ビンナガ 南大西洋


Albacore, Thunnus alalunga



 

最近一年間の動き

 ICCATの科学委員会(SCRS)会合が20069月下旬から開催された。資源評価は実施されず、近年の漁業の変化および提出論文について論議された。次回の資源評価は2007年に予定されており、これまでとは異なる手法(統合モデル)を用いて資源解析を試みることが合意され、そのためのデータの準備が各国で進められている。

 

利用・用途

 主として缶詰原料となっている。また、日本のはえ縄船が高緯度域で漁獲したものの一部は、日本において刺身用にも利用されているようである。

 

漁業の概要

 南大西洋のビンナガの総漁獲量は1960年代〜1970年代には変動はあるもののおよそ2.0万〜3.5万トン、その後の19861987年には3.7万〜4.0万トンと歴史的に最も高くなり、それ以降はやや減少し、安定した(図1。最近5カ年(20012005年)では2.2万〜3.5万トン、平均2.7万トンであった。2005年の総漁獲量は17,928トンで2004年(22,518トン)から4.5千トン減少した。近年の総漁獲量の変動は表層漁業の漁獲量変動によるところが大きいが、はえ縄による漁獲の減少も目立ってきている。

 南大西洋のビンナガは、台湾のはえ縄漁業および南アフリカの竿釣り漁業によって主として漁獲されており、ブラジル、ナミビアがこれに次ぎ(表1、これら4か国で漁獲量の90%以上を占める。また、熱帯域のまき網によってもわずかな混獲がある。

1. 南大西洋ビンナガの漁法別漁獲量(トン)(Anon. 2006

 

1. 南大西洋ビンナガの国別漁獲量(トン)

 

日本

台湾

ブラジル

南アフリカ

ナミビア

その他

合計

1981

558

18,187

276

2,320

0

2,699

24,040

1982

569

22,800

800

3,180

0

2,323

29,672

1983

188

9,502

731

2,760

0

1,737

14,918

1984

224

7,889

732

3,540

0

2,214

14,599

1985

623

19,643

382

6,697

0

3,752

31,097

1986

739

27,592

520

5,930

0

2,507

37,288

1987

357

28,790

395

7,275

0

3,813

40,630

1988

405

20,764

421

6,570

0

1,947

30,107

1989

450

18,386

435

6,890

0

1,051

27,212

1990

587

21,369

514

5,280

0

964

28,714

1991

564

19,883

1,113

3,410

0

888

25,858

1992

583

23,063

2,710

6,360

0

3,081

35,797

1993

467

19,400

3,613

6,881

0

2,087

32,448

1994

651

22,573

1,227

6,931

915

2,380

34,677

1995

389

18,351

923

5,214

950

1,341

27,168

1996

435

18,956

819

5,634

982

1,031

27,857

1997

424

18,165

652

6,708

1,199

760

27,908

1998

418

16,106

3,418

8,412

1,429

493

30,276

1999

601

17,377

1,872

5,101

1,162

1,492

27,605

2000

554

17,221

4,411

3,610

2,418

1,048

29,262

2001

341

15,833

6,862

7,236

3,419

807

34,498

2002

213

17,321

3,228

6,507

2,962

1,483

31,714

2003

315

17,351

2,647

3,469

3,152

1,009

27,943

2004

500

13,288

522

4,502

3,328

378

22,518

2005

387

10,730

556

3,198

2,344

713

17,928

ICCAT (Anon. 2006)より。2005年の漁獲量合計は未報告国の漁獲量を含まない。

 

 台湾のはえ縄は南大西洋でのビンナガの最大の漁獲国であり、1973年以降総漁獲量の69割を占めてきた。台湾のはえ縄は伝統的にビンナガを主対象として亜熱帯から温帯域の広い海域で周年操業しており、1970年代〜1980年代には1.22.9万トン、1990年代には1.62.3万トンを漁獲した。2000年以降の漁獲量は1.61.7万トンと安定していたが、2003年〜2005年にはかなりの減少がみられ1.1万トンとなった。近年、台湾船のかなりの隻数は熱帯域でメバチを主対象とした操業をしているが、南大西洋でビンナガを主対象とした操業(船)も依然として続けられている。ブラジルの2004年の漁獲量は2003年の2.6千トンから522トンへと大きく減少しており、これは台湾との合弁船が撤退したためである。2005年の漁獲量は556トンであった。

 南アフリカの竿釣りは同国西岸沖からナミビア沖にかけて操業している。1960年から漁業が始まり一時中断したものの1972年から再開され、19801984年に13千トン、19852002年には48千トンを漁獲している。2003年には漁獲量がかなり減少し2005年までの間は3千〜5千トンになった。これは漁場への来遊の変化のほか、為替レートの変動を吸収するために魚価が下がり、漁獲努力量が減少したことによる。また、南アフリカとほぼ同じ漁場で操業するナミビアの竿釣りは2001年に3.4千トンンと増加傾向を示したが、その後は2千〜3千トンを維持している。これら竿釣り漁業の漁獲量は年ごとにかなり変動するが、これは海況の変動による来遊の変化によるものと考えられる。

 日本のはえ縄は、1960年代に2万数千トンまで漁獲を伸ばしたが、対象が刺身用のまぐろ類へと変化したためビンナガの漁獲量が急激に減少し、1973年以降は1千トン以下となった。同じ現象は北大西洋でも見られた。

 

生物学的特性

 大西洋のビンナガは、大型魚の漁獲される海域および稚魚の分布海域が南北でかなり明瞭に分かれていること、また、標識放流結果においても南北をまたいだ記録がないことから、南北で別々の系群が存在すると考えられている。ICCATでは、北緯5度線を南北両系群の境界として、それぞれを資源管理しており、南大西洋ビンナガはおよそ赤道〜南緯40度付近の西風皮流域との潮境に当たる亜熱帯収束線の北側海域に分布している(図2

2. 大西洋のビンナガの分布と主な漁場

 

 ビンナガを対象としたはえ縄の漁場は南緯1030度、西経35〜東経15度で、ここでは尾叉長90 cm以上の産卵群が漁獲される。それよりも南側(南緯30度以南)では尾叉長90 cm以下の索餌群が主体となる。南アフリカ沿岸では、この魚群が竿釣りで漁獲される。産卵域ははっきりしないが、稚魚は南緯1025度の南米大陸寄りに多く出現している(西川ほか 1985)。産卵期は春から夏と考えられている。索餌域は南緯25度以南と考えられる。

 補食、被食に関してははっきりしないが、魚類、甲殻類、頭足類を補食し、さめ類、海産ほ乳類のほか、まぐろ類・かじき類によって補食されているものと思われる。

 南大西洋ビンナガの成長に関して、Lee and Yeh 1993)などの報告があるが、輪紋が一定の間隔で形成されるかの評価(Validation)がなされていないため、資源評価には用いられていない。資源評価には、北大西洋ビンナガの成長式(Bard and Compean-Jimenz 1980

L (t)=124.71e-0.23t+0.9892

 L: 尾叉長(cm)、t :

がよく用いられる(図3。これによれば尾叉長は3歳で75 cm5歳で93 cm7歳で104 cmである。尾叉長90cm50%が成熟する。体長体重関係はPenney1994)により

 w1.3718×10-5 ×l 3.0973

 w : 体重(kg)、l : 尾叉長(cm

が示されている。寿命ははっきりしないが、少なくとも10歳以上と思われる。

年齢

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

体長

46

62

74

85

93

99

104

108

112

114

3. 南大西洋ビンナガの資源評価で用いられる年齢と尾叉長(cm)の関係

Bard and Gompean-Jimenez 1980の北大西洋のビンナガによる式から算出)

 

資源状態

 大西洋ビンナガの資源評価はICCATで行われてきた。ビンナガ南大西洋系群の最新の資源評価は2003年に行われており、以下にその概要を示す。

【資源評価】 前回(2000年資源評価会合)同様年齢組成を考慮したプロダクションモデル(Age-Structured Production Model; ASPM)を用いて資源評価が行われた。その結果、前回得られた結果と近いものが得られ、今回の推定値の信頼限界は前回のよりも狭くなっている点で、より信頼性が高いものとなった。MSYおよびRY3.1万トンおよび2.9万と推定された。漁獲係数はMSYレベルの約6割であった。親魚量は1980年代からかなり減少したが、近年はその減少の度合いが弱まり、2002年でもなおMSYレベルを上回っている(図4。なお、従来のASPMを大幅に改良し、より柔軟な対応が可能となったStatistical ASPMSASPM)というモデルが発表された。今回これが初めて適用され、その結果は従来のASPMの結果とほぼ同様であった。

4.  ASPMで推定された親魚資源量

2本の折れ線の上は今回の、下は前回(2000年)の結果を示す。直線はBMSYを示す。(Anon. 2005

 

 近年の南大西洋ビンナガの漁獲量は、RYを上回り、最近年におけるMSYの近傍にある。しかし、2000年および2003年での資源評価では、最近年の資源量はMSYレベルを上回っている。2000年の資源評価時にASPMから推定されたRYよりは、今回の信頼性がより高いMSY推定値のほうが、TAC勧告のための判断材料としてはより的確であると考えられた。この結果からは、現在の資源量はBMSY よりもいくらか大きいが、近年の漁獲量の水準を続けることよって資源量はBMSY により近づくであろうと考えられる。推定された最近年における高い加入(図5は、3.1万トンの漁獲量のもとでは、親魚量の一時的な増加をもたらすとも考えられるが、その推定値は不確実であると思われる。

5.  SASPMによって推定された加入量(Anon. 2005

 

【勧告】 最近年の漁獲量は推定されたMSY30,915トン)付近にある。2003年の資源評価では資源量がMSYレベルの1.66倍、漁獲係数がMSYレベルの0.62倍と推定された。近い将来の産卵親魚量(SSB)を現状レベルに維持するのであれば、今後35年は31,000トンを越えてはならない。

 

管理方策

 1995年から主要漁獲国(台湾、南アフリカ、ブラジルおよびナミビア)は漁獲量を19891993年の平均漁獲量の90%以下(=およそ2.2万トン)にする管理措置をとった。1996年および1997年の資源評価会合で漁獲がMSYレベルを超えているという結果が得られたため、1997年の行政官会議では主要漁獲国は19981999年の漁獲を総計で22,000トン以下とすることとなり、国別割り当てが設定された。日本についての漁獲量は南大西洋におけるはえ縄によるメバチ漁獲量の4%以下とされた。

 その後、資源状態がそれまで考えられていたものよりも良好という資源評価結果が得られたため、TACは引き上げられ、2004年のコミッショナー会合では20052007年のTAC30,915トン(うち主要漁獲国枠27,500トン)に決定した。

 ICCATAnon. 2006)は南大西洋ビンナガの規制の実施状況について、報告された2004年の漁獲量はTACを超過しなかったことと、主要漁獲国の2005年の漁獲量(合計16,828トン)は主要漁獲国枠27,500トンを超過しなかったことを報告している。

 

執筆者

 まぐろ・かつおグループ

 カツオ・ビンナガサブグループ

 遠洋水産研究所 かつお・びんなが研究室

 魚ア浩司

 

ビンナガ(南大西洋)の資源の現況(要約表)

資源水準

中位

資源動向

横ばい

世界の漁獲量

(最近5年間)

1.83.5万トン

平均値2.7万トン

我が国の漁獲量

(最近5年間)

213500トン

平均値351トン

管理目標

MSY30,915トン

資源の状態

RY2003 29,256トン

26,33330,915

B2002/BMSY 1.660.741.81

F2002/FMSY 0.62 0.461.48

管理措置

漁獲量規制:30,915トン

日本については漁獲量を南大西洋におけるはえ縄によるメバチの漁獲量の4%以下とする

管理機関・

関係機関

ICCAT

資源の現状における[]は80%信頼限界を示す。最新の資源評価の解析対象機関である19552002年の47年間で親魚資源量は減少傾向を示したものの、2002年の親魚資源量はMSYレベルよりも上にある。また、総資源量も同様の状況にあることから、資源水準は中位とした。2002年までの5年間は親魚資源量および総資源量ともに安定していることから、資源動向は横ばいとした。

 

参考文献

Anon. (ICCAT) 2005.  8.4. Albacore. In ICCAT (ed.) Report of the 2005 meeting of the Standing Committee on Research and Statistics (SCRS) (Madrid, Spain, October 3-7). 33-43 pp.

http://www.iccat.es/Documents/SCRS/SCRS 2005 ENG.pdf (20051021)

Anon. (ICCAT) 2006.  8.4. Albacore. In ICCAT (ed.) Report of the Standing Committee on Research and Statistics (SCRS) (Madrid, Spain, October 2-6). 40-50 pp.

http://www.iccat.es/Documents/SCRS/SCRS 2006 ENG.pdf (2006115)

Bard, F.X. and Gompean-Jimenez, G. 1980.  Consequences pour l'evaluation du taux d'exploitation du germon Thunnus alalunga. Nord Atlantique d'une courbe de croissance debuite de la lecture des sections de rayons epineux.  Col. Vol. Sci. Pap. ICCAT, 9(2): 365-375.  http://www.iccat.es/Documents/CVSP/CV009_1980/no_2/CV009020365.pdf (20051110)

古藤 . 1969.  ビンナガの研究-XIV. はえなわ操業結果からみたインド・大西洋におけるビンナガの分布と魚群の移動についての若干の考察.  遠洋水産研究所研究報告, 1: 115-129. http://www.enyo.affrc.go.jp/bulletin/kenpoupdf/kenpou1-115.pdf 20061211日)

Lee, L.K. and Yeh, S.Y. 1993.  Studies on the age and growth of South Atlantic albacore (Thunnus alalunga) specimens collected from Taiwanese longliners.  Col. Vol. Sci. Pap. ICCAT, 40(2): 354-360.  http://www.iccat.es/Documents/CVSP/CV040_1993/no_2/CV040020354.pdf  (20051110)

西川康夫・本間 操・上柳昭治・木川昭二. 1985.  遠洋性サバ型魚類稚仔の平均分布, 1956-1981. 遠洋水産研究所Sシリーズ12.  遠洋水産研究所, 静岡.  99 pp.

Penney, A.J. 1994.  Morphometric relationships, annual catches and catch-at-size for South African caught South Atlantic albacore (Thunnus alalunga).  Col. Vol. Sci. Pap. ICCAT, 42(1): 371-382.

http://www.iccat.es/Documents/CVSP/CV042_1994/no_1/CV042010371.pdf  (20051110)

塩浜利夫・明神方子・宇都正己. 1965.  大西洋における既往の延縄操業資料とこれに関する二, 三の考察.  南海区水産研究所報告, 21: 1-131.

 

付表1. 南大西洋ビンナガの国別漁獲量(単位トン)ICCATAnon. 2006)から引用

 

1981

1982

1983

1984

1985

1986

1987

1988

1989

1990

1991

1992

アルゼンチン

2

7

55

209

153

356

469

344

354

151

60

306

ベリ−ズ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

ブラジル

276

800

731

732

382

520

395

421

435

514

1,113

2,710

カンボジア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

中国

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

台湾

18,187

22,800

9,502

7,889

19,643

27,592

28,790

20,746

18,386

21,369

19,883

23,063

キュ−バ

53

29

36

67

27

24

10

2

1

2

17

5

スペイン

889

106

295

307

155

200

807

185

0

0

280

1,943

フランス

912

947

372

7

18

35

100

0

0

0

50

449

ポルトガル

0

0

0

741

1,357

1,029

899

1,153

557

732

81

184

ホンジュラス

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

日本

558

569

188

224

623

739

357

405

450

587

654

583

韓国

682

563

599

348

511

321

383

180

54

19

31

5

モロッコ

0

113

0

0

0

0

41

0

0

0

0

0

NEI-1

0

0

0

0

0

0

0

0

0

4

0

0

ナミビア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

パナマ

129

210

0

0

0

280

924

0

0

0

240

130

フィリピン

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

シェーシェル

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

南アフリカ

2,320

3,180

2,760

3,540

6,697

5,930

7,275

6,570

6,890

5,280

3,410

6,360

セントビンセント

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

米国

2

102

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

ロシア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

英領セントヘレナ

7

11

7

9

0

0

2

1

1

1

5

28

ウルグアイ

23

235

373

526

1,531

262

178

100

83

55

34

31

 

付表1. 続き

 

1994

1995

1996

1997

1998

1999

2000

2001

2002

2003

2004

2005

アルゼンチン

2

0

0

120

9

52

0

0

0

12

18

0

ベリ−ズ

0

2

0

0

0

8

2

0

0

0

0

 

ブラジル

1,227

923

819

652

3,418

1,872

4,411

6,862

3,228

2,647

522

556

カンボジア

0

0

0

0

0

5

0

0

0

0

0

 

中国

0

0

0

0

0

39

89

26

30

26

112

95

台湾

22,573

18,351

18,956

18,165

16,106

17,377

17,221

15,833

17,321

17,351

13,288

10,730

キュ−バ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 

スペイン

831

457

184

256

193

1,027

282

573

836

376

81

24

フランス

129

82

190

38

40

13

23

16

18

63

0

478

ポルトガル

1,185

655

494

256

124

232

486

41

433

415

9

43

ホンジュラス

0

2

0

7

1

6

0

0

0

0

0

 

日本

651

389

435

424

418

601

554

341

231

315

500

387

韓国

0

0

18

4

7

0

18

1

0

5

37

42

モロッコ

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 

NEI-1

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 

ナミビア

915

950

982

1,199

1,429

1,162

2,418

3,419

2,962

3,152

3,328

2,344

パナマ

212

12

22

0

2

14

0

0

0

0

0

 

フィリピン

0

0

0

0

5

4

0

0

0

0

0

 

シェーシェル

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 

南アフリカ

6,931

5,214

5,634

6,708

8,412

5,101

3,610

7,236

6,507

3,469

4,502

3,198

セントビンセント

0

0

0

0

0

0

0

0

27

0

0

 

米国

0

0

1

5

1

1

1

2

8

2

1

 

ロシア

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 

英領セントヘレナ

5

82

47

18

1

1

58

12

2

0

0

 

ウルグアイ

16

49

75

56

110

90

90

135

111

108

120

32