長と年令. U鱗にみられる輪紋からの検討.  南海区水産研究所報告, 12: 63-74.

Yesaki, M. 1983.  Observation on the biology of yellowfin (Thunnus albacares) and skipjack (Katsuwonus pelamis) tunas in Philippine waters.  Indo-Pac. Tuna Dev. Manag. Programme. IPTP/83/WP/7.  66 pp.

 

付表1 中西部太平洋キハダの年別国別漁獲量 (単位;トン)

 

1950

1951

1952

1953

1954

1955

1956

1957

1958

1959

1960

1961

1962

1963

1964

アメリカンサモア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

オーストラリア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

クック諸島

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

中国

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

スペイン

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

フィジー

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

ミクロネシア連邦

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

インドネシア

625

693

768

852

945

1,048

1,162

1,289

1,429

1,585

1,758

1,950

2,163

2,399

2,660

日本

0

1,958

22,929

29,845

30,298

27,811

28,530

43,380

47,115

50,605

55,987

56,757

64,532

54,955

51,100

キリバス

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

韓国

0

0

0

0

0

0

0

0

70

67

84

46

47

252

400

マーシャル諸島

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

北マリアナ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

メキシコ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

ニューカレドニア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

ナウル

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

ニュージーランド

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

仏領ポリネシア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

パプアニューギニア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

フィリピン

8,294

8,702

9,133

9,588

10,068

10,576

11,112

11,678

12,276

12,910

13,579

14,286

15,034

15,824

16,659

パラオ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

141

ソロモン諸島

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

トンガ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

台湾

0

0

0

0

1,192

2,724

2,377

2,109

1,753

1,568

1,301

2,606

5,513

5,149

5,795

米国

269

296

322

213

191

201

96

101

115

175

137

152

110

118

133

バヌアツ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

サモア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 

付表1 (続き1)

 

1965

1966

1967

1968

1969

1970

1971

1972

1973

1974

1975

1976

1977

1978

アメリカンサモア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

オーストラリア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

1

0

16

クック諸島

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

中国

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

スペイン

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

フィジー

0

0

0

0

0

0

0

0

0

12

11

84

151

409

ミクロネシア連邦

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

インドネシア

2,950

3,271

3,628

4,024

4,463

4,950

5,130

8,100

9,180

9,149

9,956

7,233

9,773

9,558

日本

47,301

62,938

36,821

39,989

38,548

45,917

40,531

46,671

49,513

52,247

46,228

56,683

68,982

87,937

キリバス

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

韓国

1,430

2,020

2,071

3,046

4,975

3,663

3,832

6,685

6,653

5,191

9,529

15,118

16,179

13,812

マーシャル諸島

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

北マリアナ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

メキシコ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

ニューカレドニア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

ナウル

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

ニュージーランド

0

0

0

0

0

0

0

0

0

1

1

0

0

15

仏領ポリネシア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

パプアニューギニア

0

0

0

0

0

74

112

1,345

916

1,416

1,744

8,563

4,009

3,099

フィリピン

17,542

18,476

19,463

20,507

21,611

29,104

32,559

33,833

40,472

47,050

48,016

40,452

57,352

34,201

パラオ

173

71

52

17

133

1

10

56

41

161

298

412

420

303

ソロモン諸島

0

0

0

0

0

0

141

237

286

310

18

209

312

259

トンガ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

台湾

7,890

10,750

5,981

10,917

10,178

9,907

12,382

10,480

16,197

11,870

16,304

16,318

19,235

24,474

米国

153

159

141

99

106

269

213

185

112

153

127

342

385

422

バヌアツ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

サモア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 

 

 

付表1 (続き2)

 

1979

1980

1981

1982

1983

1984

1985

1986

1987

1988

1989

1990

1991

アメリカンサモア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

1

0

0

0

オーストラリア

0

0

0

5

0

5

9

13

1,164

948

1,017

1,678

2,039

クック諸島

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

中国

0

0

0

0

0

0

0

0

0

20

45

173

481

スペイン

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

フィジー

403

233

584

753

493

580

727

829

438

473

497

521

487

ミクロネシア連邦

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

2,635

インドネシア

13,214

15,815

19,726

21,932

18,195

23,860

26,699

32,333

38,715

40,769

42,993

43,401

54,283

日本

84,933

97,228

96,236

93,168

94,594

91,273

106,647

90,074

89,691

80,653

85,218

80,294

82,732

キリバス

0

1,812

2,021

1,981

2,402

2,563

2,078

2,335

1,973

2,357

2,656

1,955

1,879

韓国

18,421

22,858

10,784

10,726

9,144

7,154

11,510

11,795

26,531

25,158

40,738

45,059

61,241

マーシャル諸島

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

北マリアナ

0

0

0

0

10

9

6

8

5

8

5

5

6

メキシコ

0

0

0

0

69

2,036

0

0

0

0

0

0

0

ニューカレドニア

0

0

3

41

34

28

133

169

502

488

278

617

567

ナウル

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

ニュージーランド

16

51

26

2

240

233

171

7

7

5

15

4

6

仏領ポリネシア

161

253

472

368

238

426

243

232

149

274

187

250

490

パプアニューギニア

2,881

3,018

4,205

0

0

274

930

0

0

0

0

0

0

フィリピン

44,765

42,125

51,037

47,672

55,736

54,227

61,283

55,519

50,409

54,977

62,908

80,392

94,991

パラオ

1

996

2,480

615

0

0

15

19

22

38

5

8

0

ソロモン諸島

685

1,154

1,530

1,796

3,233

2,647

2,996

2,543

4,785

5,056

4,383

4,342

4,224

トンガ

0

0

0

81

48

55

44

33

32

26

27

27

19

台湾

27,895

22,873

20,263

17,989

19,211

21,447

19,248

17,189

24,273

27,791

26,976

38,310

45,988

米国

775

1,659

15,942

22,258

50,172

41,812

22,885

31,008

59,785

19,562

43,926

53,252

38,138

バヌアツ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

サモア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 

付表1 (続き3)

 

1992

1993

1994

1995

1996

1997

1998

1999

2000

2001

2002

2003

2004

アメリカンサモア

0

1

1

2

12

22

42

64

86

183

484

496

891

オーストラリア

1,579

1,139

1,293

1,322

1,743

1,737

2,154

1,839

1,744

2,559

3,021

3,115

1,980

クック諸島

0

0

11

22

8

0

0

0

0

1

52

179

458

中国

1,315

2,754

4,823

5,837

2,757

1,419

1,435

2,237

2,207

2,259

2,642

6,644

6,558

スペイン

0

0

0

0

0

0

0

1,506

2,825

467

24

0

1,196

フィジー

612

1,051

1,409

1,548

1,581

1,057

910

766

2,508

2,167

2,112

2,567

4,249

ミクロネシア連邦

3,453

4,367

3,988

2,062

891

2,845

3,212

3,411

5,438

5,549

4,157

5,708

3,483

インドネシア

61,426

51,419

63,990

68,090

80,965

82,032

88,018

95,203

103,853

93,205

100,824

103,920

86,445

日本

94,291

96,255

77,057

83,866

58,102

87,234

64,210

69,605

68,480

57,194

42,172

49,830

43,929

キリバス

2,115

1,920

2,085

2,837

2,463

4,035

3,876

2,353

5,109

1,470

2,997

2,442

1,764

韓国

73,782

58,296

56,995

44,793

29,831

44,913

67,985

36,510

37,197

46,158

40,896

44,955

39,530

マーシャル諸島

3

70

23

12

0

0

0

0

900

3,052

1,132

2,267

3,632

北マリアナ

11

6

6

10

21

13

9

11

1

16

7

12

12

メキシコ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

ニューカレドニア

373

433

437

839

554

466

185

373

250

570

572

759

631

ナウル

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

1

ニュージーランド

13

16

33

105

152

122

116

150

874

964

3,124

3,172

1,997

仏領ポリネシア

475

682

554

743

666

661

788

1,173

1,662

1,315

913

901

1,322

パプアニューギニア

0

8

374

3,107

1,135

6,859

12,685

8,539

14,055

26,000

28,837

35,417

25,692

フィリピン

52,035

43,092

62,572

62,120

64,137

72,548

82,764

88,378

89,164

85,384

97,687

122,598

122,858

パラオ

62

39

31

0

0

1

0

0

63

41

3

19

28

ソロモン諸島

5,630

7,193

6,671

8,114

11,003

9,588

8,115

8,848

3,342

4,629

3,730

6,762

8,003

トンガ

19

64

46

59

88

100

125

163

175

259

263

263

163

台湾

61,694

70,802

59,788

53,370

37,572

66,324

78,951

59,962

55,551

67,377

48,478

48,566

37,711

米国

44,143

46,679

57,104

34,266

21,431

56,909

39,659

36,495

35,670

25,390

29,818

23,491

15,950

バヌアツ

0

0

85

1,090

982

8,827

9,603

10,337

2,415

0

137

134

3,804

サモア

0

81

73

216

573

1,327

801

681

1,120

470

369

293

444